ピクシブ百科事典

ホラー(牙狼)

ほらー

ここでは、牙狼に出てくる敵について説明する。
目次[非表示]

概要

森羅万象に存在する闇「陰我」と関わりを持つ魔獣。普段は魔界に棲息しているが「陰我」を宿した物体を「ゲート」としてこちらの世界にやって来て、邪悪な人間、心の弱い人間が抱くに反応して取り付く。
黒い霧で出来たガーゴイルのような「素体ホラー」(ちなみに紅蓮の月では餓鬼のような姿)が人間に取り付くと、憑依された者の本来の血肉は消失しホラーのそれの置き換わるが、引き続き憑依対象の姿(人間態)をとることはできる。

人界で肉体を得たホラーは人間のを捕食する怪人であり、太古の昔より魔戒騎士魔戒法師によって討伐されてきた。
だが、こちらの世界に現れたホラーの体はあくまで「器」であり、倒しても存在自体は滅びず本体が魔界に還るのみ。
しかも人間の心の闇に反応してこの世界に現れる存在であるため、人類が存在する限り魔戒騎士・魔戒法師の戦いが終わる事はない。

特徴

素体ホラー時の姿には個体差がないが、人間に取り付いて実体化すると、ゲートとなった物体や憑依相手の性質の影響を受け、個体によって多種多様な形態や能力を示すようになる。
捕食や戦闘において、全身だけでなくなど特定部位だけを変容させるホラーもいる。

ホラーにはそれぞれ固有の名前があり、魔戒騎士・魔戒法師が人界に現れたホラーを征伐する際は、憑依相手ではなく憑依したホラーの名前で呼ばれる事が多い。
実体化したホラーは、憑依相手が知り得ない知識(魔戒騎士の存在など)を持ち続けているが、憑依相手が元々持っていた精神の影響も受ける。
ケースによっては憑依対象の人格を(悪い意味で)そのまま残したようなホラーもおり、その場合は憑依対象の名前で呼ばれる事もある。

ホラー一覧

陰我ホラー

無印

アングレイ
イシュターブ
モラックス
パズズ
ルナーケン
ウトック
モロク
ハンプティ
アスモディ
ダンタリアン
ノウル
ヴエル
ガーゴイル
ハル
12体融合巨大ホラー
ボナファルツ
メシア

白夜の魔獣

レギュレイス
カラクリ
アオムシ
エルズ

REDREQUIEM

カルマ
バウル
ベビル

暗黒騎士外伝

ガリウス
ブレイド
哭竜

MAKAISENKI

シガレイン
ルーザギン
メルギス
ゲノジカ
デスホール
エリンネルグ
ジャアク
レベッカ
カゲツミ
アグトゥルス
ズフォーマー
オリグス
ザジ
ヤシャウル
ライゾン
リグル
セディンベイル
号竜人
ギギ
鉄騎
ギャノン

闇を照らす者

花嫁
パルケイラ
壇田
ユーヤ
遠山未歩
菩阿羅
万樹
ゼドム

魔戒の花

サキュバス
イルギシン
エゴサイレーン
グリムゾーラ
デリィータス
リザリー
カリカジュアン
アウスクターレ
プロファンデス
ドゥオクト

BLACKBLOOD

リング

炎の刻印

ハナムシ
メタクリム
エゾル
オンブラ
バンボーラ
ジェミトレ
アルマー
デスペラ
モネータ
アンフェル
ブラッドムーン
アボラデュラ
コンベクスォ
メディクルス
グランドマグス
マンドゥーラ
アラベル
レジューム
ゲメルス
アニマ

GOLDSTORM翔

デゴル
ムラド
オカベ
ラダン
ヘルツバイ
ビクロ
ブケリ
スクリプトラ
ヴェスタージ
レッサード
ウォスカ
ゼラーザ
ヘデラ
ゲリル
ベグル
ゲルダイナ

紅蓮ノ月

閻剛
骸羅
怒蜘羅
天愚
鎌鼬
山姥
山颪
小袖の手
以津真天
雷獣
手ノ目
闇呑
葬獄
喝破

魔戒烈伝

ガガル
ゲゲム
ババロ
バーテン
ジャン

魔導ホラー

尊士
燕邦
リベラ
鷲頭正彦
白波秀行
議員
医者
妻崎
ハイエナ

石板のホラー

アズダブ
エクスタ
ステラス
グランダ
イドラ
ラテル
アビスコア
ゴギート
ジエンダ
エイリス

その他特記事項

  • 闇を照らす者:魔導ホラーが登場する。通常のホラーとは違いゲートを介さず、人間に憑依しない。また魔導火では見ることが出来ない。
  • 紅蓮ノ月平安時代の日本を舞台としたため、カタカナ表記ではなく「火羅」と漢字表記である。


関連タグ

牙狼GARO 特撮

pixivに投稿された作品 pixivで「ホラー(牙狼)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3159

コメント