ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

押井守が原作・総監督を手掛ける、吸血鬼の少女と女子高生によるスラップスティックコメディアニメ。

監督は西村純二が務める。


2020年秋からテレビアニメとして放送するつもりだったが結局実現しなかった。

ひとまずYouTubeに設置された公式チャンネルにて2020年12月18日から第1話のみ配信を行い、2021年2月14日からはABEMAAmazonプライムビデオなどで全12話が配信された。


ところが、2021年7月から千葉テレビなどでテレビアニメとして放送される事になり、当初の構想がようやく実現する事となった。

一方で、その千葉テレビでは無限ループと言わんばかりの再放送も披露した

理由に関しては夏休みアニメスペシャルという理由は存在しているが……。


ちなみにTOKYOMXでも2021年8月8日に12話一挙放送を行っていたが、こちらはTOKYOMX2での放送のため、チャンネル設定に注意が必要であった。


登場人物編集

献血部編集

絆播貢(CV:佐倉綾音)

マイ・ブラド・トランシルヴァニア(CV:日高里菜)

血祭血比呂(CV:朴璐美)

渡部マキ(CV:早見沙織)

墨田仁子(CV:日笠陽子)

雲天那美(CV:小林ゆう)

紺野カオル(CV:高槻かなこ)

腐乱犬八十八(CV:松田健一郎)


空手部編集

勝野真澄(CV:三宅健太)

岡田(CV:石川界人)

神原(CV:綿貫竜之介)

堀田(CV:木内太郎)


拷問研究会編集

那美のストーカー/植村(CV:勝杏里)


周辺人物編集

マイのパパジルド・礼(CV:岩崎ひろし)

貢のとーちゃん(CV:中田譲治)


キャロライーン/キャリーン



関連作編集

ちまみれマイ・らぶ編集

2013年にiPhone/iPad向けアプリ用の電子コミックとして発表されたが、当時はあまり話題にならなかったマイナー作品。全12話。

なお絆播貢が男子高校生であるという大きな違いはあるものの、『ぶらどらぶ』と基本設定や大筋は共通する。

現在は英語版が入手可能。


血ぃともだち編集

押井を含めた本広克行小中和哉上田慎一郎映画監督による、低予算映画の実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」発として、ワークショップを通じてキャスティングされた実年齢が高校生である女優(当時)を出演させて2018年に撮影された実写映画作品。

2019年2月に「さぬき映画祭2019」に編集途中のものがスニークプレビューされたのみで、諸事情により完成版は未公開になっていた。

渡部マキが絆播貢にあたる人物となっているなど、キャラクター設定の変更もある。

本来は『ぶらどらぶ』と連動して、2020年に同時公開する計画もあったようであるが、コロナ禍などもあり上映延期を繰り返し、ついに2022年2月5日に1度限りの上映として公開された。

なお同年8月5日から有料でネット配信されているので(『Blood Friends』という作品名でも)視聴できる。


キャスト編集

渡部マキ(演:唐田えりか)

墨田仁子(演:尾碕真花)

紺野カオル(演:天野菜月)

雲天那美(演:日比美思)

マイ・ブラド・トランシルヴァニア(演:牧野仁菜)


血祭血比呂(演:松本圭未)

薙野素子(演:松井玲奈)

橎堂栄戸(演:鈴木敏夫)

伴新九郎(演:筧利夫)


余談編集

押井は「いつか吸血鬼をテーマにした作品を発表したい」と、インタビューやコラムで語っており、2000年にはアニメ映画『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の企画協力を行い、小説『獣たちの夜』を執筆していた。


その後下記の関連作も制作していたが、いちごアニメーション株式会社からアニメを一本制作して欲しいとの依頼があった際に、TVアニメ用に企画したのがこの作品である。


押井による裏テーマは「じじいを怒らせたらどうなるか、思い知らせてやる」で、ゲームや動画に影響を受けたワイプで分割された会話シーンや、難しいメカ作画などは模型を撮影してコンピュータ処理するなど、その作画に手間がかからない各種手法は、実働部隊であった若手スタッフたちに感心された。


関連項目編集

vladlove(英語表記)

となりの吸血鬼さん:「吸血鬼の少女女子高校生のスラップスティックコメディ」つながり。

吸血鬼すぐ死ぬ:同年に放送開始された吸血鬼アニメ。本作と上記のアニメと同じく二人の主人公が同際している。

よふかしのうた:翌年の夏に放送された吸血鬼との恋を題材したアニメ。

機動警察パトレイバー2themovie:第4夜の一部がこの映画のセルフパロディになっている。

ねじ式:第9夜「ボルト式」としてパロディ化したが、若い声優たちは意味不明な内容であると困惑したという。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア:最終第12夜「インタビュー・ウィズ・マイ」の元ネタ。

うる星やつら/御先祖様万々歳!:押井がかつて関わった来訪者居候型のギャグアニメ。ちなみに前者のリメイク版は先述の「よふかしのうた」の後継番組でもある。


外部リンク編集

アニメ公式サイト

YouTube公式チャンネル

関連記事

親記事

押井守 おしいまもる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39679

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました