ピクシブ百科事典

アンシャントロマン

あんしゃんとろまん

アンシャントロマンとは、1998年に日本システムから発売されたプレイステーション用ゲームソフトである。
目次[非表示]

トップ絵のおっさんがすべてを表している
・・・まあそれはともかく

概要

正式タイトルは「アンシャントロマン ~Power of Dark Side~
1998年4月23日に発売されたRPGで、開発元は風雅システムexit。

「ムービーライクRPG」を売り文句にグラフィック、ムービー面を前面に押し出したRPGとして、当時大ヒットした『ファイナルファンタジーVII(FF7)』を参考にして開発された超大作RPG作品・・・であるが、そのFF7と比べると全ての面において劣っていると言っても過言ではないほどの完成度であった。。

作品自体のクオリティ以外にも色々とツッコミどころが多い事から、マイナーであるが一般的にクソゲーとして評価されることが多い(擁護のしようが無い)。

特徴(というか問題点)

ここではおおまかな点を紹介する。

システム・サウンド

英語表記では「Ancient Roman」とあるが、本来ancientは「アンシャント」ではなく「エインシャント」や「エンシェント」等と読む。Ancientを仏語読みすれば「アンシャン」(正しい綴りはancien)にはなるが、それならなぜ「ト」を入れたのか…? これは単なる間違いなのか、意図的にそう読ませているのかどうかは不明。

全体的にグラフィックの出来がかなり悪い。初代PSの発売から4年が経過しているのにも関わらず、初期のソフトよりも酷いレベル。
ゲーム中のポリゴンは厚紙で作ったかのような粗末な3Dモデリングで、ムービーシーンも人物がまるでビニール人形のような質感で動きも非常に乏しく不自然。

クソゲー唯一の救いであるBGMもお世辞にも良い曲とは言えない…どころか完全に不協和音であり、「適当にキーボード叩いてたら出来ました」レベル。特にボス戦のBGMの酷さは異常。
BGMを聴いていて

竜人の女の子

<うわあああああああ(精神崩壊)
となったプレイヤーもいる事だろう(多分)。
でもまあサウンドトラック版はまだ聞けるぐらいに改善されている。
一応ボイス搭載で、戦闘時にセリフを喋ったりするが、肝心の声優陣(特に情報なしの人)の演技力が棒読みで滑舌も悪い(例えば、「腕が鳴るぜ」が「屁が鳴るぜ」に聞こえる等)。
効果音も、ドアを開けようが宿屋に泊まろうがほとんどの場面で鳴らない。

ストーリー

ストーリーも説明不足、急展開、電波、伏線もほったらかしというダメ要素を全て備えていおり、前後の展開が繋がっていないことなんて当たり前のようにある。
簡単に言うと、プロローグ⇒奴隷スタート⇒数十分で王子様⇒いくつかのダンジョン攻略⇒3,4部屋の魔王の城。

またツッコミどころもある。

・最初のプロローグにて、1000年前の世界のムービー(トップ絵のおっさんが木っ端微塵になるシーン)が流れるが、特にストーリーとは関係なく、クリアしてもムービーの意味は全く分からない。何故作ったし。

・ダムを壊さなければ先に進めないという場面があり、下流に人がいないか確認しに行った結果、村があった。そこまでは良いのだが、避難させるのは時間がかかると判断した主人公たちは、水中でも呼吸ができる木の実を皆に食べさせて何とか生き残れという作戦を実行。この話を考えた人はどんな精神をしているのやら…。

店・アイテム

店でアイテムを買う際に、仲間に「これ買って」とボイス付きで言われることがある。買わないと「ケチ」と罵られる。 また、このボイスのためだけにディスクの読み込みが入るため、ストレスが溜まる。

このゲームには魔法が存在するが、店・持ち物確認で効果と消費MPの説明がないため、購入して使ってみないと分からない。…のだが使ったところで効果の説明(「○○の攻撃力が上がった!」など)がないので、結局何がどうなったのか分からない。また、誰が使っても同じ効果で同じ威力であり、そもそも魔法自体が弱い。

アイテム・装備品も一部はキャラクターからの説明があるとはいえ、ほとんどは購入して使ってみないと効果が分からない。一応装備品は価格が高いものであればあるほど強いが、それでも何がどうなったのかは教えてほしいものである。

戦闘

このゲームには、RPGではお約束のザコ敵エンカウントが存在するのだが、エンカウントする度にロードが入るため、初見の人はフリーズしてしまったのかと勘違いしてしまうかもしれない。
また、敵味方問わず、戦闘のエフェクトを表示する際もディスクの読み込みが入るため、非常にテンポが悪い。
ちなみに敵を倒した時のエフェクトは斜め上方向に回転しながらダメージ表記と共にヒュイーーンと飛んでいくというもの。これは敵を倒したときに限らず、味方が力尽きたときもこのエフェクトである。

ボスが異常に強いor弱い。レベルを上げて挑めば2~3回の物理攻撃で大体倒せるが、レベルを上げないと逆に味方が瞬殺される。もはやレベルを上げて物理で殴ればいいゲームと化しており、これが原因で物理攻撃が高いキャラは強く、そうじゃないキャラは弱いという法則ができているレベル。

声優陣

このページからの転載。

カイ・オルフェアス:高橋直純
ミシリア・アルマイヤー:中山真奈美
ファラ・ミスチル:森本まり子(検索しても情報なし。廃業?)
サリナ・ジェナトス:中島沙樹
ミーナ・エルノロア:西村由美子(同じく情報なし)
バロア・カイト:斎藤規(情報なし)
マクロード・エッシャー:鮫沢祐二(今は劇団フロンティアなるところで演出などをなさっている模様)
バーク・シュワルツ:野村広一(情報なし)

以下全員情報なし。
佐野清一郎 / 水野智香子 / 斎藤ひろみ / 大西智美

関連項目

クソゲー

関連リンク

さたどら氏のプレイ記録こいつを見たら全てがわかる

関連動画

関連記事

親記事

クソゲー くそげー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アンシャントロマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 664

コメント