ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

東京23区の一つ。
名前の由来は荒川にちなむ……が、現在の本流である荒川放水路と面している部分は区内に存在しない。これは、1965年の新河川法制定以前は荒川の岩淵水門以南の本流が現在の隅田川のうち千住大橋以北とされていたからである。荒川区成立は1932年であり、すなわちこの頃には名実ともに荒川に面した区であった事になるのである。
主な地名は日暮里町屋南千住など。
23区内でも面積は狭い部類で、すぐ隣は足立区北区台東区墨田区に面している他、わずかながら文京区にも面している。

JR山手線京成本線日暮里・舎人ライナー千代田線荒川線など様々な線路が開通しており、道路交通量もまさに荒川のごとく激しい。
交通量の激しさに反して高齢者の在住率が非常に高い。また、成田空港に直通したスカイライナーが通っているためか在日外国人もかなり居住している。
また、足立区・大田区・江戸川区と並んで喫煙者も非常に多い区で知られる。

路線数の多さに反して日暮里駅周辺の再開発失敗や町屋駅周辺の喘息持ちお断りな空調など様々な要因が重なって全体的に大規模な商業施設に乏しく、常磐沿線で猛威を振るうイトーヨーカドーですら食品館止まりなのが難題となっている。
全国規模の大手飲食チェーンすらもなかなか出店したがらず、フランチャイズの展開においては23区内最弱。ぶっちゃけ荒川区に出店するかどうかで全国チェーン店の態度が如実に表面化するとも言える。特に後述のスターバックスの意地の悪さはかなり際立つ。その結果西日暮里は都内屈指のまいばすけっと地帯となっている。
が、その分個人商店勢が強く、足立区や江戸川区すら再開発に圧倒されている中ある意味未だにぶれることがない23区最強の下町とも言えるだろう。

元々はそんなに知名度がなかった区だったが、皮肉にもマスコミのスタバがないことに関する度を越したいじめ報道(後述)などの影響で爆発的に知名度を上げつつあり、足立区と共に差別・誹謗中傷などのヘイトネタ需要で大人気の区となっている。

「唯一〇〇がない」区

荒川区は「唯一〇〇がない」というものが多く、皮肉にも不名誉ながらそれが唯一無二の個性にもなっている。

  • 23区で唯一スターバックスがない。(2021年現在5年以上)
  • 23区で唯一サーティワンアイスクリームがない。(2021年現在3年以上)
  • 23区で唯一無印良品がない。
  • 23区で唯一高速道路が通っていない。
  • 23区内の京浜東北線が通る区で唯一快速停車駅が一つもない。つまり日中乗れる駅が一つもない。(2021年現在1988年の快速運転開始から33年連続) 23区内の高崎線宇都宮線が通る区で唯一駅が一つもない。つまり大宮方面に向かう路線が三本も通っているのに日中全部使えない。もちろん上野東京ライン(高崎線・宇都宮線)なんか使えるわけがない。
  • 23区内の山手線が通る区で唯一日中横浜市内に一本で行ける路線が一つもない。横浜駅みなとみらいの話ではなく市内にかすることすらである。なおこの事象は、
    • ①京浜東北線快速停車駅と上野東京ライン(高崎線・宇都宮線)停車駅が一つもない
    • 茨城県石岡市にある地磁気観測所の影響で常磐快速線が交流電車しか使えない(=上野東京ラインをもってしても品川までしか行けない)
    • 東急東横線日比谷線(南千住駅)との直通を切り、副都心線と直通した…の3つの弊害がたまたま重なって発生した奇跡的出来事である。
    23区内の山手線が通る区で唯一JRの駅ビル(atre、LUMINEなど)がない
    • 区内最大規模の鉄道会社経営の商業ゾーンは日暮里駅のecute。
その他、
  • ブックオフがない(中央区にもないため唯一は免れている)
  • カルディコーヒーファームもない(文京区にもないため唯一は(ry)
  • あの吉野家ですら西日暮里駅前のたった1店舗しかない
リーチが掛かってるものすら存在する。あらゆるないがあるのが荒川区である。

とにかく区外に出ないと何も出来ないことが多く、昼間の人口23区ぶっちぎりのワーストを記録している。ある意味UberEATSの恩恵を最も受けた区。

23区で唯一スタバがない区

かつては江戸川区と23区でスタバがない区のドベを争っていたが、2015年に小岩シャポー(JRの駅ビル)に出来たことで23区で唯一スタバがない区の名をほしいままにした。
上述通り23区で唯一ないチェーン店は他にも複数あるのだが、何故かスタバがないことに関してだけはマスコミからしつこくイジられ続け、

  • あぱたいに「23区で唯一スタバがないのに人口増加の不思議」という日本人はスタバのために引っ越しするのが当然という偏見の押し付けも甚だしい暴言記事を書かれる。
  • 江戸川区小岩にスタバが出来たニュースでわざわざ「23区で最後じゃなくて良かった」という周辺住民の声を取り上げる。
  • 鳥取県に念願のスタバが出来たニュースでイロリオ公式Twitterがわざわざ「荒川区が鳥取以下になった瞬間である」というツイートをRTし拡散する。
  • テレビ東京池上彰の選挙特番で荒川区の特徴を23区で唯一スタバがない区として紹介する。
…と、もはや人権侵害いじめを通り越したレベルのひどい報道のされ方をしている。

ちなみにスタバがない原因としては、一つはスタバは板橋区の東武練馬イオン葛飾区アリオ亀有といった大型ショッピングセンターに出店する傾向が強い。しかし荒川区にはそういった類のものがないのが挙げられる。
大型ショッピングセンターを建てられるスペースと機会自体は日暮里と南千住の再開発時にあったのだが…日暮里はあろうことかスペース全てを三本のタワーマンションにするという暴挙に走り、南千住も中途半端な結果に終わりチャンスを潰してしまった。
また、同じ葛飾区内でもイトーヨーカドーが目立つ京成本線沿いの青砥高砂沿いには1店も出店していないため、ただショッピングセンターがあるだけでは出店はしないものと思われる。

もう一つが基本店舗が出来にくい東側はJR東日本の駅ビル内に出店することが多い(江戸川区や葛飾区など)のだが、荒川区はそもそもJR駅にすら駅ビルが一つもない。
日暮里駅のリニューアル工事中JR東日本はライバルの京成電鉄との乗換駅というのもあって改装にそこまで乗り気でなく、竣工ギリギリまでホームにエスカレーターエレベーターを設置せず、老朽化した京成とJRとの乗換通路は一切手を付けず放置すると杜撰で投げやりな工事しか行わなかった。そのため日暮里駅には構内店舗のecuteしか設けず、atreを建てることすら許されなかった。崖の上にある田端にすら建てられてるというのに…

そして上述通り23区で唯一スタバがない区になってから5年経過した2021年現在もスタバがない状態が続いている。
一方、江戸川区は葛西臨海公園に2店舗目がオープンした。

23区一の貧乏くじ

東京23区では、何かと都合悪い要素があると全面的に悪い面だけを擦り付けられるスケープゴート的側面も強く残っている。特に以下の2つの中傷は目立つ。

山谷=全域南千住

日本を代表する三大ドヤ街の山谷は、ネットだと荒川区の南千住全域だという極論が浸透しているが、実際は山谷に該当する地区は南千住駅の千住車両基地より東のみを指す。

山谷の多くはむしろ台東区が占めており、その中心地も同区の日本堤である。その他千束や竜泉、清川、東浅草も該当する。
明らかに上野や浅草という全国区のスポットを持つ台東区側が汚い部分を全部隣の荒川区に擦り付けるために広めた悪意ある極論だと言って良い。

荒川区は埼玉

このようなネタが生まれたのは2011年の東日本大震災東京電力から足立区とともに23区の節電地区に指定されたため。ぶっちゃけそこまで知名度の高くなかった荒川区のヘイト報道が加速したのはこれが元凶で、その爪痕をJR東日本とスタバが開いたと言っても過言ではない。
23区の端を隣の県呼ばわりするネタは決して珍しくないが、発展が他区に劣ってるからとはいえ荒川区は四方全域れっきとした東京都であり、いささか暴論が過ぎる。

そもそも、上述通りJRの埼玉方面の動線である京浜東北線が快速運転時間に入ると荒川区全域を通過し区内からは南千住駅からしか埼玉に一本で行ける手段はなくなるため、実は山手線沿線では荒川区は埼玉へのアクセスはワースト1だったりする。
百歩譲って常磐線京成本線は充実しているので千葉呼ばわりならまだしも、埼玉へのアクセスがワースト1の荒川区を埼玉呼ばわりするのは理不尽、言いがかりとしか言いようがない。その埼玉県のケト沿線ですら全駅快速は停車するのだから…

その他

2019年の令和台風十九号来襲時は、氾濫危機に荒川が含まれていたことから荒川=荒川区と誤認したネットユーザーによる荒川区民へのバッシングが発生した(実際は上述通り荒川区に荒川は流れていない)。とことん貧乏くじ風評被害に尽きない区である。

荒川区の駅

乗換駅

鉄道会社主導の駅ビルは一つもなく、どの駅も雑居ビルと個人商店ばかりが目立つ。
北区は隣だが田端以外は繋がりが非常に薄くほぼ断絶された状態にあり、逆に足立区との結びつきがかなり強い。
北区同様埼玉は距離的に近いものの、インフラを見れば分かる通り交通はむしろアンチ埼玉でチバラキへの交通ばかりが一方的に発達しており、埼玉よりもよっぽど茨城の交通のほうが豊富という奇妙な特徴を持っている。そういう意味では古河市よりもはるかに茨城っぽい。
単独駅のほとんどが都電荒川線である。ちなみに尾久駅はここではなく北区にある。

単独駅


三ノ輪橋停留所、荒川一中前停留所、荒川区役所前停留所、荒川二丁目停留所、荒川七丁目停留所、町屋二丁目停留所、東尾久三丁目停留所、宮ノ前停留所、小台停留所、荒川遊園地前停留所、荒川車庫前停留所(東京都交通局・都電荒川線)

荒川区出身の著名人

関連記事

親記事

東京23区 とうきょうにじゅうさんく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「荒川区」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27558

コメント