ピクシブ百科事典

桜木花道

さくらぎはなみち

「スラムダンク」の主人公。
目次[非表示]

「天才ですから!」
「オメーら(流川・赤木・宮城・三井)バスケかぶれな常識はオレには通用しねえ、ドシロートだからよ!」

概要

CV:草尾毅

本編の主人公。湘北高1年。4月1日生。188cm83kg。
背番号10、パワーフォワード(PF)。
入学時にバスケ部主将赤木剛憲の妹赤木晴子に一目惚れし、誘われるがままにバスケ部へ入る。

能力

驚異的な身体能力の持ち主で、パワー、スピード、スタミナはいずれも一級品。それは初見で体格が一回り上の赤木を吹っ飛ばし、ダンクを決めるほど。だが、過去のバスケ経験が一切無い「初心者」であるため、赤木との初勝負の時点ではドリブルすらまだ知らなかった。
そのため、パス・ドリブルなどの基本的な技術に関しては未熟な面も目立ち、プレイスタイルは荒削りで、バスケ用語や細かいルールに関しても知識不足である。

しかも序盤はスラムダンクしか頭になかったため、基本的なシュートであるレイアップシュートのことを当初は庶民のシュートとバカにするなど、基礎的な練習はつまらないとして嫌がる傾向があり、そのせいで赤木と揉めて危うく退部しかけたこともあった。
しかし、そうしてトラブルに遭いながらも地道な練習で確実に技術をものにしていった。

そしてなんだかんだで中盤以降は選手としても確実に成長していき、特にリバウンドに関しては元々卓越した脚力のお陰で非常に高い資質を持っており、陵南との練習試合前に赤木に見出され、翔陽戦にてリバウンダーとして完全に開花。以降は彼の代名詞ともいえるまでに上達し、チームメイトからも「リバウンドに関しては本当に天才かも」と言わしめたほど。
リバウンドに必要な身体の頑強さ・ジャンプの高さなども超一流であるが、それに加えてジャンプのスピードがとてつもないレベルである。他の選手が2回飛んでいる間に花道だけは3回飛んでいたりする。

湘北の選手層が強豪校より非常に薄いとはいえ、一年生でなおかつ初心者なのにスタメンを奪っている。現実的には大変すごいことである。

4ヶ月で猛成長した彼だが、山王工業との試合の後半ではライン際のルーズボールに突っ込んで椅子などの障害物で背中を痛め、選手生命に関わるほどの怪我を負ってしまい、IH後の原作最終回の時点では晴子と文通しつつ復帰に向けてリハビリ中である。

ある意味彼の最大な弱点は『流川への対抗心やコンプレックス』それを試合に必要以上にまで持ち込んでしまうことである。ただし、IH予選決勝リーグの陵南戦ではそれがチームの勝利につながるといった例外もある。

人物

通称「桜木軍団」こと水戸洋平高宮望大楠雄二野間忠一郎の4人はケンカに明け暮れた中学時代からの不良仲間。
性格は自信家で生意気、お調子者で破天荒。自らを天才と呼称する。また礼儀というものを全く知らず、先輩だろうが先生だろうが他校の選手・監督だろうがタメ口で常時話し、彼が敬語を作中で使って話すのは晴子や彩子といった女子キャラクターぐらいしかいない。
なお、相手にあだ名を付けるのが大好きで実例を挙げると・・・・・・・・・・
赤木⇒ゴリ、宮城⇒リョーちん、三井⇒ミッチー、木暮⇒メガネくん、安西先生⇒オヤジ、安田⇒ヤス、潮崎⇒シオ、角田⇒カク、青田⇒ジュードー男、魚住⇒ボス猿、福田⇒フクちゃん、越野⇒小僧、田岡⇒ジジイ、牧⇒ジイ、清田⇒野猿(ノザル)、宮益⇒キツネ、藤真⇒ホケツ、花形⇒メガネ、岸本⇒チョンマゲ、南⇒カリメロ、野辺⇒ポール、河田兄⇒丸ゴリ、河田弟⇒丸男、沢北⇒小坊主……などと呼んでおり、彼がまともに呼んでいる男子キャラクターは流川・仙道のたった2人しかいない(ただし、流川はカタカナ表記となっている)。その一方で、晴子と彩子を筆頭とする女子キャラクターには常時「さん」付けでまともに呼んでいるなど、女子には意外すぎるほど初心(ウブ)でジェントルマンである。

繊細で心優しい面もあり、感情を内に向ける部分もある。桜木軍団は彼の性格を「内向的」と称している。
基本的に怖いもの知らずだが、女子には頭が上がらず苦手としている。ケンカは作中で最強クラス。
初期は長めの髪のリーゼントだったがIH予選で海南に負けてから坊主頭に。終盤では少し伸びている。その性格と赤い髪のせいで否応にも目立つ存在。

また、無意識ではあるがかなりの友達想いや仲間想いな一面がある。特にバスケ部襲撃事件で部員達が鉄男によって怪我を負わされた際は部員達がやられた分をきっちりやり返したり(ただし流川の分だけはかなりぞんざい)、気に食わないはずの流川がに怪我を負わされたときは無意識に南に詰め寄ったりもした。

意外にも努力家であり、よく練習終了後も居残ったり学校の休み時間を利用して一人練習に励んでおり、早朝にシュート練習やランニングを行っている姿が描かれている。

過去に病に倒れた父親を助けることが出来なかったことにコンプレックスを抱えており、それが自分の練習を見ていた安西監督が倒れた時に於いて即救急車を呼ぶなど迅速な行動に繋がった。
普段面倒臭がりの彼からは考えられない行動であった。

そのプレイスタイルやルックスから、デニス・ロッドマンがモデルと言われているが、作者はこれを否定しており、「桜木にモデルはいない。しいて言うならチャールズ・バークレー」と語っている。

余談

担当声優である草尾毅氏の代表キャラの一人としても知られているが、桜木のテンションを常に維持するのはかなり大変だったらしく、今となっては演じるのが難しいキャラになってしまったらしい。

関連イラスト

桜木花道
スラムダンク再映画化キターーー!!!



関連タグ

スラムダンク 湘北 桜木軍団
フンフンフンディフェンス
愛すべきバカ

カップリングタグ

流花

pixivに投稿された作品 pixivで「桜木花道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2848379

コメント