ピクシブ百科事典

幻獣ケイトス拳ゴウユ

げんじゅうけいとすけんごうゆ

幻獣ケイトス拳ゴウユとは、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』に登場する敵怪人で、サンヨの双幻士の片割れである。
目次[非表示]

「コレ、幻気。幻獣拳使い表す、特別な物……」
CV:喜山茂雄

データ

身長:206cm(幻身豪天変時・55.6m)
体重:99kg(幻身豪天変時・26.7t)
好きな場所:静かな所
好きな食べ物:音
好きな言葉:音を仇で返す

概要

サンヨ双幻士の1人。
本編に最初に登場した幻獣拳の使い手である。

イノシシの様な幻獣であるケイトスを手本とし、音の力で相手を攻撃する幻獣ケイトス拳の使い手である。
彼の繰り出す技は幻気の力によって発生させる微細な超音波で相手を攻撃する性質であり、それ故に相手を手の届かない距離から攻撃する事が可能な幻獣拳法である。
遠距離から一方的に相手を打ち倒せてしまう技の性質上、余り敵と会話する必要が無かった為、
何時の間にか必要最小限の単語のみで会話を済ませる癖がついてしまった。
この様に大量の音を撒き散らす拳法の使い手である一方、本人は至って寡黙で殆ど喋らないどころか、静かな場所が好きと言う矛盾した人物像の持ち主である。

使用ゲンギ

  • 拷雷震(ごうらいしん)

両手を大地につき、幻気を集中させて全身を細かく振動させ、周囲の建造物を共鳴により破壊する。

活躍

修行その37「ギャンギャン!お見合い問答無用」

ロンに促されて幻気を受け入れたメレだが、特に変化が起こらない。覚醒が悲鳴と絶望に満たされた時に起こるとロンが説明したのを受け、理央はゴウユを街に放った。

人々から悲鳴を集めるべく活動を開始するゴウユだが、其処へランを欠いたゲキレンジャー4人が駆け付けて交戦(※ランは大学のエリート研究員である村辺カツジとのお見合いで来れずにいた)。自らのゲンギ・拷雷震で4人を苦戦させるも、母である伶子を振り切って現場にランが駆け付けた為に形勢は逆転する。スーパーゲキイエローとなり、根性で先陣を切る彼女に触発されて他の4人も再び奮起し、見事なチームワークでゴウユを圧倒する。
これに対して怒ったゴウユは幻身豪天変によって巨大化し、巨大戦ではゲキファイアーゲキトージャウルフ、サイダイオーの3体を相手取る。

一度はゲキレンジャーを苦境に陥れるが、伶子の応援を受けたイエローのゲキエレファントファイアーに押されてしまう。すると、そこに上司であるサンヨが助太刀に入り、重さを自由に操る自らのゲンギによって3体をは一蹴した為、ゴウユはその隙に撤退した。

尚、この戦いで集まった悲鳴の力でメレは幻獣フェニックス拳へと覚醒するのだった。

修行その45「ピキーン!宿命の対決」

打倒理央の為に滝で修行を続けた末、遂に天地転変打を会得し、彼に挑むゴウ
嘗て友だった2人の一騎討ちに「理央様の手を煩わせる程でもない」と割って入って妨害するが、ゴウは理央に3つ数えるだけ待てばそれで良いと言いゲキバイオレットに変身。宣言通りに天地転変打で瞬殺されてしまった。

余談

モチーフはケートス。そして山海経に登場する合踰(ごうゆ)。
原典の山海経(東山経四の巻)の記述では「獣がいる。そのかたちはイノコ(豚)のようで人面、黄色い体に赤い尾がある。その名は合踰といって、声は赤子のよう。この獣は人食いであるし、虫や蛇も食べる。これが現れると天下に洪水がおこる。」とある。

干支モチーフは「亥」。
一見すると直接的なモチーフになった幻獣と最も接点が薄く感じられるが、イノシシは別名「山鯨」と呼ぶ為にこの人選になったと思われる。また、イランでは辰に鯨が割り当てられる。また、ケートスの方も一応鯨の怪物だが、猪に似た2本の牙が生えた姿で描かれる事が多い。

声を演じた喜山氏は今作がスーパー戦隊シリーズ初出演となった。

幻獣拳士となる為にはロンを介して幻気と臨気を融合させる「血盟の儀式」と言う手続きを踏む必要が有る所から、ゴウユも元は臨獣拳士だったのは間違い無い。恐らくはイノシシの臨獣拳である臨獣ボアー拳の使い手だったのだろう。

関連タグ

獣拳戦隊ゲキレンジャー 幻獣拳 双幻士
音属性

幻獣ミノタウロス拳シユウ:サンヨの配下の双幻士その2。

関連記事

親記事

双幻士 そうげんし

兄弟記事

コメント