2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

スラムダンク

すらむだんく

『SLAM DUNK』とは、井上雄彦による高校バスケットボールを題材にした少年漫画、およびそれを原作とするアニメである。
目次[非表示]

元々の意味

スラムダンクとは、バスケットボールにおけるダンクシュートのひとつの種類。
ゴールリングに直接両手でボールを叩き入れることをダンクシュートと呼ぶが、その中でも、周りに相手チームのディフェンスがいない状態で、確実に得点できるダンクシュートの際にスラムダンクと呼ばれる。
(スポーツ用語辞典・S-Wordsから引用)

概要

井上雄彦による漫画、週刊少年ジャンプにて1990年42号から1996年27号まで連載された。正式名称は『SLAM DUNK』。
単行本はジャンプコミックス全31巻(新装再編版は全20巻)、完全版全24巻。略称は「スラダン」。
テレビアニメ化やアニメ映画化もなされている。詳細は後述。

週刊少年ジャンプにおいて『ドラゴンボール』『幽☆遊☆白書』と並ぶ3大人気作の一角として、1990年代半ばのジャンプ黄金期を築き上げた。
ちなみに少年ジャンプは、当時のどんな人気漫画であったとしても最終回を巻頭カラーとして持ってこないことで有名であり、最終回で巻頭カラーを迎えられたのは2022年現在のところ、本作を含めて四作品しかない。
その中でも本作は、車田正美の『リングにかけろ』と、鳥山明の『ドラゴンボール』に続き巻頭カラーを飾った史上3作目の作品にして、同時にジャンプの中で初めて表紙も飾った作品でもある。
これは、20年後の2016年にこち亀が表紙と巻頭カラーでの最終回を迎えるまでは唯一の例であった。
芸能人のファンも数多く、実写映画化したらキャストは誰になるだろうか議論で必ず議論が白熱する漫画でもある。

2010年時点の累計発行部数は完全版を含め、国内で1億1700万部を超える。
単行本第21~23巻の初版発行部数250万部は、当時としての最高記録である。
第40回(平成6年度)小学館漫画賞少年部門受賞。
2006年の文化庁による文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で1位。

本作の与えた影響

本作が少年誌におけるスポーツ漫画界に与えた影響はとてつもなく大きく、連載が終了して20年以上経過している現在でもなお(続編や外伝などがほぼ一切だされていないにも関わらず)衰えることが全くない人気を誇り、上述した国内の累計発行部数はジャンプ漫画史上でもトップ5に入る記録である。
それゆえに少年誌で(特にバスケットボールを題材とした)スポーツ漫画を描こうものなら、ほぼ確実に本作と比較対象にされてしまう宿命を背負うことになる。
もちろん作者によって違った個性があり違った良さがあるのだが、本作の存在があまりにも大きすぎるため、大衆から評価される作品にするのは大変難しくなっているとされる。
実はスラムダンク以前は、そもそもバスケットボールの認知度そのものが低く、それもあってか漫画業界では「バスケットボール漫画は成功しない」とみなされていたのだが、それを見事に覆したのがこの『スラムダンク』であった。

作者はバスケ漫画を描きたいという思いはずっと温めており、自分が描くまでは誰も描かないで欲しいと神に祈っていたらしい。なお、バスケが漫画として最初に採り上げられたのは六田登ダッシュ勝平でアニメ化も果たしたものの、これは少年漫画的なコメディ作品であり、しかも後半にはバスケをやめて別のスポーツをやっている。一番古いバスケ漫画は八神ひろきDEAR BOYSであるが、こちらも初期はバスケを題材とした純愛ストーリーで、バスケ漫画化していったのは同作の影響もあった。そんなわけで、本格的なバスケ漫画は同作が初といわれている。

ただ、作者は100%売れるという確信は持っていなかったため、もしバスケ路線で失敗したらヤンキー路線で行くつもりだったと発言している(桜木軍団のキャラが立っているのはそのため)。しかし、蓋を開ければ、少年漫画どころか青年漫画にまで多大なる影響を与えたスポーツ漫画のマイルストーン的作品となり、この作品以降、本格スポーツ漫画が増え続けることになった。また、同作連載中は他紙連載中のスポーツ漫画(特に競合他社)にまで影響を与えていくことになり、青春路線重視だった週刊少年サンデーでは桜木花道のアンサーキャラのような人物が多数登場している(健太やります!緒方明帯をギュッとね!仲安昌邦など)。

少年ジャンプを例にとっても、アイシールド21火ノ丸相撲、ジャンプ以外でははねバド!などが、それぞれの作者がスラムダンクに大きく影響を受けたと発言している。また、宇宙兄弟小山宙哉ゴールデンカムイ野田サトルなども同作のファンと公言しているなど、そのジャンルはスポーツ漫画の枠を超えている(二人ともデビュー作はスポーツ漫画)。

では、この作品の何が凄かったのかというと、ポイントゲッター(流川仙道沢北など)やゲームメイカー(宮城藤真など)が目立つスポーツ漫画において、漫画映え・読者ウケさせるのが難しいリバウンダー(桜木)を主人公とし、地味なリバウンド描写を奇跡的に格好よく描き上げ、リバウンダーの重要性を物語に上手に組み込んで、他のスポーツ漫画の華やかなポジションの主人公達に全く見劣りしない、少年誌を代表するにふさわしい主人公に築き上げたところである。
また、同じジャンプ系スポーツ漫画でも、上記のリングにかけろキャプテン翼、後年のテニスの王子様等における、所謂「必殺技」といった派手で少年誌映えする超人的な技が存在せず(精々、初期におけるこれくらい)あくまで実際にプレイ出来る技の範疇に収まっている事も、当時のジャンプ作品としては異色さに拍車をかけている。ただし、高校生ではかなり難しい、本場NBA選手でしか出来ないような技を使ったり、一流のプロ選手にも匹敵する体格や身体能力を持つ者は何人かいる。作者もそれは自覚しており、リアルでは「ダンクして?」という子どもの問い掛けに対して野宮が「できねえよ!」と即答している。

このスラムダンクでの登場人物達の活躍に憧れてバスケットボールの道に入った当時の小中学生達は多かった。日本のみならず、中国、台湾、韓国でも圧倒的な人気を誇る。
ただ、バスケの本場アメリカではそこまでの人気にはならず、むしろアメフトを扱っただけあってアイシールド21などの方が人気は高かった。

ストーリー

湘北高校に入学した不良少年・桜木花道は、中学生までに50人と女にフラれ続けてばかりだった。しかも、50人目の相手の好きな人はバスケ部所属。それで彼は、入学後しばらくバスケを目の敵にするほどだったが、背の高さと身体能力からバスケットボール部主将の妹・赤木晴子にバスケット部への入部を薦められる。「初心者」花道は一目惚れした彼女目当てに入部するも、練習・試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚めていき、才能を開花させながら、海南大付属翔陽高校陵南高校といった強豪ひしめく神奈川県内で、無名の湘北高校バスケ部によるインターハイ出場及び全国制覇を目指していくことになる。

登場人物

湘北高校

桜木花道(CV:草尾毅
流川楓(CV:緑川光
赤木剛憲(CV:梁田清之
宮城リョータ(CV:塩屋翼
三井寿(CV:置鮎龍太郎
木暮公延(CV:田中秀幸
安田靖春(CV:小野坂昌也
潮崎哲士(CV:林延年
角田悟(CV:里内信夫
石井健太郎(CV:林延年
佐々岡智(CV:里内信夫
桑田登紀(CV:森川智之
安西光義(CV:西村知道
彩子(CV:原えりこ
赤木晴子(CV:平松晶子
水戸洋平(CV:森川智之
高宮望(CV:塩屋浩三
大楠雄二(CV:林延年
野間忠一郎(CV:幹本雄之
堀田徳男(CV:大塚芳忠
青田龍彦(CV:梅津秀行
流川楓親衛隊(CV:住友七絵西川宏美中山真奈美

陵南高校

魚住純(CV:岸野幸正
仙道彰(CV:大塚芳忠
福田吉兆(CV:石川英郎
池上亮二(CV:緑川光
越野宏明(CV:里内信夫
植草智之(CV:塩屋浩三
相田彦一(CV:小野坂昌也
菅平(CV:辻谷耕史
田岡茂一(CV:石塚運昇

海南大附属高校

牧紳一(CV:江川央生
清田信長(CV:森川智之
神宗一郎(CV:林延年
高砂一馬(CV:川津泰彦
武藤正(CV:塩屋浩三
宮益義範(CV:里内信夫
小菅
高頭力(CV:佐藤正治

翔陽高校

藤真健司(CV:辻谷耕史
花形透(CV:風間信彦
長谷川一志(CV:塩屋浩三
永野満(CV:林延年
高野昭一(CV:幹本雄之
伊藤卓(CV:里内信夫

三浦台高校

村雨健吾(CV:幹本雄之
荒木一雄(CV:森川智之
宮本和成
高津弘(CV:林延年
川崎昭雄
原田(CV:江川央生

山王工業高校

深津一成
河田雅史
沢北栄治
野辺将広
松本稔
一之倉聡
河田美紀男
堂本五郎

豊玉高校

南烈
岸本実理(CV:田中一
矢嶋京平
岩田三秋
大川輝男(CV:石川英郎
金平

愛和学院高校

諸星大(CV:中尾みち雄

名朋工業高校

森重寛(CV:石川英郎
名朋工業の監督(CV:野本礼三

大栄学園高校

土屋淳

常誠高校

御子柴(CV:山野井仁
常誠の監督(CV:麻生智久

その他

島村葉子CV:白鳥由里第一話で桜木を振った和光中の生徒。名前はアニメ版で判明した。
Dr.TCV:塩屋翼用語・ルール解説のコマに登場。作者のデフォルメ的キャラクター。
店長CV:梅津秀行桜木がバッシュを購入したチエコスポーツの店長。
鉄男CV:佐藤正治三井の不良仲間。
CV:風間信彦三井の不良仲間。
相田弥生CV:永島由子彦一の姉。週刊バスケットボールの記者。
中村CV:風間信彦相田弥生の後輩記者。
安西夫人CV:高木早苗安西の妻。矢沢について流川へ伝えた。
谷沢龍二CV:中尾みち雄安西の教え子。作中では既に故人。
杉山祥太CV:曽我部和恭深沢体育大学(深体大)の三年生。全日本のセンター。
唐沢一雄CV:徳丸完深体大の監督。杉山とともに赤木をスカウトした。
北野豊玉高校の前監督。安西とは大学時代の同期生。


テレビアニメ

東映動画(現:東映アニメーション)の手によってテレビアニメ化された。
しかし、後述の理由からテレビアニメは陵南との公式戦で県予選突破をした部分までで終わっており、最も人気が高い山王戦は未映像化となっている。

シリーズディレクター(監督)は西沢信孝(後述の事情により第62話よりプロデューサーを兼務)。

1993年10月から1996年3月にかけて、テレビ朝日系列局に加えて、テレビ岩手北日本放送四国放送(以上日本テレビ系列局)、テレビ山梨山陰放送テレビ高知宮崎放送琉球放送(いずれもTBS系列局、ただし琉球放送は途中打ち切り琉球朝日放送に移管)、テレビ愛媛フジテレビ系列局、ただし愛媛朝日テレビ開局に伴う移管のため途中打ち切り)および福井放送(原則日本テレビ系列局)にて放映された。全101話。

なお本作は『狼少年ケン』『デビルマン』『とんがり帽子のメモル』『聖闘士星矢』など、多くの東映動画作品に携わってきた籏野義文プロデューサーの手による最後期の作品、ひいては遺作のひとつとして数えられる。そして籏野は本作の製作途中に口腔癌に侵され、壮烈なる現役死を遂げた。
籏野の死後は、本作シリーズディレクターの西沢信孝がSDとPの両職を兼務する事で、その衣鉢を継ぐこととなった。

放送中の問題

放送開始当初から原作のストックが少なく、東映動画作品お得意のオリジナルストーリー挿入をもってしても(ただし全体的な流れは基本的には原作準拠)放送が間に合わず、放送半年後からテレ朝の事情による予算削減及び、原作ストックと製作スケジュールの確保の都合上、特番休止が目立った。
結局、放送期間の事情などからインターハイ出場決定の時点で原作準拠を断念、しのぎを削ったライバル校・翔陽陵南の混成チームと「壮行試合」を行う、というオリジナル展開で締めを飾らざるを得なくなった。
一応EDにはアニメ未登場だった豊玉高校のが登場しているものの、結果としてアニメ化されたのは単行本22巻ラストまでとなった。
この為、本作のクライマックスである山王戦をアニメ化してほしいという要望は根強く、令和の映像技術を駆使してのリメイクを望む声は多い。
令和に入り、本作の再アニメ化の話が上がっており、映像化されなかったインターハイ編の映像化が実現するか、期待が高まる。

作者もアニメの引き伸ばし展開には不満を抱いており、次回作『リアル』にて「どこまで長いんだ、このコートは!」というこの引き伸ばしを揶揄した台詞が登場する。

主題歌

ビーイング系のアーティストが抜擢された。そのうち、大黒摩季WANDSZARDのEDはいずれもミリオンセラーを記録。BAADMANISHも自己最高(当時)の売上を記録した。
オープニングテーマ

歌:BAAD/作詞:山田恭二/作曲:多々納好夫/編曲:明石昌夫
  • ぜったいに 誰も(第62話 - 第101話)
歌:ZYYG/作詞:高山征輝/作曲:織田哲郎/編曲:ZYYG
エンディングテーマ
歌:大黒摩季/作詞・作曲:大黒摩季/編曲:葉山たけし
歌:WANDS/作詞:上杉昇/作曲:織田哲郎/編曲:葉山たけし
  • 煌(キラ)めく瞬間(トキ)に捕われて(第50話-第81話)
歌:MANISH/作詞:高橋美鈴・川島だりあ/作曲:川島だりあ/編曲:明石昌夫
  • マイフレンド(第82話-第101話)
歌:ZARD/作詞:坂井泉水/作曲:織田哲郎/編曲:葉山たけし

劇場版

テレビアニメの放送期間中に4作作られている。ドラゴンボールZDr.スランプなどとの同時上映の為、30分~45分程度の中編作品になっている。

  • 「スラムダンク」(1994年3月公開)
  • 「スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道」(1994年7月公開)
  • 「スラムダンク 湘北最大の危機! 燃えろ桜木花道」(1995年3月公開)
  • 「スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!! 花道と流川の熱き夏」(1995年7月公開)

そして2021年1月7日、作者・井上雄彦が公式ツイッターアカウントを通じて『五度目の』映画化構想が存在することを明かし、8月13日に2022年秋に公開されることが明らかとなった。
そして、2022年7月4日に公開日と正式タイトルが決定した。


当初は秋に公開するとされていたが、公開日は2022年12月3日となった。
監督・脚本は井上雄彦が自ら担当し、キャラクターデザイン・作画監督は進撃の巨人のアクション作画監督兼原画で名を馳せた江原康之、音響監修は多くの人気作品で音響を手掛けたベテランの鶴岡陽太等が担当する。
また、湘北の5人は声優が変更された。

余談

  • アニメは当初、『美少女戦士セーラームーン』の次番組として放送が予定され、『ろくでなしBLUES』および『シュート!』と競合していたが、セーラームーンの続編の製作が決まったため、当初の予定より半年延期のうえで、『南国少年パプワくん』の後番組として放送された。なお、『ろくでなしBLUES』のTVアニメ化はお蔵入りし、『シュート!』はフジテレビドリーム9枠で放送された。
  • 家庭用ゲーム機でもゲーム化がされた事もあったが、実はそのままのタイトルでは出せなかった。このスラムダンクよりもずっと前にコナミアーケードゲームで「SLAM DUNK」というバスケットボールのゲームをリリースしており商標として登録していた為。ただし、今作とコナミのものは内容は無関係であり1990年代後半あたりのコナミの商標騒動とも無関係。その為タイトルが「From TV animation SLAM DUNK」の表記になっている(ゲームボーイ版も同様)。なお、2010年代に東映アニメーションが配信したアプリゲームからは「From TV animation」の表記はなくなっている。
  • 台湾では続編『スラムダンク2』が作られたが、どうやら作者に無許可で制作されたものらしい。この作品は高校教師となった流川が主人公となっている。


関連イラスト

SD!~
陵南
世界が終るまでは...
オンリチラシ用
DO YOU LIKE BASKETBALL?
SD



関連動画



関連タグ

井上雄彦 バスケットボール 週刊少年ジャンプ連載終了作品の一覧 

表記ゆれ

SLAMDUNK スラダン 

評価系タグ

スラムダンク100users入りスラムダンク500users入りスラムダンク1000users入りスラムダンク5000users入りスラムダンク10000users入り

台詞・用語タグ

あきらめたらそこで試合終了ですよ いいからテーピングだ! ディーフェンス!ディーフェンス! バスケがしたいです 左手は添えるだけ まだあわてるような時間じゃない まるで成長していない 
このくらいの角度 桜木軍団 ハエたたき フンフンフンディフェンス 

関連作品(影響・パロディあり等)


外部リンク


他の記事言語

Slam Dunk

関連記事

親記事

井上雄彦 いのうえたけひこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46612901

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました