ピクシブ百科事典

YouTube

ゆーちゅーぶ

Google社の傘下にある世界最大の動画投稿サイト。日本での愛称はローマ字読みの「ようつべ」等。
目次[非表示]

記事にYouTube動画を貼り付ける方法はピクシブ百科事典を参照

概要

2005年にアメリカで誕生した。
ニコニコ動画などの動画投稿サイトの先駆けとなったサイト。その影響は計り知れず、ネットの世界を大きく変えたと言われている。
大統領選などの政治活動のPRに使われたり、自作の曲が注目されプロのアーティストとしてデビューしたり、悪い意味では炎上のきっかけになったりと、話題に事欠かない。
日本ではFLASH黄金時代の終結の一因とも言われている。

現在ではPC・スマホのみならずゲーム機でも専用アプリがあり、これを利用して視聴する事も可能。また、テレビにもアプリケーションが内蔵されている事も多くネットワーク接続できるならばテレビだけでも視聴が可能になっている。

YouTuber

YouTubeには広告パートナープログラムが設定されており、これに申し込んで審査を通過すると動画の収益化が出来るようになり、再生回数に応じてお金がもらえる。
この再生数による広告収入で大きな収益を上げる人たちのことをYouTuberと言う。詳細⇒YouTuber

問題

収益化剥奪問題

2019年に入り、いわゆるゆっくりシリーズの収益化が剥奪されている問題が発生している。
検証動画はいくつか上げられているので詳細は省くが、収益化剥奪の理由は”再利用されたコンテンツ”、”繰り返しの多いコンテンツ”に該当する為。
詳細はYouTubeパートナープログラムのポリシーを参照願いたい。
考え方を下に挙げる。

  1. 元々文字スクロール系統の記事コピペ動画(含む漫画動画)を掃討しており、ゆっくりシリーズもその亜種と考えられている。
  2. ニコニコ動画に投稿している場合に限るが、ただの転載動画だと判断されている為。
  3. 動画のテンプレートがある程度決まっていて、それを多くの投稿者が使用しており尚且つ大多数を占めている為。
  4. そもそもゆっくりボイスであるSoftalkが合成音声ソフトであり、上記のテンプレートと一緒に、Botが大量に動画を生成し投稿しているとYouTube側が判断している。
いずれにしても、YouTubeが収益化を決めており(それも恐らくAIのような自動識別ソフト)尚且つどこまでがセーフなのか、現状ではわからないのでアルゴリズムを予想して対策を施す以外に手はない。
(具体的には背景を動画にする。キャラクターを霊夢、魔理沙以外にするか、増やす等)

それ以外の諸問題は、YouTuberの項目を参照。

古いブラウザ環境で視聴する方法

現在、YouTubeはHTML5で動画を再生する方式に変更されており、非対応のブラウザでは通常視聴が出来ない。
ピクシブ百科事典では専用の記法を用いることで埋め込み動画をFLASHに変換出来るため、記事の解説に引用する場合はこちらが望ましいが、必要以上に動画を配置するとページ量肥大化の原因となるため、最小限に控えてください。


関連タグ

動画サイト 動画 Google ようつべ
ガキが…舐めてると潰すぞ

外部リンク

Youtube

関連記事

親記事

動画サイト どうがさいと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「YouTube」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4879087

コメント