ピクシブ百科事典

リバウンド王桜木

りばうんどおうさくらぎ

漫画「スラムダンク」の主人公である桜木花道の異名の一つ。

概要

スラムダンクにおいて、花道を語る上では欠かせない、彼の異名(自称も含む)の中でも最も有名な渾名の一つである。

その名の始まりは、陵南との練習試合前において、湘北キャプテンの赤木に見出されたところが発端となる。
赤木は花道の能力を見込んで、彼にリバウンド(シュートミスしたボールを取るプレイ)を徹底して教え込むべく、マンツーマンで花道に指導した。
初めは乗り気ではなかった花道だったが、赤木はそんな彼にあることを教える。
それが
「リバウンドを制する者は試合(ゲーム)を制す」
である。
実際にバスケットボールの試合では、リバウンドは重要なプレイの一つとして、取った回数をカウントされている。

(当時のルールだが)チームは一度ボールをコートに入れると、30秒以内に相手のゴールにシュートしなければならないルール(30秒ルール)があり、攻撃時間が限られているのだが、シュートするとそのカウントがリセットされるため、味方チームがリバウンドをよく取れれば、その分味方チーム攻撃時間が長くなるのである。
逆にリバウンドが取れないチームは、攻撃時間が相手に比べ極端に短くなるため、常に攻められているような感覚を味わうことになる。
こうした背景から、リバウンドはバスケットボールにおいて、チームの勝敗を左右する重大要素の一つなのである。

これを聞いた花道は俄然やる気を出し、赤木との猛特訓の末、陵南との練習試合でその成果を発揮し、以降自身を『リバウンド王』と称するようになった。
更に自身よりも高身長の相手ばかりだった翔陽戦においても、全くそのハンデを感じさせず、逆にこの試合で完全にリバウンダーとして資質を開花させた。

以降は彼の代名詞ともいえるまでに上達し、まさにリバウンド王の名をほしいままにし、やがてチームメイトからも「リバウンドに関しては本当に天才かも」と言わしめるようになった。

関連タグ

スラムダンク 湘北 桜木花道
バスケットボール リバウンド

pixivに投稿された作品 pixivで「リバウンド王桜木」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136

コメント