ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クソ広告

くそこうこく

『クソ広告』とは嫌悪される広告の通称である。(メイン画像は有名なケースのパロディ作品)
目次 [非表示]

概要編集

『クソ広告』とは由来もクソゲーのように『クソみたいな広告』から来ている。

ただし、その広告をクソと思うか否かは個人差によるものが大きいため、この記事に記述されている内容の広告は全ての人間が嫌悪しているとは限らないという点に注意

そして、ネタと割り切れない・記事の内容を受け入れられない人はこれ以降は閲覧せずにブラウザバックすることをお勧めします。


なお、肖像権侵害に該当するような有名人雑コラやテレビ番組の映像と見せかけて投資などを募るような類は、クソ広告ではなく広告詐欺に当たります。こちらに関しては誘導先のリンクを参照の事。→広告詐欺


該当する広告の一例編集

他にも該当する広告をご存知の方は追記をお願いします


アプリゲーム編集

最も嫌悪感が抱かれやすい広告である。

いくつか種類もあるのでいくつか解説しよう。


ワザとミスる編集

最も多いタイプのアプリ広告。

ワザと失敗し、バッドエンド(ゲームオーバーや失敗)になる』というのが鉄板であり、例を挙げると

  • 簡単な二択や三択の問題の内、失敗の方にしつこく進み続ける
  • クリアまであと少しの所まで来たのに余計なことをしてミス
  • タワーディフェンス系で、本陣(ここが敵に侵攻されるとアウト)周りに低レベルがいるのに放置して高レベルに挑みにいって殺される
  • 表示される数字が自分より小さい敵を倒してその数字を取り込みゴールや頂上を目指すルールなのに、自分より数字の大きい敵に挑んで返り討ちに遭う。


また、かつてはゴキブリをすり潰して作ったリップパックを女性に貼り付けて嘔吐させるという常識を疑うようなものも存在した。


広告詐欺編集

広告とゲームの内容が大きく異なる』タイプ。

言い換えればインストールするまでそれが何かわからないという一番悪質なタイプである。何かのパクリのような広告が多い。


(性的な意味で)過激な表現編集

好きな人にとってはとことん好むが逆に嫌い、もしくは苦手な人はとことん嫌悪拒絶するタイプ。その中でも特に放置少女モンスター娘、後はG123ビビッドアーミークイーンズブレイドだったり、最近だとエロ漫画なども多い。

過度な露出や、女性の性的な部位(不自然なほど大きな胸、下着が張り付いて形がはっきり分かる陰部、カメラに向けられた尻、スカートからはみ出たノーパン下半身など)を矢鱈と強調した煽情的なイラストが多く、家族や友人などにYoutubeを見せようとしたときにこの広告が出てきたら気不味くなり、たまったものではないだろう

また、ビビッドアーミーなどは、たまにタップでぷるぷるタップでぷにぷに全胸が震撼した弾ける鎧、迸る闘気極上の後ろ姿等の煽り文で誘ってくることも多い。

また、Youtube以外にも、普通のサイト(ピクシブ百科事典ニコニコ大百科など)に表示されることが多いが消せないのがほとんどである。


広告の表示数が多い編集

最近だと最強でんでんなどが当てはまるか。

単純に数が多く、バリエーションも豊富なため頻繁に出てくる。

ただ、ここら辺は使ってるPCやスマホによって異なり、頻繁に出てくる場合もあれば一切出てこない場合もある。


画像が目まぐるしく変化する編集

かつてのポケモンショックを彷彿させるかのように、バナーの画像がパタパタと目まぐるしく現われる。


広告を閉じるためのボタンを複数回押させる編集

普通の広告は×ボタンを1回押せば閉じることができるのだが、ゲーム系の広告は「意地でもインストールさせたい」という意図があるのか2回や3回など複数回×ボタンを押さないと閉じることができない。(しかもその×ボタンが小さいので押しにくいのがお約束となっている)


「一度で済む事を二度も三度もやらせるってのは…その広告を作った奴が頭が悪いって事だからです。無駄なんだ…無駄だから嫌いなんだ…無駄無駄…」


15秒広告(スキップ不可)編集

その名の通りスキップができない15秒間の広告である。

GoogleChromeの広告が有名か。

単発で出てくる場合も鬱陶しいが、真に恐ろしいのはこの後にもう一個広告がある場合もあることである。

特に15秒広告が2連続で来た時は、鬱陶しいを通り越して虚無な感情になるだろう。


電子タバコ編集

その名の通り、電子タバコの宣伝広告なのだがその大半が広告を見る人に向かって電子タバコの煙を浴びせるように吐くということで、タバコの好き嫌いを問わず嫌悪されている。


漫画アプリ編集

主に登録されている漫画のあらすじ紹介だが、その紹介する作品が『ざまぁ要素のある作品』ということもあってかに分類されて当然な小悪党や憎まれ役が出しゃばる胸糞要素、イライラパートを含むプロローグが流れるため、嫌悪されるケースも少なくない。

中には『卑劣漢なバカ息子』と『TSレイプもの』という好き嫌いの分かれる要素の悪魔合体と言える極端な作品もあり、他にもBL(ホモ・ゲイ)系統の漫画の紹介が流れるケースもあり、異性愛者(ノンケ)にとっては迷惑以外の何物でもない。


また、最近はアプリゲームのクソ広告のように『複数回×ボタンを押さないと閉じれない』『×ボタンそのものが設置されてすらいない』というパターンもみられるようになった。


当たり判定がおかしい広告編集

サイトとかを見ているとたまにある。

大体その場合は当たり判定がおかしいというケースが多い。

pixiv百科事典でも下の方をタップしてしまったり真ん中あたり(1番上までスワイプした状態で)タップしてしまった場合に多い。


美容広告編集

黄ばんだ歯やニキビだらけの肌、毛穴だからけの鼻をドアップにした写真(もしくはそれを模したようなイラスト)等を使った広告。悲しいことに近年ではピクシブにも表示される。集合体恐怖症の人にはきつい。

最近だとゲームの広告にも出てくることも多々ある。


メンズ脱毛サロン編集

月額の値段や回数などを強調している広告。


出会い系及びチャットアプリ編集

利用者と思わしき女性がアピールの為かクネクネとダンスを踊る広告。

出会い系に興味のない人……特に現実の女性より二次元系の女性キャラを好む人(前述の放置少女モンスター娘の広告に肯定的な人なら猶更)にとっては拷問以外の何物でもない

代表例は『BIGOLIVE』と『Pococha Live』等


FX(投資)や副業等の金策系編集

「誰でも簡単に(知識0で)月ウン十万稼げる」等と強調している。(実際は稼げるはずがないけどね)

基本的に、金が無いってところから始まるケースが多い。


ポップアップ広告編集

ページ移動で広告ポップアップウィンドウが開く。しかも閉じるボタンが小さい。

ブラウザ側の対策が弱かった1990年代から2000年代にかけては、ブラクラの如くウィンドウが増えていくことになった。


対策編集

広告ブロック拡張機能や広告ブロックアプリを使うほかない。

また、当たり判定がおかしい広告の場合はサイトを開いたらすぐにタップせずに待つという方法もある。


もしも商品系、医療系、FX、副業系に引っ掛かったら編集

また、上4つの項目は、安く済むどころか、異常に高くついたりむしろ金が減るばかりだったり、体に悪影響がでてしまう可能性がございます。

そういうのに引っ掛かったらすぐに188(消費者ホットライン)へご連絡してください。


余談編集

近年では動画広告が最後まで流れ終わると、画面のタップの有無に関係なく強制的にダウンロードする手前の画面に移行するという悪質なパターンも見られるようになった。スマホとの相性によっては、広告動画とダウンロードするアプリの2つを起動したことによって元々遊んでいたゲームアプリが落ちてしまうことすらある。


2023年7月20日にニンテンドースイッチSteamから上記のクソ広告で表示されるゲームがまとめて遊べる『どこかで見た“あのゲー”ムたちを棒人間でつくってみたけれど、果たしてあなたはクリアできるのか?』がリリースされており、一部のゲーム実況者やYouTuberが実際にプレイしている。


関連イラスト編集

現在はメイン画像で用いられるものを除いて、クソ広告に対するヘイト創作及びパロディなものが投稿されている。

センシティブな作品友達のところに行きたいなァ

ウマ娘わくわく4コマまんが「PLAY NOW」思っていたりあむと違う

シャニマス漫画1720ヌケニー〜テラスタルで帰還〜


関連動画編集


関連タグ編集

関連項目編集

広告宣伝

ストレス不愉快胸糞イライラ失敗誰得:クソ広告に定番のネガティブ要素。

広告詐欺:事実上の類義語。


ポイ活アプリ(漫画アプリ)、動画サイト:主にこれらでクソ広告は目にする事になる。


クソゲー:クソ繋がり。

クソゲーパトロール猫YouTuberの一人(一匹?)であり、クソ広告を一緒に視聴しながら解説していく動画が多数投稿されている。


対応策など編集

アドブロック:あまりにも耐えれないなら此方の導入を勧める。


AdGuardAndroid向け。pixivのプロフィールの変更ボタンが押せないなど一部サイトでは閲覧に不具合が出るケースがあるためそのような場合は一時的にオフにするといい。


リロード:スマホで(時間経過込みでも)×ボタンのない広告に邪魔された際はこの手段を取るしかない。


プレミアムバンダイグルメYogiboなど無難な広告をわざと踏みクソ広告の出現率を下げるという裏技もある。


非該当タグ編集

嫌なら見るな:自分の意思で見る・見ないが選択できないためこの文句は通用しない。


外部リンク編集

関連記事

親記事

広告 こうこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 423917

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました