ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

黄道十二星座の一種である。

黄道十二宮では金牛宮と呼ばれ、凡そ4月20日5月20日生まれが該当する。一等星アルデバランを初め、プレアデス星団ヒアデス星団など有名な天体を多く含む。


神話編集

最高神ゼウスはある時テュロスの王女(ニンフ説もある)エウロペに一目惚れし、彼女に近付くべく白い牡牛に変身した。エウロペがその背に跨がった瞬間、ゼウス牛は野を駆け山を越え海を渡り、クレタ島まで到達した所でその正体を明かした。


その後、二人の間には後のクレタ王ミーノスやその側近ラダマンティスといった子供達が生まれている。この時に変身した牡牛の姿をゼウスが星座として天に掲げたのが牡牛座の由来とされる。


余談編集

好色で有名なゼウスだが、スパルタ王妃レダの時は白鳥に、ダナエ王女(ペルセウスの母親)の時は黄金の雨、アルクメネ(ヘラクレスの母親)の時は夫のアムピトリュオーンにと変身能力を碌な事に使わない。ちなみに父クロノスも馬に化けて密会しケイローンがケンタウルスになったという伝説がある。この親にしてこの子あり


関連キャラクター編集

聖闘士星矢編集

特撮編集

アニメ編集

漫画編集

ゲーム編集

その他編集

  • Tavros Nitram、Rufioh Nitram、The Sommoner(『Homestuck』のTroll。牡牛座がモチーフ。)

関連タグ編集


十二星座 金牛宮 Taurus/タウラス/タウロス  

星座 占星術 神話 ギリシャ神話 ゼウス 変身物語

 

ポニアトフスキーのおうし座:へびつかい座の近く、織姫と彦星の間にかつて存在した星座


他言語記事

Taurus


関連外部リンク編集

おうし座 - Wikipedia

おうし座とは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

十二星座 じゅうにせいざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1042070

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました