ピクシブ百科事典

洲崎類

すざきるい

深夜特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」の登場人物(画像右側)。

演:前田希美

概要

牙狼<GARO>~闇を照らす者~』の第7話で初登場した一般人の少女。

ボルシティの新興住宅地へと移住しにやって来た一家の長女であり、母と弟と祖母の4人家族。
父と祖父は既に亡くなっており、母が女手一つの家庭を支えてきた苦しい状況を一変させるべく、新天地としてボルシティの移住を希望していた。

ひょんな事から知り合った魔戒騎士蛇崩猛竜から「この街は危険だ」と警告されるが、当の類は幸せを夢見て移住して来た故に耳を貸さなかった。
実は移住する人々をサポートする移住管理局の課長・白波は魔導ホラーであり、今まで移住してきた多くの人間を他のホラーの餌にしていた。
そして、新興住宅地に迎え入れられた洲崎一家もホラーに襲われそうになったものの、駆けつけた流牙達に救われた。
その後、気を失っている間に莉杏に記憶を消されて住民票も移住不許可の印を偽装して返された事によって次の街を目指して車に乗ってボルシティから出ようとしたが、目の前に現れた尊士の手で一家全員ボルシティへと逆戻りしてしまう。
類だけは運良く途中で記憶を取り戻して符礼に救出されたものの、他の家族は車だけを残して姿を消してしまった。

次の回では符礼の手で今までの記憶を消されて代わりに「初めから孤児だった」という記憶を与えられてボルシティ内の花屋で働くようになり、再び出会った猛竜と親しくなった。
なお、姿を消した家族はのちにホラーの非常食にされた事が判明しており、材料として魂だけを工場のカプセルに封じられていたが、最終的に流牙達の弔いの炎で成仏していた。

最終回では莉杏の手で例外を除いてボルシティの人々からホラーの記憶が一切消去された事に伴って再び記憶を消されてしまい、その状況を悟った猛竜は涙ながらに類と別れる事となった。

関連タグ

牙狼 闇を照らす者 蛇崩猛竜
一般人 花屋

御月カオル尋海アリスララ…魔戒騎士と親しくなった一般人女性繋がり。

関連記事

親記事

闇を照らす者 やみをてらすもの

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「洲崎類」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149

コメント