ピクシブ百科事典

マルシル

まるしる

漫画「ダンジョン飯」に登場するキャラクター
目次[非表示]

人物

種族:エルフ
ローブ(アンブロシア)を装備した、わかりやすい魔法使い。後に現代では禁忌とされる古代魔術を研究している黒魔術師であることが判明している。
年齢は不明だがエルフなので長命らしく、29歳のチルチャックに対し「普通に子供」と発言している。
パーティ中最も「普通」な価値観を持っている(逆に言えば、魔物や他種族に対して強い偏見を持っている)。魔物食には表情豊かに拒否反応を示すものの、実際に食べる段になると誰よりも美味しそうに味わっていたりする。

2年前の冒険でスライムに窒息死させられた過去を持つ。

長い頭髪は魔術の行使に重要な役目を持つ物であるため、何時も丁寧に手入れしている。加えて若い(エルフとして)女性らしく、度々ヘアスタイルを変えている。

かつて通っていた魔術学校では親が宮廷魔術士だったことも手伝って「学校はじまって以来の才女」と言われていた。ファリンとはその頃からの付き合いであり、落ちこぼれと思われていた彼女の隠れた才能を知って驚き、逆に見識を広められ、友達になった。パーティで同行した際には、身を挺して亡者を救うファリンの姿に尊敬の念を抱く。そのためファリン救出にかける意気込みも人一倍高い。


作中での活躍

パーティでは「魔法使い」として、遠距離の爆破・魔方陣を介した火起こし・失神魔法から水上歩行や回復魔法に至るまでこなすなど優秀。反面、エルフの種族特性として体力や運動能力では劣る部分があるため、時折パーティの足を引っ張ることになり、それを気にしているフシがある。それでもアンブロシアである程度の格闘はこなし、杖を持たずに攻撃魔法を放つこともできる。

魔法に関する知識が豊富で、学生のころから将来は自身の手で無害なダンジョンを作りたいと考えており、ダンジョンを構成する生態系を研究を行っていた。そのため、狂乱の魔術師の手になるというダンジョンを『守護の魔物を自動で補充する、何重にも計算された高度な魔術結界』と見抜いている。また、「魔術に善悪なんてない」という信念のもと、禁忌とされる古代魔術をも修めている。
緊急を要することになったファリンの蘇生においては、ライオスの承諾のもとでその古代秘術を行使、見事に成功させた。また、その後狂乱の魔術師その人と対峙することになった際には、最悪の強敵に対して術を直接書き換えるという対抗手段を取り、危ういながらもその場を凌いで見せるなど、その研究と実力は本物である。


関連イラスト

作中でも数少ない女性キャラクターのためか、pixivでのイラストは彼女を描いたものが圧倒的に多い。

マルシルがいっぱい
マルシルピザパン(?)




関連タグ

ダンジョン飯 ファンタジー エルフ

pixivに投稿された作品 pixivで「マルシル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1576145

コメント