ピクシブ百科事典

グリフォン(レイバー)

くろいれいばー

グリフォンとは、「機動警察パトレイバー」に登場するレイバーである。
目次[非表示]

概要

シャフト・エンター・プライズ社のレイバー。製造は【SEJ土浦研究所】で、『最強のレイバー』を目指して製造された「実験戦闘用レイバー」で型式番号は【TYPE-J9】。

民衆からは『黒いレイバー』と呼ばれている。


スペック

全高:8.55m
全幅:7.15m
乾燥重量:7.60t
最大起量:3.50t
OS:ASURA


「(作中の)現在技術的に考えられる最高の性能」を実現するために莫大な研究・開発費用を導入しているため 運動性能・パワーはイングラムを始めとしたあらゆるレイバーを凌駕している。

背部にオプションユニットの装着が可能で、短時間ではあるがジェットエンジンによる飛行を可能にした「フライトユニット」や水中での航行を可能にした「アクアユニット」が確認されている。

このユニットは、任意で切り離すことが可能となっていて【囮】として使用することも可能。


OSも現行のレイバーと互換性がない【ASURA】と呼ばれる特殊なシステムを採用していて、
これが、本機に「生物のような動き」を可能させている。(が、その情報処理に必要なシステムは膨大でコクピットの大半を機器で埋め尽くすほど。)
ASURAのおかげなのか、グリフォンの指で地面に「ぐりふぉん参上!」と落書きができる。


戦歴


【コミック版】

  • 晴海にて特車二課第二小隊のイングラムと交戦。 しかし、相手をしたのは太田機で野明機とは交戦せず そのままフライトユニットを起動させ「レイバーが空を飛ぶ」という前代未聞の出来事を披露し周囲を驚かせた。

 
  • 城門にて野明機と交戦。 序盤こそ有利に展開していたが、太田の援護射撃によりメインカメラが破壊される。 そこからSSSの妨害工作により機体にダメージが加わった状態で野明機と格闘戦を繰り広げる。 第一小隊の96式の乱入により、腕を切り離し飛行による撤退を計るが 満足に行えるコンディションでなかったため海に墜落 二番機によって無事回収された。

  • 第一小隊のAVR-98を始めとしたレイバーと交戦するが、搭乗者が一時的に逃亡したためシャフト上層部を欺くために爆破される。

  • 最後の一体である三番機で、特車二課の【AVR-0】と交戦。最初こそ苦戦を強いられるが弱点をついたことで、格闘戦で圧勝する。
本命の野明が駆るイングラムとの決闘では苦戦を強いられてしまい最終的には圧倒され ついに敗北してしまった。

後に特車二課のスタッフによって、トレーラー内に専用のハンドガンがおいてあったことが判明した

【アニメ版】
  • 晴海レイバー見本市にて特車二課第二小隊のイングラムと交戦。 しかし、相手をしたのは太田機とエコノミータイプだけで野明機とは交戦せず そのままフライトユニットを起動させ「レイバーが空を飛ぶ」という前代未聞の出来事を披露し周囲を驚かせた。

 
  • バビロンの城門にて野明機と交戦。 序盤こそ有利に展開していたが、ひろみの支えによる太田の援護射撃によりメインカメラが破壊される。 そこからSSSの妨害工作で使われた爆弾の引火からの誤爆により機体にダメージが加わった状態で野明機と子供の喧嘩に例えられた格闘戦を繰り広げる。 
 第一小隊の介入もあったが、腕や脚を切り離し飛行による撤退を計るものの、十分に飛行する浮力が得られず海に墜落。内海は極東マネージャーに依頼しバドを回収。機体の一部は警視庁が海中から引き上げられたが榊班長曰く「(ハリボテ擬装でない)相当妙なシロモノ」らしい。

対象に搭載されているシステムの欠点を突いて、大破させメーカー送りにした。
後にやってきた第二小隊のイングラムと交戦。太田機と野明機の両者を相手にしても圧倒し続けたが、増援の香貫花が駆る三号機に苦戦。ECMで視界を奪われた状態で急ピッチで部品交換が済まされた野明機と格闘戦を繰り広げるが、敗北。 機密の保持のために本機は爆破された


最強を目指したものが、敗北してしまったのは何故か?


コミック版にて敗北した本機は、マシンスペックで負けたわけでもパワーで負けたわけではなく

搭乗者と共に活動する【経験】の数だった。


イングラム一号機を駆る泉野明曰く『アルフォンスはね・・・あたしが毎日乗って、あたしが動きを教えて、あたしと一緒に経験をたくさん積んで、ここまで成長させてきた。 気まぐれで遊ぶオモチャとは違う!』とのこと。

本機の登場回数や描写を見ると、搭乗者が「より強くなろう」と訓練している描写新しい動きを覚えさせたりする描写がなく TVゲームやラジコンなどで遊んでいることが多く、グリフォンも【イングラムを倒すためのロボットバトルゲーム】の一つとしか見ていなかった。


立体物

バンダイからプラスチックモデルとして販売された。 「1/60 TYPE-J9グリフォンレイバー」という製品名で販売されたが 後に販売されたMGシリーズは「TYPE-J9 グリフォン(アクアタイプ)」が販売された。(前者はフライトユニット、後者はアクアユニットが付属) 
格闘戦のイメージが強かったからか コミック版に登場したハンドガンが付属しない。

コトブキヤのD-スタイルシリーズにラインナップ。 こちらはフライトユニット⇔アクアユニットの両方が付属し、パーツの交換により再現が可能。 また、リボルバーカノンが付属している。

また同シリーズのイングラム一号機が同梱した「イングラム&グリフォン対決セット」なるものも販売。仕様は同じだが、スタンドが付属する。

pixivに投稿された作品 pixivで「グリフォン(レイバー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4446

コメント