ピクシブ百科事典

1.実在する機関砲の形式
2.『機動警察パトレイバー』に搭乗する架空の兵器→リボルバーカノン(機動警察パトレイバー)
3.『サクラ大戦』シリーズに登場する巴里華撃団の最終兵器→リボルバーカノン(サクラ大戦)

ここでは実在する兵器としてのリボルバーカノンを解説する。

概要

拳銃リボルバーのようにチャンバーが円形に複数(最低3つ)並ぶシリンダーを持ち、これを回転させて各チャンバーで自動装填・発射・自動排莢を交互に連続して行うことで連射を行う機関砲。ガトリングガンを薬室だけ回転するようにしたものと考えてもいい。
回転部分が軽い分、ガトリング砲より立ち上がりが早いのが特徴。ただ発射レートはガトリングガンには及ばないものの、チェーンガンよりは高い。また多くは外部動力に頼らない自立駆動型(この場合不発や遅発のときに動作不良におちいる)だが、構造的には外部動力式も容易に開発でき、またチャンバーへの装填も前装型にも後装型にも設計できる(流石にどちらからも装填できる物は今のところ無いが)ので様々なレイアウトに出来るため、航空機関砲としてかなり優秀である。
ドイツマウザー社が第二次世界大戦中に開発していた「MG213」が原型で、20㎜型と30㎜型があり、どちらも同口径の機関砲に比べれば大型で重いが、それ以上に強力な性能を持っていた。「MG213」自体は戦争に間に合わなかったが、この技術を接収したなどで開発が続けられ、実用化された。
このためか欧州戦闘機には、リボルバーカノンを積んでいるものが多い。戦後のマウザー社自身もリボルバーカノンを開発販売している。
またロシアでも採用例があるほか、アメリカでもM61ができるまでは使用していた。


ちなみに国家権力の人型作業機械武器凱旋門からせり出してくる炸薬式カタパルトとは関係ない、と思う。

関連項目

機関砲 チェーンガン ガトリング砲 独国面

関連記事

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リボルバーカノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86349

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました