ピクシブ百科事典

都築真紀

つづきまさき

都築真紀とは日本のイラストレーター、漫画家、シナリオライターである。
目次[非表示]

人物

漫画家・同人作家としての活動を経てアダルトゲームブランドivoryで「とらいあんぐるハート」シリーズのキャラクターデザイン及びシナリオを手がける。
その後、「とらいあんぐるハート」シリーズのスピンオフとして始まった「魔法少女リリカルなのは」シリーズのアニメ展開以来はセブン・アークスへ移籍し、アニメ業界へと活動の場を移し、現在は脚本家・漫画原作者として活躍。

業界屈指の芸達者として知られ、都筑が参加したアニメ作品は彼がほぼ一人で脚本を手がけている他、キャラクターや世界観の総合的なデザインの原案を上げている(漫画作品のネーム作業も都筑が行っている)。

なお、名前の「真紀」の読みは「まき」「まさき」どちらでも構わないスタンスを採っている。

作風

異世界や魔法や異種族といった超常要素を含んだ世界観を舞台に、優しく一途な女の子をヒロインに置き、人と人の絆や繋がりを強く意識した物語を展開する。
また、シリーズ作品が続く毎に登場人物が多数追加され、作品によっては世界観は継承するが、作風や方向性が大きく変わり一部で設定の齟齬が現れる事もある(魔法少女リリカルなのはA'sとそれ以降の作品とでそれが顕著)。
キャラの死亡や更生を伴わない逮捕を書くと後で自己嫌悪する癖があるのか、魔法少女リリカルなのは・原作→魔法少女リリカルなのは・時空管理局編→魔法少女リリカルなのは・ブレイブデュエル編とリリカルなのはシリーズは世界線が移り変わるたびに前の世界線で死亡していたキャラクターが生存して登場している。(原作→時空管理局編ではアリサと士郎、時空管理局編→ブレイブデュエル編ではアリシア、プレシア、リニス、クライド、リィンフォース・アインス、グランツ、ティーダ、ドゥーエ、クイント、ランスター夫妻他)
世界線が転換した事で異種族から人間という設定になったキャラクターも多数。

交友関係

金子彰史武内崇らとはお互いの作品のファンとして交友関係にあり、それが切っ掛けで対談の場が設けられた事もある。
金子とはゲーム魔法少女リリカルなのはA'sPORTABLEで共演。武内はお互いの作品のキャラを描きあうなどコラボレーションを行っている。

主な作品

とらいあんぐるハート
魔法少女リリカルなのは
DOGDAYS

関連項目

脚本家

pixivに投稿された作品 pixivで「都築真紀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1890

コメント