ピクシブ百科事典

吉野家

よしのや

日本の牛丼チェーン店。正式な表記は「𠮷野家」。
目次[非表示]

概要

1899年創業。名前の由来は創立者が大阪吉野(現在の大阪市福島区吉野)出身だから。
1968年に本格的にチェーン展開を始める。吉牛(よしぎゅう)という愛称で親しまれる。

元々日本橋魚河岸内に市場の食堂として創業したという経緯があり、その後市場が築地豊洲と移転してもなお市場内に店舗を構えている。

他の牛丼店と比べ、薄味と言われている。

実は過去に2回も吉野家が無くなる危機があった。

  • 1980年に一度経営破綻している。これは店舗増大により、原材料を粗悪品にした事による客離れが原因とされている。それでもその後実業家の堤清二(元セゾングループ代表)のバックアップで、7年後に債務を完済し再建に成功した。
  • 2003年アメリカBSEに感染したが確認され、アメリカ産牛肉の輸入が中止になった。(吉野家に限らず多くの牛丼チェーンはアメリカ産を使用していた)
吉野家は牛丼の販売休止に踏み切り、一時豚丼を主力商品とする。2006年、アメリカ牛の輸入再開が決定。その後時間限定になるが、牛丼の販売を再開、そして2008年に常時販売を再開した。

本店は魚市場で有名な築地にあるが、豊洲への移動に伴い、本店も移転が決定した。(詳しくはこちら)

黒い吉野家

吉野家の看板は基本オレンジをバックに江戸勘亭流体の黒文字が一般的だが、中には黒をバックに白文字看板の黒い吉野家も存在する。オレンジ看板は文字が真ん中よりだが、黒看板は文字左に牛をかたどったロゴがでかでかと付く違いがある。

この店舗では通常の吉野家にはないから揚げなどのメニューが充実しているのが特徴。どこにあるかは明確には公開されていないが、ネットニュースでは秋葉原恵比寿にあることが判明している。
黒看板店舗の所在地の基準も曖昧だが、都内だと東京メトロの駅周辺に多く見られるように思える。実際、上記2店舗はどちらも日比谷線出口寄りにある。

ただし、最近では既存のオレンジ看板を黒看板に変更しただけの店舗も増えてきており、黒看板=限定メニュー取り扱いとは限らない点には注意してもらいたい。

また、紺色の看板の吉野家もあり、こちらは『そば処吉野家』として牛丼の他に十割蕎麦・天丼などを販売。2000年代から展開している

裏話

日本では大手でありながら、実は牛丼のコストパフォーマンスは他の大手店舗と比べて悪い。

アニメ版キン肉マンのおかげで一躍有名になる(原作では『吉野屋』)。
しかし、BSE問題での不適切な発言や、(企業再建の立役者である)ゆでたまご恩を仇で返す行為をしたことなどから一部で不買運動という名の嫌がらせが起こった。

関連タグ



関連イラスト

偶然ではない必然
艦これxすき家コラボの影で


その発想はあった

公式ホームページ

吉野家

関連記事

親記事

飲食チェーン店一覧 いんしょくちぇーんてんいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「吉野家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 467014

コメント