ピクシブ百科事典

カイネ

かいね

「ニーア(NIER)」シリーズに登場する人物。または他のキャラクターの名前。
目次[非表示]

誘導分岐

  1. 『ニーア(NIER)』シリーズに登場するキャラクター。本項で解説
  2. 漫画『キングダム』に登場するキャラクター。→カイネ(キングダム)
  3. ソーシャルゲーム『夢王国と眠れる100人の王子様』に登場するキャラクター。


概要

CV田中敦子(レプリカント)/ローラ・ベイリー(ゲシュタルト)
身長1.72 meter
体重聞くなバカ
武器名前など知らん
食欲何でも食うぞ
困った時気合い
好きなもの死なすぞ※☆
コメントこの※☆▽×○☆●□×※★!!!


二刀流の女戦士。その可憐な見た目に反して祖母譲りの豪快さ・言動の荒さが特徴的である。 数年前まで祖母と二人暮らししていたが、巨大なマモノ「フック」に襲われ祖母は死亡。カイネも瀕死の重傷を負うが、その際に半身にマモノ・テュランが取り憑き、「マモノ憑き」となる。

両性具有であることを理由に酷い虐めを受けていた過去の反動と、半身のマモノの浸食を防ぐ為に大胆な下着姿をしており、白の書からは「下着女」と呼ばれ事あるごとに口喧嘩をしている。取り憑かれた半身に包帯を巻いているのは、テュランに対するカイネなりの配慮である。
(※もっとわかりやすく言うと、自分は女性であるということの主張と、マモノは日光を浴びると消滅するからという理由である。)

マモノへの憎悪のみが生きる理由となっていたが、祖母の仇のマモノをニーアが撃破し、復讐が終わったことで目的を失う。その後はニーアのために剣を振るうようになり、行動を共にするうちにニーアへの思いを募らせるようになる。
テュランの影響で彼女のみマモノの声を聞くことができ、二周目以降だとマモノの台詞に字幕があてられる。これにより発生するイベントは極めて悲哀を誘う内容である。

CDドラマ「ウシナワレタコトバトアカイソラ」では、新宿で生活していた頃のオリジナル・カイネが登場。しかし、そこで彼女が元々普通の人間ではなく、軍人であった祖父母の遺伝子にレギオンの攻撃パターンを組み込んで生み出されたプログラムド・ベイビーであったことが明かされ、後の時代(ゲーム本編)を生きるレプリカントのカイネが驚異的な身体能力を備える一方で、その身に両性具有という一種の「バグ」を抱えることになった一要因であることが示された。

続編である「NieR:Automata」ではさすがに登場はしないものの、あるサブクエストにて名前が出てくる。また、彼女の持っている剣は「カイネの剣」という名前でDOD3に登場した。


余談

1.カイネが両性具有という設定のキャラクターとして誕生したのは、開発チームの女性に「男性のヒロインを入れてほしい」と言われたのがきっかけ。→ 出典:ガジェット通信

2.ゲシュタルト版で声を担当されたローラ・ベイリーさんは、他には「ストリートファイターⅣ」で春麗の英語版CVなどもやられている方で、オープンワールド型のバカゲーとして名高いSaintsRowシリーズの3と4では、キャラクターメイキング可能な主人公の「女声その1」を担当。ギャングのボスなので「Fu○K」やら「As○h○le」やらと、やっぱり品のない言葉を口走っている。

ロードオブヴァーミリオンⅡ

仲間の実験兵器7号と共に参戦。属性は闇、種族は魔種。特殊技は「てめえの★※$を¥△&♯!」(自身のATK上昇+弱点消失+攻撃が貫通するようになる)。
実験兵器7号と共にデッキを組んだ状態で100勝すると、称号「迸ル狂気」が手に入る。
相当強くて評判が高い。

武器物語(ウェポンストーリー)

概要で触れたようにDOD3において彼女の剣が「カイネの剣」という名で登場したのだが、その際に書かれた武器物語(ウェポンストーリー)は以下の通り。

「女は二度失った。
 最初は、大切な祖母を。
 二度目は、大切な友を。

 女は殺した。
 彼女から大切なモノを奪った敵を。
 彼女に復讐の呪いをかけた敵を。

 女は失った。
 復讐の為に戦う意味を見失っていた。
 殺戮の中で生きる意味を見失っていた。

 女は夢を見た。
 暗い洞窟の中。
 いつか訪れる死の先で、大切な人に会える夢を。」


関連イラスト

kaine
無題


カイネ
カイネ


カイネ
カイネ



関連タグ

ニーア

pixivに投稿された作品 pixivで「カイネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5453705

コメント