ピクシブ百科事典

クロスハンター

くろすはんたー

「クロスハンター」はネットビレッジより発売されたRPG。
目次[非表示]

概要


コミックボンボンの読者参加型ゲームソフト制作企画『史上最強のRPG計画』において開発されたゲームである。内容からして、殆ど「ドラゴンクエスト」に似ているため、成功したとはいい難いRPGであった。

”世界初の3バージョン同時発売”を念頭に企画されたが、度重なる発売延期のためにコナミのGBCソフト「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ4」に先を越されてしまう。しかし、どのバージョンも主人公が違うだけで内容はほぼ同一。一部のユーザーからは、「ポケットモンスター」の便乗商品ではないかという声も散見される。まあ便乗してそこそこ成功しているボンボンのメディアミックスがあるがこれは最悪の域である。

ゲーム版

まずシステムやモンスターやペットなどのデザインにパクリが多い。しかもパクリ元は『ドラゴンクエスト』や『ポケットモンスター』といった誰でも知っている作品ばかりである。
主人公も例外ではなく、まず「トレジャーハンターバージョン」の主人公ロープは『ドラクエVI』のテリーと『FFVI』のロック・コールの継ぎ接ぎパクリである。
次に、「エックスハンターバージョン」の主人公ヒュウガも企画開始の数年前に放映されていたアニメ『発明BOYカニパン』の主人公カニパンのパクリ。
最後に「モンスターハンターバージョン」の主人公シローは『ドラゴンボール』の孫悟空のパクリと推測されている。裏づけとなっているのが後述する漫画版である。
おまけに、敵デザインがあまりにも「ドラゴンクエスト」の敵とほぼ同じで、特にラスボスの魔王ザガンに至っては、漫画「ドラゴンクエスト戦記 ロトの紋章」の異魔神(最終形態)にそっくりである。
他の奴らもパクリであるがあげだしたらキリがないので関連サイトを見ることを薦める。

ゲーム自体の出来もひどく、褒めるところが全くないクソゲーである。

主な問題点

  • パクリ抜きにしても酷すぎるデザイン。
  • BGMがうるさいし不快極まりない。
  • エンカウント率は高い上にマップは無駄に広い。その上ゲーム全体に存在する宝箱は両手の指で足りる数。
  • 戦闘はシンプルすぎるため戦略性は無い。ほぼボタン押し係。
  • 結局「雑魚狩りしてレベルを上げて稼いだ金でいい武器を買え」ということになる。
  • AIの出来が悪い。
  • 主人公が弱すぎてプレイヤーの足を引っ張る。 まさに主人公(笑)
  • イベントシーンがしょぼい。(EDですら)
  • その演出を差し引いても矛盾が多くはっきり言ってつまらないシナリオ展開。
  • 頻繁にデータが消えるうえに各種様々なバグが報告されている。
  • 3バージョンあるがテンプレだらけで分割していないし『クロス』の意味もなしていない。

評価点はパッケージのホイル加工がキレイとかおまけのカードがすごいとかもうゲームのことが上がらなかったりこの悪いことを踏まえ反面教師になれると散々な評価である。これと比べたらフリーゲーム同人ゲーム含めた大概のゲームは良作レベルになる為、ゲーム・漫画共にクロスハンターを反面教師にする事が同人ゲーム同人漫画で成功する為の第一目標にもなり得るほどまでに漫画版共々最底辺の反面教師なのである。

漫画版

ゲーム版と同じくして、2000年から2001年まで漫画版も連載されていた。
主人公はゲーム版と同じだが、敵は”黒士軍”と呼ばれる軍隊と戦う話になっている。また、ゲーム版には登場しないオリジナルキャラクターも登場していた。更にいうなら、ゲームに登場するザガン一派のモンスターたちはほとんど登場しない
大抵のボンボンゲーム漫画はちゃんとコミカライズしてることに対しこちらは本家よりも更にひどくなっている。

インターネットが普及し、2005年に入って、2ちゃんねるなどのサイトにより、盗作疑惑が発覚。演出、作風も「ドラゴンボール」、「ベルセルク」、さらには漫画版「ストリートファイター」など中平正彦の漫画作品などのトレスが作品の8~9割を占めていた。ボンボン読者に限らずネットユーザーから(いろんな意味で)大きな衝撃を与えた。
更にはトレス先よりも劣化している部分が多いし他のコミカライズよりもクオリティが低い。
ゲーム版も漫画版もこのことにより批判されて、現在はコミックボンボンの負の遺産として扱われることになる。
当然のことだが単行本化していない。もしあったらボンボンはもっと早く終わっていただろう…。

動画で見るクロスハンタートレス検証


余談

ゲーム編

読者参加型ゲームソフト制作企画として生まれたゲーム「クロスハンター」は失敗したが、その後も他誌からも同じように読者参加型ゲームソフト制作企画もやっていた。


漫画編

2000年代のボンボンは、競合誌の「コロコロコミック」による強力なタイアップ作品の前に苦戦を強いられた時期であり、この読者参加型ゲームソフト制作企画はボンボンの人気を巻き返すために計画されたと思われる。
この企画は失敗におわり、その後、2001年ではボンボンの主力作品であった「ロックマン」が「ロックマンエグゼ」以降からはコロコロ(独占という形)で展開されるようになり、2002年は「機動戦士ガンダムSEED」が角川グループの雑誌「ガンダムエース」「電撃ホビーマガジン」で公式外伝などの雑誌展開を行い(尤も、ボンボンでも高山瑞穂による結構質の高い漫画版が掲載されていたのではあるが)、「SEED DESTINY」終了後はガンダム関連情報を角川グループに完全に主導権を奪われるようになり、ボンボンは完膚なきまでに劣勢を強いられることになる。
(ちなみにボンボン休刊後の2011年に、コロコロでガンダムの新作が展開されることとなった)

講談社は、他の漫画雑誌で掲載されていた漫画でもインターネットで盗作疑惑が発覚され謝罪をさせられている。このことによる講談社への批判も多い。

  • 2005年に「別冊フレンド」で連載されていた漫画が、「スラムダンク」の盗作が発覚したため、コミックスは回収・絶版処分を受ける。原作者も一時、漫画家活動を停止することに。
  • 2007年に発売された「マガジンドラゴン」にて“ドラゴンカップ”の参加作品として掲載された作品のひとつが「デスノート」の盗作が発覚したため、権利剥奪された。

また当時ボンボンで連載していた作家の方々は、2000年前後の当時のことを「思い出したくもない」というように酷い扱いを受けたことを告白しており、当時の編集部の腐敗ぶりを示している。

特に、現在はアニメーターをしている元連載作家の佐藤元氏は、
  • 新しい漫画の企画を持って行ってもまず使われない
  • 他社のヒット作品からの盗作、模倣作品が多い
  • 編集サイドの好き嫌いで漫画の打ち切り・続行を決められていた
  • 編集部に何度も忠告しても聞き入れられなかった
  • 報酬は半分でも構わないので人気回復に協力させてほしいと言ったが、断るならまだしも無視された
ということを自身のブログで詳細に語っている。
更に佐藤氏の作品である『みなさ~ん!ボンバーマンですヨ!!』が打ち切られた後、カイマコトによる『ボンバーマンバクレツ学校大戦争』が連載された。無論この作品も評判は最悪で単行本化もされていない。
後にカイマコトはボンボン2002年6月号のワールドカップ特集の4コマ漫画「サッカー日本代表ガンバレ~!」の掲載を最後に消息を絶った。

おまけ編

クロスハンターには各バージョンにカードゲームが3枚付いてある。
こちらはゲームより出来がよくゲームがおまけという声が出ている。
これが実際の動画(ニコニコアカウント必須)である。

関連サイト

ゲームカタログ@Wiki クロスハンター
ウィキペディア@クロスハンター
鷹譲の黒犯日記
以下ニコニコアカウント推奨
(Novelsm@ster)春香と小鳥の暇つぶし2周年特別編【クロスハンター】
(Novelsm@ster)春香と小鳥の暇つぶしその1040【クロスハンター】

関連タグ

コミックボンボン

pixivに投稿された作品 pixivで「クロスハンター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8383

コメント