ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「天才ですから」
「オメーらバスケかぶれな常識はオレには全く通用しねえ!ドシロートだからよ!」

概要

CV:草尾毅

本編の主人公。湘北高1年。4月1日生。188cm(後に189,2cm)、83kg。
背番号10、パワーフォワード(PF)。
和光中学時代はケンカに明け暮れたヤンキーだったが、湘北高校入学時にバスケットボール部主将赤木剛憲の妹赤木晴子に一目惚れし、彼女に誘われるがままにバスケ部へ入る。

通称「桜木軍団」こと水戸洋平高宮望大楠雄二野間忠一郎の4人は中学時代からの不良仲間。
得意技は頭突き。

能力

驚異的な身体能力の持ち主で、パワー、スピード、スタミナはいずれも一級品。それは初見で体格が一回り上の赤木を吹っ飛ばしてダンクを決めるほど。だが、過去のバスケ経験が一切無い「初心者」であるため、赤木との初勝負の時点ではドリブルすら知らなかった。
そのため、パス・ドリブルなどの基本的な技術に関しては未熟な面も目立ち、プレイスタイルは荒削りで、バスケ用語や細かいルールに関しても圧倒的に知識不足である。但し、リョータ直伝のフェイクやフェイントに関しては神奈川ならびに全国の強豪校の選手にも通用するほどに使いこなしている(その際の相手校の選手の背番号が『5』の選手が多いのも特徴である)。

また、序盤は派手なスラムダンクを決めることしか頭になかったため、基本的なシュートであるレイアップシュートのことを庶民(の)シュートとバカにするなど、基礎的な練習はつまらないとして嫌がる傾向があった。そのせいで赤木と揉めて危うく退部しかけたこともあったが、洋平の後押しや、彩子木暮の説得で事無きを得た。
そうして様々なトラブルを巻き起こしながらも地道な練習を積み重ね、中盤以降は選手としても確実に成長していった。特にリバウンドに関しては元々卓越した脚力のお陰で非常に高い資質を持っており、陵南との練習試合前に赤木に見出され、翔陽戦にてリバウンダーとしての素質が完全に開花。以降は彼の代名詞ともいえるまでに上達し、チームメイトからも「リバウンドに関しては本当に天才かも」と言わしめたほど。
リバウンドに必要な身体の頑強さ・ジャンプの高さなども一級品であるが、それに加えてジャンプのスピードがとてつもないレベルである。他の選手が2回飛んでいる間に花道だけは3回飛んでいたりする。

湘北の選手層が強豪校より非常に薄いとはいえ、一年生でなおかつ初心者なのにスタメンを奪っている。現実的には大変すごいことである。

4ヶ月で急成長した彼だが、山王工業との試合の後半でライン際のルーズボールに突っ込んだ際、机や椅子などの障害物に激突したことで背中を痛め、選手生命に関わるほどの怪我を負ってしまい、IH後の原作最終回の時点では晴子と文通しつつ復帰に向けてリハビリ中で、その際浜辺で偶然ランニング中だった流川と再会している。
そして本編は主治医と共にリハビリに向かう途中、今日の分のリハビリはきついことを聞かされても桜木が屈託ない表情で言い放つ「天才ですから」の一言で締められる。

その後どうなったかについては本編では触れられていないが、画集には、雪の降る中、体育館で部活動に励んでいる様子が描かれているイラストがある。
このことから、どうやらリハビリの甲斐あって無事に部活動に復帰することができたらしいことが伺える。

人物像

性格は生意気で破天荒かつ負けず嫌い、そして自らを天才と称する自信家である。ヤンキー上がりゆえに気性が大変激しく喧嘩っ早い上に礼儀知らずであり、自チームの先輩や監督はもとより、他校の選手や監督に対しても尊大で馴れ馴れしい態度とタメ口で接し、後述するように失礼なあだ名を悪びれもなくつける傾向にある。そのため、敵チームの選手や監督に不快感を持たれることも非常に多い。
また、繊細で心優しい面や純情な面もあり、感情を内に向ける部分もある。桜木軍団は彼の性格を「内向的」と称している。
意外にも努力家であり、よく練習終了後に居残り練習をしたり学校の休み時間を利用して一人練習に励んでおり、シュート練習やランニングを早朝に行っている姿が描かれている。
そのプレイスタイルや赤い坊主頭などのルックスやユニフォームから、デニス・ロッドマンがモデルと言われているが、作者はこれを否定しており、「桜木にモデルはいない。しいて言うならチャールズ・バークレー」と語っている。

晴子が流川楓に憧れていることから、流川を強烈にライバル視しており、流川の不愛想な性格も相まって衝突を起こすことも非常に多く、流川との意地の張り合いは「湘北名物」とまで呼ばれるようになる。
ある意味彼の一番な弱点は『流川への対抗心やコンプレックス』であり、それを試合にも必要以上に持ち込んでしまうことである。ただし、IH予選決勝リーグの陵南戦ではそれがチームの勝利につながるといった例外もある。
また、その負けず嫌いな性格に由来する、格上相手にも臆せず食らいついていく闘争心は彼の急成長を促す大きな要因になっている一方で、海南戦でやられたように相手が張り合ってこないと空回りしてしまうという諸刃の剣でもある。

女子にめっぽう弱い

中学時代に三年間で合計50人もの女子生徒に告白したが全員にフラれるという洋平曰く「快記録」を成し遂げている。
基本的に怖いもの知らずでケンカは間違いなく作中で最強クラスだが、女子には頭が全く上がらず苦手としている。女子には呼び捨てにせず「さん」付けし敬語も使うなど腰が低くなり、陵南との練習試合の翌日に謂われがない文句を言ってきた流川楓親衛隊の三人に対してすら強く出られないほどである(ただし、アニメ版では晴子や彩子以外の女子キャラクターにきつい態度をとる場面がある)。
三年間の間に連続50人の女子生徒へ告白し続けたこと、晴子への恋心からバスケットを始めることからも、自分が好意を抱いた女子から特別な存在として認められることを望んでいたと思われる。
50人目の告白相手の島村葉子(アニメ版より)から「バスケ部の小田くんが好きだから」という理由でフラれたために、湘北に入学した当初はバスケットボールと聞くだけで暴れまわっていたにも関わらず晴子に一目惚れした途端、大好きだと意見をコロッと変えたために切り替えの早さが窺える。

赤毛

非常に目立つ赤い髪がトレードマークで、初期は長めのリーゼントだったが、IH予選での海南戦で自分のミスが原因で負けたことに責任を感じ、気合いを入れるため坊主頭に。終盤では少し伸びている。その性格と赤い髪のせいで否応にも目立ちすぎる存在である。
染髪しているのか地毛なのか断言されていないが、常に金欠状態にある桜木が態々染髪する可能性は低く、また髪が少し伸びたことに気付いた段階で根元の色まで赤いため恐らく地毛と考えられる。

学業

学業については壊滅的の一言に尽き、授業中の態度も悪く、居眠りしていることもザラ。
1学期の期末テストにおいては8科目中7科目が赤点で、湘北では校則で4科目以上が赤点だった生徒はIHに出場できないことから、赤木の嘆願により、同じく4科目以上赤点だった三井・宮城・流川と共に赤木兄妹と木暮、彩子の指導の下で勉強合宿が行われた。合宿中、漢字の問題で「厳格」と聞いて「元角」(アニメ版では「幻覚」)と書き、数学では角度を求める問題の解答欄に「このくらいの角度」と書くなど教えていた赤木も「手に負えん!」と嘆くほど酷かったが、追試はギリギリでパスしている。

家族

過去に病に倒れた父親を助けることが出来なかったことにトラウマを抱えており、それが自分の練習を見ていた安西監督が倒れた時に於いて即救急車を呼ぶなど迅速な行動に繋がった。
普段面倒臭がりな彼からは到底考えられない行動であった。
父親がその後どうなったのかは不明であるが、当時に思いを馳せて涙ぐんでおり、良くない結果に終わったことが想像できる。その事を非常に苦しく思っているのか、オヤジが倒れた際には素早く救急車を呼び、病院側にはハルコさんに連絡する様に指示し、自分は救急車に同乗し安西夫人に連絡をする迅速かつ完璧な行動を取っている。

仲間思い

先輩や先生に対しても無礼な態度の持ち主だが、非常に仲間思いであり、三井のグループのバスケ部襲撃の際には暴行をされた先輩達の敵討ちと言わんばかりに「今のはシオの分。次はカクの分だ」と全力で鉄男を殴りに行った(ルカワの分もあるがピシ!と絵もゆるくなり明らかに手抜きしていたが)
アクシデントで負傷退場してしまったゴリの無念を聞いた際には「打倒海南!」と大声で決意表明し、再開後には「ゴリの穴は俺が埋める」と集中した。

メガネ君に対しては思う所が多いのか陵南戦前の彼の一言は彼の胸に残り、試合中も彼の一言を思い出す、試合終盤にはルカワでは無くメガネ君にパスを出す、試合後には「引退が伸びたな」と声をかける、山王戦終盤にメガネ君と交代させられた時は下げられた事に腹を立てた訳ではなく、試合を諦めたオヤジに腹を立て、メガネ君が試合に出る事は引退だから最後だからと納得しているなどメガネ君を非常に慕っているようなシーンがある。

なにかといがみ合うルカワではあるが、前述の通りバスケ部襲撃の際には申し訳程度の義理立てビンタをしており最低限な仲間意識はある。しかしルカワがラフプレイをされた際には真っ先にベンチから飛び出して抗議に行ったり(ルール上はテクニカルファウルだが)、山王戦のラストにはハイタッチをするなど心の中では仲間意識がしっかりとある模様。

余談

担当声優である草尾毅氏の代表的キャラクターの一人としても知られているが、花道のテンションを常に維持するのはかなり大変だったらしく、今となっては演じるのが難しいキャラクターになってしまったらしい。

関連イラスト

桜木花道
スラムダンク再映画化キターーー!!!



関連タグ

スラムダンク 湘北 桜木軍団
フンフンフンディフェンス 不良 ヤンキー 破天荒 愛すべき馬鹿

人称・口調・口癖・呼称だぜ!

一人称
  • オレ
二人称
  • 「おまえ」メイン
  • 調子に乗るとき⇒キミ
  • 機嫌が悪かったり激昂したとき⇒「おめえ」「てめえ」
  • 女子キャラクター⇒明確な二人称は皆無
  • 「アンタ」「あなた」を使ったことは、原作・アニメを通じて皆無
口調
口癖
  • オレは天才、桜木花道だぜ!
呼称
  • 男子キャラクター全般⇒あだ名及び呼び捨て
  • 女子キャラクター全般⇒「苗字・名前・フルネーム+さん」


関連人物の呼称と変遷だぜ!

※対面時/対面外、モノローグ時
※太字はあだ名

関連人物呼び方呼ばれ方あだ名の理由
流川楓ルカワ、キツネどあほうキツネ顔から
赤木剛憲ゴリ桜木ゴリラだから
木暮公延メガネくん桜木メガネをかけているから
宮城リョータリョーちん花道リョータの名前を捩る
三井寿ミッチー桜木三井(みつい)の名前を捩る
同上(不良時代)女男桜木不良時代の三井が長髪であったため
安田靖春ヤス桜木くん/桜木安田(やすだ)の名前を捩る
潮崎哲士シオ桜木くん/桜木潮崎(しおざき)の名前を捩る
角田悟カク桜木くん/桜木角田(かくた)の名前を捩る
安西光義オヤジ桜木くん高齢のため。父親への呼称と同等
青田龍彦ジュードー男桜木柔道部主将のため
水戸洋平洋平花道
高宮望高宮花道
大楠雄二大楠花道
野間忠一郎野間花道「忠一郎」を捩って「チュウ」と呼ぶことも
魚住純ボス猿桜木赤木(ゴリ)と対等に渡り合い、顔の系統も同じことから
池上亮二5番桜木背番号から
仙道彰センドー桜木強い存在として名前を挙げられたため覚えた
福田吉兆フクちゃん、フク助桜木福田(ふくだ)の名前を捩る
越野宏明小僧サル作中で小柄だから
相田彦一ヒコイチ桜木はん親しみやすい名前だから覚えた
田岡茂一ジジイ桜木安西先生より若いのにジジイ扱い
藤真健司ほけつくん桜木選手兼監督の彼を補欠選手と勘違いしたため
花形透メガネ桜木眼鏡をかけているから。木暮と違い「くん」無し
牧紳一じい桜木老け顔のため。まだ高校3年生なのに
清田信長野猿赤毛猿、桜木野生的な猿だから
宮益義範宇宙人桜木小さい体躯とゴーグルから
南烈カリメロ桜木カリメロに似ているから
岸本実理チョンマゲサルポニーテールがちょんまげに見えるから
河田雅史丸ゴリ桜木赤木を丸くしたゴリだから
河田美紀男丸男(まるお)桜木丸っこい顔と、兄との差別化のため
深津一成ぴょん吉桜木「ぴょん」という語尾から
野辺将広ポール桜木、赤坊主顔がトーテムポールに似ているから。
沢北栄治小坊主桜木(花道からして)小さい坊主頭だから
彩子彩子さん桜木花道
赤木晴子晴子さん桜木くん
藤井、松井藤井さん、松井さん桜木くん

ほとんど名前や第一印象から決めているようである。
ちなみに試合で当たった相手でも海南の神や高砂などには特にあだ名はつけていない。

関連記事

親記事

湘北 しょうほく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「桜木花道」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「桜木花道」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6434190

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました