ピクシブ百科事典

ジョージ秋山

じょうじあきやま

ジョージ秋山ってのはよぅ、日本を代表する漫画家の一人なんだぜぇ。

概要だってよぅ

1943年4月27日生まれ、東京都荒川区日暮里出身。
本名は秋山 勇二(あきやま ゆうじ)
栃木県足利市中学生時代を送ってたときから漫画を描き始め、卒業後に上京
紆余曲折を経て1966年デビュー当初は笑いペーソスを得意としていたギャグ漫画家だった。

1970年代になると、ある特徴を持った作品を描くようになり「罪と罰」「人間」「物事の」を写実的に描写した凄まじい作品を何故か子供が読む少年誌で立て続けに発表する様になる。

少年サンデー』にはのためなら平気で殺人を犯す金の亡者を描いた「銭ゲバ」や架空の殺人体験を綴った「告白」を
少年ジャンプ』には「ばらの坂道」「海人ゴンズイ」を
少年マガジン』には飢餓という極限状態の世の中を舞台にした「アシュラ」を連載。
第1話からカニバリズムを描き各自治体有害図書指定を受けるなど大きな社会問題にまで発展した。
作中に何度も何度も挿入されるセリフ「生まれてこないほうがよかったのに!」は当時の読者に強烈な印象を植え付けた。

1973年からは『ビッグコミックオリジナル』に現在まで続く『浮浪雲』の連載を開始。
破滅一歩手前救いがある人間ドラマは多くの読者の支持を集める。

また、1980年から1984年まで『週刊漫画ゴラク』にて成人向け漫画ピンクのカーテン』を連載。
兄妹近親愛を描いたこの作品は映画化やVシネマ化され、2009年には蒼井そら主演アダルトビデオにもなった。

お姉ちゃん、関連項目も見てかないかい?

スターシステム 毒薬仁

詳細

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョージ秋山」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17797

コメント