ピクシブ百科事典

幻獣拳

げんじゅうけん

獣拳戦隊ゲキレンジャー後半に登場する獣拳
目次[非表示]

概要

獣拳戦隊ゲキレンジャーに登場する獣拳の一つ。激獣拳や臨獣拳を超える「極みの拳」とされる獣拳で、物語中盤から登場する。臨獣拳を極めた者の内「獣の力を超えた」者の中で、この世に13体存在する神秘と幽幻の獣・「幻獣」に学んだ者により構成される。

13の流派が存在し、幻獣王を筆頭に補佐の四幻将、その配下に2人の双幻士が流派の筆頭として存在する。

幻獣拳の基本は「幻気(げんき)」である。幻獣拳使いとなるには、幻気と対象者の臨気を融合させる「血盟の儀式」が必要。敵側の追加メンバーとして中盤から登場する金髪の青年ロンがこの儀式を執り行え、この儀式により理央メレは、物語中盤から幻獣拳の使い手となる。

幻獣拳の拳は、その名が示すとおり全て空想上の動物で構成される。
幻獣王以外は、十二支に似た幻獣が当てはめられ、四幻将は加えて中国の四神の配置に倣ったモチーフが使われている。


幻獣王

幻獣王リオ

キャッチフレーズは「強きこと、猛きこと、世界において、無双の者」。幻獣グリフォン拳の使い手。凱装時の体色は金色へと変化、翼状の意匠が各所に追加された。初戦ではゲキレンジャーを圧倒し、また気迫だけでロンを圧倒したこともある。スーパーゲキレッドとの戦いに敗れた際、現世への未練がなくなったことで真の幻獣王として覚醒し自我を失い巨大化。サイダイオーを圧倒するが、密かに抱いていたメレへの愛情が覚醒を不完全にしていたため、メレの声により元に戻る。その後、ロンにすべての真相を明かされて愕然とし、虚無感に苛まれるも、ジャンの説得に応じメレを救出に向かい、幻気を解き放ち黒獅子リオへと戻る。

【レンジャーズストライク】幻獣王リオ
【レンジャーズストライク】鳳凰メレ



四幻将(幻獣王に使える将)

メレ

キャッチフレーズは「理央様の愛のために、更なる強さをまとったラブ・ウォリアー」。幻獣フェニックス拳の使い手。十二支の「酉」と四神の「朱雀」がモチーフ。メレが鳳凰の力を得て生まれ変わった姿で、孔雀の羽のような模様が体の各所に配されている。終盤、理央を破壊神にするためにロンにさらわれるも、ゲキレンジャーと理央に助けられ、幻気を解き放ち臨獣カメレオン拳のメレに戻る。

ロン

幻獣ドラゴン拳の使い手である金髪の青年。十二支の「辰」と四神の「青龍」がモチーフ。詳細はロンの稿にて。

最強、それは龍(ドラゴン)



サンヨ

幻獣バジリスク拳の使い手。十二支の「巳」と四神の「玄武」がモチーフ。見た目は厳ついが、語尾に「~ヨ」と付くコミカルな口調で話し、少々口が軽い。頻繁に咳払いするが、これは口の軽さからロンに度々叱責され、ごまかしているうちに身に付いた癖である。重さを自由に操ることができる。実はロンの一部であり、彼の不死を司る部位だった。

【リクエスト】幻獣バジリスク拳サンヨ



スウグ

幻獣キメラ拳の使い手。十二支の「寅」と四神の「白虎」がモチーフ。当初は棺の中に入っていた。言葉を話すことはなく、名乗りなど彼の意思疎通はロンが代弁する。全ての獣拳を使用可能。漢堂ジャンからは「トラピカ」と呼ばれる。その正体は理央が唯一勝てなかった「白虎の男」ことジャンの父親ダンの激気魂であり、彼の死後に墓から激気魂を集めたロンにより操られている。魂だけの存在なので心というものがなく、言葉を話さないのはそのためである。胸部の動物がキメラでなく白虎であるのも、ダンが白虎の激気を持つ激獣拳士であるからであり、戦闘中の動作も一部ダンの動きが入っている。ジャンによって倒されることで激気魂が解放され、彼を励まして消えていった。

【修行その2010】アケオメ!本年もよろしくお願いします



双幻士列伝

幻獣拳士については、そのモチーフや構成なども含め、キャラクターデザイナーのアイデアが多く取り入れられている。

拳士名獣拳元になった動物上司話数
シユウ幻獣ミノタウロス十二支のサンヨ38話
ハク幻獣ユニコーン十二支のメレ39話
ドロウ幻獣カプリコーン十二支のロン41話,42話
ソジョ幻獣アーヴァンク十二支のロン41話,42話
シュエン幻獣ハヌマーン十二支のスウグ43話
コウ幻獣ケルベロス十二支のスウグ44話
ゴウユ幻獣ケイトス十二支のサンヨ45話
ヒソ幻獣ピクシー十二支のメレ →ロン46話


関連タグ


前身→ 臨獣殿
幻獣王リオ → 黒獅子リオ
ラスボス
登場作品:獣拳戦隊ゲキレンジャー

pixivに投稿された作品 pixivで「幻獣拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10515

コメント