2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ハートフルボッコ

はーとふるぼっこ

ハートフルボッコとは、一見心を満たすかの様な作品に見えるが、その実態は陰鬱・陰惨とした内容で見た者を鬱な気分に陥れるという作品の事を指した名称である。
目次[非表示]

概要

最初のうちこそ、当たり障りのない普通のストーリーのようだが、話が進むにつれ重い・暗いストーリーになり、観ていた、読んでいた、プレイしていた者の精神(ハート)を痛めつける(フルボッコ)作品を指してこう呼ばれる。
また、物語のお約束を徹底的に破壊したブラックジョーク作品にもこの名称が使われることもある。
似た意味の言葉として「読む地獄」があるが、こちらの単語は単に「読むのがしんどくなるほどの鬱展開が続くもの」を表し、ハートフルボッコのように別に最初の方が普通のストーリーである必要はない。

なお、作品の結末であるが、多少なりと救いがあるものもあれば、バッドエンドに直行するものもある。

注意点

ちなみに、日本での「ハートフル(heartful)」というのは「心を満たす」などの意味を持つがこれは和製英語であり、英語圏で「心を満たす」に正しく該当するのは「ハートウォーミング(heartwarming)」や"hearty"もしくは"heartfully"である。英語圏での本来のハートフルの意味は、発音の似たhurtfulになり、"hurt(傷つける) + full"で、(精神的、肉体的に)苦痛を与えるとなる。

つまり、早い話がハートフル=ハートフルボッコという意味になってしまう。また、正しい切り方は「ハート・フルボッコ」であり、「ハートフル・ボッコ」ではない。

主なハートフルボッコ作品

「最初のうちこそ明るい雰囲気だったのに、後に見た者(視聴者、読者、プレイヤー)を鬱な気分に陥れる様な重い・暗いストーリーになり、見た者の精神を叩きのめす内容」であることを必要最低限の掲載条件とする。
当たり障りのない普通のストーリーのようには見えないが、同じシリーズの作品または同時上映作品との落差で鬱をもたらす作品については後述の「相対的な意味でのハートフルボッコ」に掲載のこと。

また、該当作品の特徴に合わせて補足文や以下のマークを付記してもよい。

基準

【A】鬱度が高い
【B】ソフト→ハードの落差が半端ではない
【E】タイトル・表紙・事前情報等の詐欺要素によるハートフルボッコ
【F】ブラック系
【G】グロテスク
【H】ホラー
【S】主人公の心をへし折る。
【K】思わず笑ってしまうような狂気
【Z】ハートフルボッコだが救済措置もある。
(他にもあれば追記・編集をお願い致します。)

一覧(50音順)※一部ネタバレあり

読む地獄』の記事も参照されたし

あ行

か行


さ行


た行


な行


は行


ま行

  • 見える子ちゃん【B】【G】【H】
  • ミスター味っ子
    • ただし、味皇を始めとする各キャラクターのリアクションは【K】に該当する凄まじさである。
  • 水の都の護神 ラティアスとラティオス【F】
    • 劇場版ポケモン屈指の人気作だが、こころのしずくや防衛装置の設定をよく見ると、アルトマーレの印象が180度変わりかねないレベルのブラックさが浮かび上がってくる。
  • みなみけ~おかわり~【B】
    • ある人物の人格改悪が問題視された。
  • ミラベルと魔法だらけの家【A】【E】【Z】
    • 魔法一族の中で、唯一魔法の力を授からなかった主人公への冷遇が生々しく描かれる前半。使命感から疲弊しきって崩壊寸前という、一族の実態が明らかになっていく後半の展開。ミュージカル作品であることに加え、理解者やコメディリリーフがそれなりにいるのが救い。
  • ミラーマン【たまにZ】
    • 序盤御手洗家やSGMメンバーとの和やかな雰囲気で始まることが少なくなく、第7話などで救済措置がある一方、第3話で誘拐された人物が帰ってこなかったり、第5話で記憶喪失の女性が自分を見捨てて恋人が逃げた記憶を蒸し返されたり、第34話で団地の住人が皆殺しの上で死体を利用されたり、人間と和解したり、平和に暮らしたいと考えているインベーダーの穏健派が仲間に抹殺されても特に救済措置がなかったりと鬱展開も少なくない。


や行


ら行

  • Re:ゼロから始める異世界生活【A】【B】【G】【S】【Z】
  • 龍が如く6【A】
  • 流星のロックマンシリーズ【準A】【Z】
  • 竜とそばかすの姫【B】【E】【F】【S】
    • 「劇中歌は高評価だが、話の内容がめちゃくちゃかつ詰め込みすぎで監督は本当にこれを創りたかったのかという疑問が出る程に解決すべき所が解決してない為後味が悪い」という意見が出る程に賛否両論が巻き起こった。


わ行

特撮

ウルトラマン
仮面ライダー
スーパー戦隊


相対的な意味でのハートフルボッコ

ハートフルで明るい作品でないことが明らかなのに「ハートフルボッコ」と呼ばれることがある。
これは「同時上映の作品がすごいほのぼのだったのでその落差に打ちのめされた」であるとか「鬱要素もあるが最後はハッピーエンディングのいつもの○○だろう、と思っていたら鬱まっしぐらだった」といった状況によるもの。つまり「同時上映や同じシリーズなど別の作品との落差でフルボッコであると感じた」ためである。
以下に代表例を記す。

ハートフルボッコの代名詞その5。少々設定がダークなだけで案外普通のヒーローもの、と思わせてからの怒涛の鬱展開。これがあまりにアレだったがために後世のサブカルの歴史が大きく変わった歴史に残る作品)

鬱展開の中に希望を見出す前作から一転、前作の希望さえ叩き潰す鬱展開が起こった。

基本的に主人公周りはハッピーエンドを迎えるガンダムシリーズであるが、今作の場合主人公の家族や想い人、仲間達が序盤から遠慮無しに死んで行き、最後には主人公自身も精神崩壊を迎えるという終わり方をしている。(ただし主人公に関しては直後に続編が始まり、そちらで多少の救いは与えられている)

上記のΖガンダムを意識して作られた部分がある為か、前期主人公の家族や想い人、仲間が死ぬ目に逢うものの、後期主人公に関しては鬱要素は全くない。


鬱展開はガンダムのお約束ではあるが、終盤は「いつものガンダム」の比ではなく無念の死を遂げるキャラが続出。しっかりフラグを立てていたとは言え、主要キャラの1人が逝った時、ファンは大きなショックを受けた。ただし2nd Season以降でしっかり救済を行っているので、上記二作品と比較され語られることは少ない。

本編でできなかった事をやったと言わんばかりにハードな展開が続く。ちなみに著者はカブトボーグガッシュベルを担当した大和屋暁

全体的に重く暗いストーリーの上、ほのぼのとしたとなりのトトロと同時上映であった。


同じく同時上映がおかしい作品。とっとこハム太郎 ハムハムランド大冒険も充分名作なのだが面白さのベクトルが違いすぎて、ちびっ子にトラウマを与えゴジラファンの顰蹙を買った。

  • オマツリ男爵と秘密の島 ONEPIECE映画第6作。麦わらの一味が仲間割れを起こすなどの暗いストーリーに加え細田守監督の演出もあって終盤はほぼホラー映画である。そのくせ事前情報だけはまどマギ並みに明るかった。

コミカルなアニメ版やシリアスな作風だが鬱とまではいかなかった前作に対してこちらは2話からバッドエンドな上に割とガチで殺されかけるヒロイン達、幼い子供ばかりが犠牲になるなどシリーズの中ではかなり異色な作品。

誰も死ななくていい優しいRPG。モンスターを倒すか、会話で平和的に終わらせるかでストーリーが左右され通常路線のNルートと感動のPルート、そして全てのモンスターを根絶やしにするGルート三つのEDに分岐される。Gルートを終えたが最後、本物のPエンドは見れなくなる


原作にハートフルボッコな回が多数存在するもの

国民的アニメの原作や一部の日常系アニメは、原作初期やキャラクターの過去など、シリアスな話やブラックジョークの強い話が多数存在する。

※現在は映画も含め、家族の大切さを伝える作品となっているが、元々が青年漫画であるため、原作初期は政治家に対する皮肉や野原夫妻アレなシーンなど、ブラックジョーク下ネタが多数存在した。また、アニメ初期の方もしんのすけの生意気な言動が視聴者に影響を受け、子供に見せたくない番組にランクインすることもあった。また、映画・アニメでも、一部トラウマと思わせるシーンがある。(踊れ!アミーゴ!やクレヨン・ホラー劇場など)

※元々が新聞での4コマ漫画なためか、原作では時事ネタブラックジョークが多く、キャラクターがキツい性格だったり、読者にもわからないネタが存在する。まあ、こういう新聞での4コマ漫画は時事ネタは当たり前のようになっているが…。(ののちゃんコボちゃんなど)

※原作、アニメの初期・中期では、「たかしくん」の回や「永沢君の家、火事になる」の回などトラウマエピソードが多数。

※原作では、「かわった友だち」や「もうひえまひゅ」などトラウマエピソードの宝庫。

※原作では、キャラクターの暴言や『どくさいスイッチ』『ドラえもんだらけ』など、ブラックな回が多数。また、クレヨンしんちゃん同様、映画でも一部トラウマと思わせるシーンがある。(『パラレル西遊記』『宇宙漂流記』など)

基本的にギャグが多いが時として暗いエピソードが登場する。

同上



普段は下ネタとブラックジョーク多めのカオスでハイテンションなラブコメ作品だが、たまに真面目なエピソードが挟まり、主要人物の境遇や過去に焦点を当てた話は重く生々しいながらもカタルシスの強い内容であることが多い。

…他にもあれば追記をお願いします。

関連イラスト

pixivではだいたい二つに分かれる。

上記の「作品」を題材にしたもの

ハートフル読本
娘のフレンド



キャプション、画像内にフルボッコ要素

こちらの場合はどうしてこうなった的な意味合いを含むものも多い。

「魔女になりたかった娘」
【創作】イッヌとベタネッコ



関連タグ

ハート フルボッコ 読む地獄
鬱展開 鬱アニメ 鬱ゲー 鬱エンド バッドエンド
OP詐欺 新日常系 ほのぼのダーク ダークファンタジー ブラックコメディ 曇らせ隊 お茶の間の良い子号泣シリーズ

手塚治虫←例によって先駆者

だいたいいつもこれになる人たち(※たまにハートフルボッコではない作品も作る事もある)

石ノ森章太郎 ジョージ秋山 押切蓮介 永瀬ようすけ 松本しげのぶ 奈須きのこ 虚淵玄 小林靖子 香村純子 細田守 クール教信者 赤坂アカ あめりおじさん 新房昭之 岡田麿里 井上敏樹 高橋悠也 富野由悠季 谷口悟朗 水島精二 長谷川圭一 冨樫義博 三条陸

関連記事

親記事

鬱展開 うつてんかい

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34917830

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました