ピクシブ百科事典

M61

もでるろくじゅういち

ゼネラル・エレクトリック(GE)社が開発した20mmガトリング砲
目次[非表示]

概要

米国ゼネラル・エレクトリック社が開発した、戦闘機や艦艇等に搭載される近接戦闘用のガトリング方式機関砲
20mm口径、6砲身。
愛称バルカン

ミサイルの開発によって一時期はその鳴りを潜めていたが、ベトナム戦争においてミサイルの信頼性の低さや搭載量の問題が明らかになり、当初は機関砲を装備していなかったF-4に 外付け式ガンポッドとして搭載されるなどして復活。(SUU-16、SUU-23)
また、フォークランド紛争以降はファランクスシステムにも採用され、西側の代表的なCIWS(艦載近接防空システム)として各種艦艇にも装備されるようになる。

他にも砲身を6本から3本に減らして軽量化を図り、攻撃ヘリコプターAH-1用に開発されたM197や、地上での運用を前提に調整を施したM168、使用弾を変更したM134などの派生型がある。

ミサイルが高性能化した現代でも、その高い信頼性や近接戦闘での有用性から使われ続けた。
F-22では耐久性の低下と引き換えに軽量化や発射速度の向上を図った改良型のM61A2が搭載されているものの、近い将来A-10攻撃機等を代替する予定のF-35では対地攻撃用として威力を重視したGAU-22/A(25mm口径、4砲身)が採用されている。
また、射程が短くミサイル迎撃に対する不確実性のあるCIWSに代わって遠距離での交戦が可能なRAM(Rolling-Airframe-Missile:回転弾体誘導弾)が開発された事で、艦艇の甲板からも次第にその影を薄めつつある。
ファランクスCIWSのM61を11連装のRAM発射機に取り替えたSeaRAMというものも登場している。

しかし、ゴールキーパーCIWS等と違い軽量であり、独立しているシステムなので船内からの弾薬の供給が不要なため設置場所を比較的選ばない、という点は見直されている。

派生型

  • M61:空軍向けに採用された最初の型で電動式。エンジン出力を上げないと発射できない欠点があった。
  • M61A1:動力を油圧式に改めた改良型。信頼性が高まったこともあって、多くの戦闘機に採用。
  • M61A2:軽量化された最新モデルで、F-22以降採用されつつある。


名称について

バルカンの名称はあくまでも商標名にすぎず、機関砲の分類を示すものではない。
A-10や艦載防空システムゴールキーパーに搭載されるGAU-8(30mm口径、7砲身)にはアヴェンジャー
AV-8BAC-130等に搭載されるGAU-12(25mm口径、5砲身)にはイコライザーといった名称があるのだが、
軍事知識があまり必要とされない娯楽作品ではこれらを含めて
「バルカン=小口径ガトリング砲の代名詞」と見なされる場合がある。

また、欧州ソ連ロシアの航空機には米国式のバルカン砲を採用していないのは当然として、そもそもガトリング形式の機関砲が使われること自体が稀であった。
その為、多くはオートマチックキャノンやリボルバーキャノンなどが航空機用の機関砲として採用されている。

フィクションにおいて

  • ガンダムの頭部についているバルカン砲にはカバーが取り付けられていて中はちゃんとガトリング砲の体を成している。 (これらをバルカン砲と呼ぶのは厳密には誤りではあるが) 更にロボットアニメゲームなどでは主にビーム兵器が使われており、実弾を発射するバルカン砲は「最弱の武器」という扱いを受ける事が多いが、対人・対軟目標攻撃に使用した場合は対象をバラバラに吹き飛ばすだけの威力を持っている。
  • とある特殊部隊所属の大男は、こいつをM134のように人が持ち運べるように改造したものを使う。
  • 現代に召喚されたある英雄は、自衛隊のF-15J自分の能力を利用して支配下に置き、装備されていた日本ライセンス版の『JM16A1』を敵対者のヒロイン目がけてぶっ放すというとんでもない攻撃を繰り出した。のちにスマホアプリゲームに進出した際、この攻撃は超必殺技に採用されることに……


関連タグ

機関砲 ガトリングガン CIWS

pixivに投稿された作品 pixivで「M61」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20047

コメント