ピクシブ百科事典

グリフォン

ぐりふぉん

西洋の幻獣の一種。 上半身が猛禽類(鷲、鷹、コンドルなど)、下半身が獅子というキメラ型生物。 非常に勇猛でその巣に財宝を隠し持つという。 ときとしてドラゴンさえも追い払う激しい一面を持つとされる。
目次[非表示]
  1. 機動警察パトレイバー』に登場する、レイバー(ロボット)の名前。
  2. デビルメイクライ』に登場する、上位悪魔の一種。
  3. 餓狼MOW』及び『KOF』に登場するキャラクター、グリフォンマスクのこと。
  4. 電撃戦隊チェンジマン』の疾風翔/チェンジグリフォン。グリフォンはマンティコア風になっている。
  5. ソーシャルゲーム会社、株式会社グリフォン


グリフォン

大鷲の頭部と翼を持った巨大な獅子で、性質は極めて獰猛。
名称は「掠め取る」「引っ掛ける」等の意味を持つギリシア語“Griphus”に由来する。
元々は中東~インド発祥で、アレクサンダー大王の遠征を切欠にその伝承がヨーロッパに齎された。

高山等に棲み、その住処に大量の黄金を蓄えていると言われる。
また、食餌としての肉を好むと言う性質がある。この性質の為、後にヨーロッパでは「グリフォンに馬をつがわせる」と言う言い回しは不可能をあらわす常套句となった。

最強の獣であるライオンと、最強の鳥類である鷲を組み合わせていることから、大変に縁起のいい動物とされ、古くは貴族や騎士の紋章として良く用いられた。
一方、権威の証として扱われる事が多い為か、「七つの大罪」では、ライオン孔雀と同じく、「傲慢」を象徴する動物として扱われる事もある。

また、欧米のウェールス系の名称で、名前・苗字共に多い「グリフィス(Griffith)」は、「グリフォンの王」という意味を持っている。

イラストの世界においてはドラゴンペガサスと並び、題材としてしばしば用いられる幻獣のひとつ。
近年では猛禽類に拘らず、様々な鳥類(キジインコ、果てはペンギンまで)の上半身を持つグリフォンが絵師達によって生み出されている。

関連画像

ペルシャ型グリフォン
【PFⅢ】グリフォン【ギガンダル】



関連タグ

幻獣 ヒッポグリフ

グリフォン(レイバー)

形式番号はTYPE-J9。搭乗者はバドリナート・ハルチャンド(バド)。
パトカーを模して白を基調としたツートンカラーの主人公メカ「AV-98 イングラム」に対して、黒を基調としたカラーリングをしている。
「最強のレイバー」の制作を目的としてコスト度外視で制作された非公式の規格外品。その目的からレイバーとの戦闘を想定して開発された戦闘用レイバーを標的として度々戦闘を仕掛けており、世間的には犯罪レイバーとして認知されている。様々な状況下での戦闘データを多数蓄積しているイングラムのデータ奪取を目的として特車二課を標的にするが、その過程で野亜の1号機相手に無様な撤退を余儀なくされ、その光景が一般の報道機関に中継されてしまった事から「最強のレイバー」としてイングラムに完勝する事に執着せざるを得なくなる。最終的に強硬な手段を使って報道機関注視の元でのイングラムとの決戦の場を整えるが、ハード・ソフトの両面で上回る性能を持ちながらも「与えられた機材を使いこなす」操縦者の熟練差によって野亜の操縦するイングラム1号機に撃破される。

関連画像

GRIFFON



グリフォン(DMC)

ムンドゥスに従える腹心であり、上位悪魔の中でもさらに上位の位に位置する悪魔。
巨大な大鷲で、頭と上嘴が四つある姿であり、電撃を操る。
中盤、マレット島の居城から離れたコロシアムで現れ、高密度で強力な電撃でダンテを幾度ともなく追いつめる。
最後まで執念深くダンテを討とうと死力を尽くすも敗北し、最後には利用価値がないということで主人であるムンドゥスによって処分された。
小説版2では、ムンドゥスに叛逆する平行世界のグリフォンが味方として登場する。
こちらでは人の姿にもなっている。

関連画像

グリフォン戦


関連タグ

機動警察パトレイバー パトレイバー レイバー

pixivに投稿された作品 pixivで「グリフォン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1629397

コメント