ピクシブ百科事典

三井寿

みついひさし

『SLAM DUNK』の登場人物。
目次[非表示]

概要

cv:置鮎龍太郎
5月22日生まれ
通称ミッチー。湘北高3年。背番号14。184cm70kg。シューティングガード(SG)。

安西先生バスケがしたいです」のセリフはあまりにも有名。
栄光からの挫折と復活という人間臭さ満載のキャラで人気が高い。

中学時代にチームを県大会優勝に導き、同大会のMVPを獲得した天才3Pシューター。優勝への原動力となった安西の「あきらめたらそこで試合終了」という言葉に感銘を受け、安西への恩返しを誓って強豪高校からの誘いを断り湘北へ入る。

しかし、練習試合で左膝に怪我を負ってしまい、そこに同級生のライバル赤木が見せ始めた活躍を目の当りにして挫折。幽霊部員と化し、何を思ったか高校デビュー。

因縁が生じた宮城桜木への復讐をかけて不良仲間と共にバスケ部に強襲。「帰って下さいお願いします」と懇願をする安田を殴り、大荒れになるも桜木軍団の乱入により返り討ちに遭う。木暮に「本当はバスケ部に戻りたい」という内心を看破され、自暴自棄になって暴れるがそこに安西が現れる。
捨てきれずにいたバスケへの思いが溢れ出し「バスケがしたいです」と涙ながらに告白。恥も外聞も捨てバスケ部へ復帰。それ以降、不動のスタメンとして定着する。

バスケット選手として天性の素質を持ち、ディフェンスも上手いがブランクの影響でスタミナに大きな不安がある。そのため試合終盤には疲労しきっている事が多いが、そういった状態の方が3Pが良く決まったりする。
実は湘北では流川と並ぶオールラウンダーであり、3Pという大砲と、巧みなプレイングでチームを支える。
部内の紅白試合ではセンターも務め、桜木を抑え込むことで彼の弱点(シュートエリアが狭い)を浮き彫りにするなど、指導者としても優れた手腕を持つ。

ちなみにしばらくグレていた割にはケンカはあまり強くない(桜木花道宮城リョータ水戸洋平などが強すぎるだけなのかもしれないが)。

実はスタメンで唯一アニメ版のOPに登場していない(前期・後期共に)。EDには登場しているが。

原作終了後の黒板漫画では赤木と木暮が引退した中三年生で唯一バスケ部に残り、早朝から練習をしており、冬の選抜で大学の推薦をもらうために闘志を燃やしていた。

なお、当初の予定では復帰することなく、バスケ部との因縁を描いた後にフェードアウトする予定だったという。
作者が彼の過去を描いているうちに情が湧いたため、急遽予定を変更してレギュラー入りすることになった。

関連イラスト

Mitsui Hisashi
オンリチラシ用三井s


かぶりもの(その二)
全員三井寿



関連タグ

スラムダンク
バスケがしたいです
虹村修造黒子のバスケの登場人物。担当声優と血液型が一致
湊智花ロウきゅーぶ!のヒロインで担当声優が父親役を務めている。また、アフレコ時には話題になった事を雑誌でのスラムダンク対談にて明かしている。
岡崎朋也CLANNADの主人公。経歴が酷似している。(中学時代はバスケの名選手→高校入学前後にケガで不良化→高3で更正)。尚、担当声優は後に彼の義父となる

pixivに投稿された作品 pixivで「三井寿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2496328

コメント