ピクシブ百科事典

闇を照らす者

やみをてらすもの

牙狼〈GARO〉シリーズの一つ。
目次[非表示]

概要

2013年4月から9月までテレビ東京系列他にて全25回放送された。主役が前作までの冴島鋼牙から放浪の魔戒騎士の道外流牙に変わり、その他の登場人物たちや舞台も一新された。
作品内に登場する「ボルシティ」へ道外流牙が訪れたところから物語が始まる。なお、2015年4月から9月まで放送された『牙狼〈GARO〉~-GOLDSTORM-翔~』はその続編にあたる。

牙狼シリーズでは戦闘シーンにおいて、3DCG技術が大いに活躍しているのだが、本作ではCG表現のノウハウ構築・更なる可能性の模索のため、敢えてスーツ・着ぐるみでの撮影を全面封印。全ての鎧・ホラーを3DCGモデルのみで表現するという試みがなされた。
これにより合成費用とスケジュール圧迫がかさむという問題も生じ、鎧の戦闘シーンの減少にも繋がったのだが、CGで何ができるのか・どういう問題が起きどのように解決すればよいのか、というノウハウの蓄積は、後続の作品制作において大いに役立つことになったという。

本シリーズと冴島鋼牙の初代シリーズは、直接的な繋がりを意識していない、別世界観として描かれていたが、2016年放送の「魔戒烈伝」の最終回では、両シリーズのクロスオーバーが見られる。

主要登場人物

魔戒騎士・魔戒法師サイド

主人公。放浪の身。召喚する鎧はほとんどの部分が本来の黄金ではなく漆黒となってしまっている。

無類の女好きだが、感情豊かなこともあってか表情の見せ方が大きい。鎧は赤色。
名門出身で、沈着冷静、知識が豊富。鎧は青色。
魔戒法師。莉杏の師匠で、流牙とは過去に因縁がある。
魔戒法師。法術と体術に優れており、ホラーを封印可能な魔戒銃を所持・使用。
魔戒法師だった流牙の母親。符礼からは流牙が幼いころに死んだと聞かされている。
流牙が常に手につけていた、意思を持つ指輪。他の牙狼シリーズのザルバとは同一のものかは不明。

ホラーサイドほか

この作品内における魔獣。通常のホラーとは違いゲートを介さず、人間に憑依しない。また魔導火では見ることが出来ない。

自分に従う魔導ホラーを生み出し、ボルシティを裏から牛耳っていた張本人。
滔星の父親である金城グループ総帥の金城憲水の秘書であるが、滔星の命令で魔導ホラーに適していた人材を探していた。
滔星の配下の魔導ホラー。ボルシティのテレビ局に所属するニュースキャスターの立場から、情報操作を行っている。
ボルシティの治安維持を任された特殊部隊・SG-1の部隊長。当初は第三者的立場にいたが、中盤で滔星、尊士に陥れられて魔導ホラーにされてしまう。

関連タグ

牙狼 GOLDSTORM翔:これの続編
魔戒ノ花:牙狼シリーズの次作
ディストピア

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「闇を照らす者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110481

コメント