ピクシブ百科事典

フンフンフンディフェンス

ふんふんでぃふぇんす

『SLAM DUNK』に登場する桜木花道のディフェンス技。
目次[非表示]

フンフンフンディフェンスは、『スラムダンク』で桜木花道が使用したディフェンス技である。

概要

桜木花道が最初に習得した技。名前は単行本5巻に記載。
「フンフンフン」と繰り返し言いながら腕を目一杯伸ばし、あらゆるコースを塞ぐ技。
ジャンプシュートを正面から塞ぐ時に威力を発揮する。
花道の人間離れした体力と瞬発力が可能にする技で、影分身のように何人も増えているような錯覚を敵に与える。
その反面、体力の消耗が激しくなるので乱発は禁物である。

活躍

そのインパクトから知名度が高いが、作中で使用したのは赤木剛憲との1on1対決、陵南との練習試合のみ。
これは陵南との練習試合の次に描かれた三井寿の一件からは本格バスケ漫画の路線になったため。
非現実的かつコミカルなこの技は作風に合わなくなってしまった。

余談

柳田理科雄が分析を行った所、とんでもない身体能力であるという結論が出た。
参考→Twitterへの外部リンク

関連イラスト

残念、それは私の残像だ
ハウリン七変化


無題


関連タグ

スラムダンク 桜木花道 ディフェンスに定評のある池上 一人エグザイル
左手は添えるだけ ディーフェンス!ディーフェンス!

表記ゆれ

フンフンディフェンス

pixivに投稿された作品 pixivで「フンフンフンディフェンス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147284

コメント