ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ハートフルボッコ

はーとふるぼっこ

ハートフルボッコとは、一見心を満たすかの様な作品に見えるが、その実態は陰鬱・陰惨とした内容で見た者を鬱な気分に陥れるという作品の事を指した名称である。
目次 [非表示]

※主観・独自研究が多分に含まれる恐れがあるため、具体的な一覧は控えるようお願いします。

概要

最初のうちこそ、当たり障りのない普通のストーリーのようだが、話が進むにつれ重い・暗いストーリーになり、観ていた、読んでいた、プレイしていた者の精神(ハート)を痛めつける・トラウマや後遺症を植え付ける(フルボッコ)作品を指してこう呼ばれる。

また、鬱とは限らずとも物語のお約束を徹底的に破壊したブラックジョーク作品にもこの名称が使われることもある。

似た意味の言葉として「読む地獄」があるが、こちらの単語は単に「読むのがしんどくなるほどの鬱展開が続くもの」を表し、ハートフルボッコのように別に最初の方が普通のストーリーである必要はない。


なお、作品の結末であるが、多少なりと救いがあるものもあれば、バッドエンドに直行するものもある。

注意点

ちなみに、日本での「ハートフル(heartful)」というのは「心を満たす」などの意味を持つがこれは和製英語であり、英語圏で「心を満たす」に正しく該当するのは「ハートウォーミング(heartwarming)」や"hearty"もしくは"heartfully"である。英語圏での本来のハートフルの意味は、発音の似たhurtfulになり、"hurt(傷つける) + full"で、(精神的、肉体的に)苦痛を与えるとなる。


つまり、早い話がハートフル=ハートフルボッコという意味になってしまう。また、正しい切り方は「ハート・フルボッコ」であり、「ハートフル・ボッコ」ではない。


関連イラスト

pixivではだいたい二つに分かれる。


上記の「作品」を題材にしたもの

娘のフレンド


キャプション、画像内にフルボッコ要素

こちらの場合はどうしてこうなった的な意味合いを含むものも多い。

「魔女になりたかった娘」【創作】イッヌとベタネッコ


関連タグ

ハート フルボッコ 読む地獄

鬱展開 鬱アニメ 鬱ゲー 鬱エンド バッドエンド

OP詐欺 新日常系 ほのぼのダーク ダークファンタジー ブラックコメディ 曇らせ隊 お茶の間の良い子号泣シリーズ 黒い〇〇一覧


手塚治虫←例によって先駆者


だいたいいつもこれになる人たち(※たまにハートフルボッコではない作品も作る事もある)

石ノ森章太郎 ジョージ秋山 押切蓮介 松本しげのぶ 小林靖子 香村純子 冨岡淳広 細田守 クール教信者 赤坂アカ 新房昭之 岡田麿里 井上敏樹 高橋悠也 谷口悟朗 水島精二 長谷川圭一 冨樫義博 三条陸 都築真紀 瀬古浩司 上江洲誠 倉田英之 海法紀光 大河内一楼 鍵空とみやき 高山カツヒコ 岡本倫 禁飼育 毛利亘宏 横谷昌宏 つくしあきひと 鬼頭莫宏

関連記事

親記事

鬱展開 うつてんかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39622405

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました