ピクシブ百科事典

AVS-98

えーぶいえすきゅうはち

ゆうきまさみの漫画版パトレイバーにおける特車二課第一小隊の新型機である
目次[非表示]

データー

機体番号:AVS-98
機体名:(設定なし)
開発メーカー:篠原重工
全高:8.02m
全幅:4.37m
総重量:5.89トン
装甲材質:FRP CFRP
211号機フォワード:石和巡査部長
212号機フォワード:古賀巡査


概要

晴海埠頭で猛威を振るったシャフト・エンタープライズ・ジャパン企画7課のTYPE-J9グリフォンの出現で、新型パトレイバー導入の見直しを迫られた警視庁と篠原重工が、AV-98イングラムの設計を煮詰め直して完成したのが本機である。
(操縦者の技量にもよるが)グリフォン相手に相当善戦する程で、イングラムの後継機としてに相応しい性能を有している。また操作性等もイングラムより向上している他、篠原重工開発部帆場暎一のHOS(劇場版とは異なる)の搭載により、ソフトもより最適化された。

篠原重工で初期型が3機建造され、新設予定であった特車二課第三小隊に配備予定であったが、諸事情で第三小隊は保留となり、老朽化が著しい96式改に替わって2機が第一小隊に配備され、残り1機は訓練学校に配備された。 アニメ版にも登場するが、アニメではAV-0ピースメーカーが新型機として採用されたので、立ち位置は異なる(後述)

劇中の主な活躍

廃棄物13号との戦いの少し後に完成し、完熟訓練の後に第一小隊に配備される。
初の実戦となるテロリスト集団「地球防衛軍」の改造レイバー相手に、石和巡査部長の211号機が挑み、これを圧倒するも、実はこの事件は企画7課によるグリフォンのデモンストレーションの為の囮であり、別方向から現場に向かっていた古賀巡査の212号機が奇襲を受けてしまった。212号機は不意打ちにも関わらずかなり奮戦するも、リボルバーカノンを奪われて頭部を破壊されて機能停止してしまう。
続けて改造レイバーを片付けた211号機が戦闘に入り、格闘戦でグリフォンを取り押さえる寸前まで追い込むも、水路に落ちて機体に不調を起こしてしまい、駆けつけた第二小隊の援護も上手く機能せず敗退してしまう。

がんばれ第1小隊


終盤では特車二課を襲撃してきた企画7課の率いるレイバー「ハヌマーン」相手に、5体3という圧倒的不利な状況の中で奮戦するも、212号機が不意打ちで破壊され、残る211号機と太田のイングラム2号機も、福島課長が人質に取られた為に止む無く武装解除し降伏した。

派生機体

AVS-98「エコノミー」


機体番号:AVS-98(アニメのみ)
機体名:エコノミー(関係者間での仮称で正式名称ではない)
開発メーカー:篠原重工
全高:8.02m
全幅:4.37m
総重量:5.89トン
装甲材質:FRP CFRP
劇中の搭乗者:篠原遊馬巡査

次期パトレイバー候補として試作されたイングラムの量産試作機。漫画版とアニメ版同じ設定で登場しているが、アニメ版ではこの機体に「AVS-98」の機体番号が振られている。
廉価版(エコノミー)のあだ名の通り、イングラム1機を下取りに出せば10機は買える値段。イングラムと比べて構造もかなり簡略化されており、コックピットは密閉型ではなくキャノピーによる有視界型で、センサー類も最低限のもの。下半身のサスペンションもフニャフニャである。
それでも篠原重工お得意のオートバランサーは一級品であり、サスペンションの簡略化が乗り心地の向上に繋がっており、居住性だけはイングラムを上回る。
だが操縦席はほとんど民生用の自動車同然で、体を固定するのは何とシートベルトであると見ただけで頼りないことこの上ない。
そして案の定、初陣で弱体ぶりを曝け出した。
晴海埠頭で開催されたレイバーショウに出店され、遊馬がイングラム1号機の起動ディスクを使って試乗している所に、グリフォンが乱入して太田の2号機に襲い掛かったので、救援のためにグリフォンに挑むが、イングラムでさえ歯が立たない相手にこんな安物で勝負になるはずもなく。フルボッコにされた上に太田のリボルバーカノンの盾にされ大破する。
結果、次期主力機には不適当とされ開発は中止された。

AVS-98MK2「スタンダード」

AVS-98 Mk-Ⅱ


機体番号:AVS-98MK2
機体名:スタンダード
開発メーカー:篠原重工
全高:8.02m
全幅:4.37m
総重量:5.89トン
装甲材質:FRP CFRP
劇中の搭乗者:泉野明巡査、五味丘巡査部長、他数名

エコノミーの発展改良機で、漫画版のAVS-98とほぼ同じ物である(カラーリングが黒)
イングラム同様に学習型のソフトを採用しており、第一小隊へ配備へ向けたデーター向上の為に特車二課の面々が試乗している。機体性能もイングラムに劣るものでは無いが、イングラムとの模擬戦において「まだ搭乗者の工夫で性能差を覆せる」という事が明らかとなり、南雲隊長の「イングラムに確実に勝てる機体を待とう」という意見により採用は見送られた(それから再三改良を加えて完成したのがピースメーカーである)。
その後、警備用に一般販売されている。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「AVS-98」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1967

コメント