ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

主に中華料理を扱う飲食店華僑・華人は移民先で料理店を営むことが多く、料理店を通して中華料理が世界的に広がっているが、日本の中華料理店の多くは華僑ではない現地人(日本人)が営んでいる。

日本の中華料理店

日本の中華料理店も、中国人商人や留学生向けに中国人が営んでいたものが最初である。しかし1894年(明治27年)に日清戦争が起きると、国内の中国人が激減。このため、中華料理店は日本人を相手にするようになり、「町中華」と呼ばれる大衆的中華料理店が広がっていくきっかけとなった。1910年(明治43年)東京浅草で日本人経営者が創業した「来々軒」は、横浜中華街から招いた中国人料理人を使って支那そばワンタンなど日本人好みの中華料理を作らせ、町中華の太祖と言われる。また、日露戦争後に日本が中国東北部(満洲)への進出を強めたことから、餃子中華まんなどの満洲由来の中華料理も持ち込まれ、大衆に親しまれることになった。

大衆的な中華料理店は、ラーメン餃子炒飯を三本柱とし、カウンター席とテーブル席の二面式を採用している。高級中華飯店では、宴会席用に回転テーブルを採用していることが多い。

フィクションにおける中華料理店

作品別50音順。

関連タグ

飲食店 食堂
中華料理 ラーメン 餃子 シューマイ 肉まん 豚まん チャーハン
中華街 チャイナタウン チャイナドレス 蓬莱 町中華
DELICIOUS菜館

関連記事

親記事

飲食店 いんしょくてん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「中華料理店」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「中華料理店」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8996

コメント