ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

東京23区の一つ。

名前の由来は荒川にちなむ……が、現在の本流である荒川放水路と面している部分は区内に存在しない。これは、1965年の新河川法制定以前は荒川の岩淵水門以南の本流が現在の隅田川のうち千住大橋以北とされていたからである。荒川区成立は1932年であり、すなわちこの頃には名実ともに荒川に面した区であった事になるのである。

主な地名は日暮里町屋南千住など。

23区内でも面積は狭い部類で、すぐ隣は足立区北区台東区墨田区に面している他、わずかながら文京区にも面している。


JR山手線京成本線日暮里・舎人ライナー東京メトロ千代田線都電荒川線など様々な線路が開通しており、道路交通量もまさに荒川のごとく激しい。

交通量の激しさに反して高齢者の在住率が非常に高い。また、成田空港に直通したスカイライナーが通っているためか在日外国人もかなり居住している。

また、足立区・大田区・江戸川区と並んで喫煙者も非常に多い区で知られる。


路線数の多さに反して日暮里駅周辺の再開発失敗や町屋駅周辺の喘息持ちお断りな空調など様々な要因が重なって全体的に大規模な商業施設に乏しく、常磐沿線で猛威を振るうイトーヨーカドーですら存在しないが難題となっている。

全国規模の大手飲食チェーンすらもなかなか出店したがらず、フランチャイズの展開においては23区内最弱。ぶっちゃけ荒川区に出店するかどうかで全国チェーン店の態度が如実に表面化するとも言える。

が、その分個人商店勢が強く、足立区や江戸川区すら再開発に圧倒されている中ある意味未だにぶれることがない23区最強の下町とも言えるだろう。


元々はそんなに知名度がなかった区だったが、皮肉にもマスコミのスタバがないことに関する度を越したいじめ報道などの影響で爆発的に知名度を上げつつあり、足立区と共に差別・誹謗中傷などのヘイトネタ需要で大人気の区となっている。


「唯一〇〇がない」区

荒川区は「唯一〇〇がない」というものが多く、皮肉にも不名誉ながらそれが唯一無二の個性にもなっている。単にネタになっているだけでなく、区内から買い物客流出にそのまま直結した深刻なインフラ不足という社会問題にも繋がっている。

  • 23区で唯一サーティワンアイスクリームがない。
  • 23区で唯一無印良品がない。
  • 23区で唯一築地銀だこがない。
  • 23区で唯一カルディコーヒーファームがない。
  • 23区で唯一コメダ珈琲店がない。
  • 23区で唯一ドン.キホーテがない(2023年7月までは北区がそうだったが、同年9月に唯一の店舗・町屋店の閉店により、たった二ヶ月で北区からその座を奪い取った)。
  • 23区で唯一高速道路が通っていない。
  • 23区内の京浜東北線が通る区で唯一快速停車駅が一つもない。つまり日中乗れる駅が一つもない。(2021年現在1988年の快速運転開始から33年連続)
  • 23区内の高崎線宇都宮線が通る区で唯一駅が一つもない。つまり大宮方面に向かう路線が三本も通っているのに日中全部使えない。もちろん上野東京ライン(高崎線・宇都宮線)なんか使えるわけがない。
  • 23区内の山手線が通る区で唯一日中横浜市内に一本で行ける路線が一つもない。横浜駅みなとみらいの話ではなく市内にかすることすらである。なおこの事象は、
    • ①京浜東北線快速停車駅と上野東京ライン(高崎線・宇都宮線)停車駅が一つもない
    • 茨城県石岡市にある地磁気観測所の影響で常磐快速線が交流電車しか使えない(=上野東京ラインをもってしても品川までしか行けない)
    • 東急東横線日比谷線(南千住駅)との直通を切り、副都心線と直通した…の3つの弊害がたまたま重なって発生した奇跡的出来事である。
  • 23区内の山手線が通る区で唯一JRの駅ビル(atreLUMINEなど)がない ※日暮里駅はスリーレターコード導入駅です
    • 区内最大規模の鉄道会社経営の商業ゾーンは日暮里駅のecute。

そして上述通り、2023年7月までは23区で唯一スターバックスがなかった事でも有名で、7年近くも放置されたため、マスコミからもひたすらヘイトネタを乱発されたほど。

7月14日にようやく一号店が出来た…が、その場所は日暮里ではなく南千住である。そんなに京成が嫌いか。


その他、あの吉野家ですら西日暮里駅前のたった1店舗しかないとリーチが掛かってるものすら存在する。あらゆるないがあるのが荒川区である。


とにかく区外に出ないと何も出来ないことが多く、昼間の人口23区ぶっちぎりのワーストを記録している。

その一方、区外を出て徒歩圏内+αくらいの惜しい場所になると豊富なチェーン店が出揃うため、既存の個人商店の多さもあってUberEATSの対応店舗は非常に幅広い。ある意味UberEATSの恩恵を最も受けた区。


そんな中でのインフラ・再開発問題

最近では主に京浜東北線とまいばすけっと関連で、JR東日本イオングループの二社はすっかり区民から睨まれている状況にある。

日暮里駅の京浜東北線ホームドアはホームの狭さや快速通過時間帯の長さから早急にも必要だった状態を放置し続け、ただでさえ快速停車駅を増やしながらも荒川区だけはきっちりハブり続ける嫌がらせに消耗していた区民からも「どうせホームドア設置の順番はJRの性癖で決めてるんでしょ?」と散々毒突かれ続けた結果、本来の予定通り2023年にはなったものの設置が前倒しとなった(区民から睨まれなければ本当に最後にするつもりだったらしい)。

ちなみにJR東は東京オリンピック開催時も各路線の増発は宣言しつつも、有観客だろうがお構いなしに京浜東北線はスカイライナー客を無視して意地でも快速運転(=荒川区は全通過)を平常通り続ける気満々だった。こんな杜撰対応でよくインバウンド客を迎え入れようとか思ったな…。

イオンの方も飲食チェーン店が出来ないのをいいことに西日暮里はまいばすけっとの植民地と化していたが、とうとう区民からも「いい加減何でもかんでもまいばすけっとにするのはやめろ!」とブチ切れられたため、最近は自重しつつある。…が、今度はその代わりにマツモトキヨシ系列のドラッグストアが乱立し始めている。


…このように、葛飾区の「アリオ亀有」や板橋区の「イオン板橋」、文京区の「東京ドームシティ」のような「一ヶ所だけで十分なインフラを満たせるだけの正しい再開発」が第一で求められている自治体であるが、最近では西日暮里駅前の再開発計画が進んでおり、過去に日暮里駅と南千住駅の再開発に大失敗しているのもあってこれが失敗したらもう後がなく最悪他の区との合併も視野に入れる必要が出てくるほどのラストチャンスとなっている。

そのためかデベロッパー選定もかなり慎重になっているようで、最初は野村不動産と三菱地所レジデンスによるあまりやる気の感じられないものだったが、後に降板して現在は荒川区との関連性が薄い東急グループの東急不動産がテコ入れするという異例の事態になり、都市計画図も渋谷の商業施設に近いかなり豪華なものとなっている(いかんせん京成を嫌うあまり明らかな手抜き再開発しかしてこなかったJR東と沿線の再開発はあまり得意でない京成がメインの荒川区ではまともな駅前施設など期待出来るはずもなく、最早藁にも縋る思いで第三者の大手私鉄グループの手を借りざるを得ないのが現状である)。


23区一の貧乏くじ

東京23区では、何かと都合悪い要素があると全面的に悪い面だけを擦り付けられるスケープゴート的側面も強く残っている。特に以下の2つの中傷は目立つ。

山谷=全域南千住

日本を代表する三大ドヤ街の山谷は、ネットだと荒川区の南千住全域だという極論が浸透しているが、実際は山谷に該当する地区は南千住駅の千住車両基地より東のみを指す。


山谷の多くはむしろ台東区が占めており、その中心地も同区の日本堤である。その他千束や竜泉、清川、東浅草も該当する。

明らかに上野や浅草という全国区のスポットを持つ台東区側が汚い部分を全部隣の荒川区に擦り付けるために広めた悪意ある極論だと言って良い。

荒川区は埼玉

このようなネタが生まれたのは2011年の東日本大震災東京電力から足立区とともに23区の節電地区に指定されたため。ぶっちゃけそこまで知名度の高くなかった荒川区のヘイト報道が加速したのはこれが元凶で、その爪痕をJR東日本とスタバが開いたと言っても過言ではない。

23区の端を隣の県呼ばわりするネタは決して珍しくないが、発展が他区に劣ってるからとはいえ荒川区は四方全域れっきとした東京都であり、いささか暴論が過ぎる。


そもそも、上述通りJRの埼玉方面の動線である京浜東北線が快速運転時間に入ると荒川区全域を通過し区内からは南千住駅からしか埼玉に一本で行ける手段はなくなるため、実は山手線沿線では荒川区は埼玉へのアクセスはワースト1だったりする。

百歩譲って常磐線京成本線は充実しているので千葉呼ばわりならまだしも、埼玉へのアクセスがワースト1の荒川区を埼玉呼ばわりするのは理不尽、言いがかりとしか言いようがない。その埼玉県のケト沿線ですら全駅快速は停車するのだから…

その他

2019年の令和台風十九号来襲時は、氾濫危機に荒川が含まれていたことから荒川=荒川区と誤認したネットユーザーによる荒川区民へのバッシングが発生した(実際は上述通り荒川区に荒川は流れていない)。とことん貧乏くじ風評被害に尽きない区である。

荒川区の駅

乗換駅

鉄道会社主導の駅ビルは一つもなく、どの駅も雑居ビルと個人商店ばかりが目立つ。

北区は隣だが田端以外は繋がりが非常に薄くほぼ断絶された状態にあり、逆に足立区との結びつきがかなり強い。

北区同様埼玉は距離的に近いものの、インフラを見れば分かる通り交通はむしろアンチ埼玉でチバラキへの交通ばかりが一方的に発達しており、埼玉よりもよっぽど茨城の交通のほうが豊富という奇妙な特徴を持っている。そういう意味では古河市よりもはるかに茨城っぽい。

単独駅のほとんどが都電荒川線である。ちなみに尾久駅はここではなく北区にある。

単独駅


三ノ輪橋停留所、荒川一中前停留所、荒川区役所前停留所、荒川二丁目停留所、荒川七丁目停留所、町屋二丁目停留所、東尾久三丁目停留所、宮ノ前停留所、小台停留所、荒川遊園地前停留所、荒川車庫前停留所(東京都交通局・都電荒川線)


荒川区出身の著名人

関連記事

親記事

東京23区 とうきょうにじゅうさんく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31011

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました