ピクシブ百科事典

ザムザ星人シェイク

ざむざせいじんしぇいく

ザムザ星人シェイクとは、『特捜戦隊デカレンジャー』に登場するアリエナイザーである。

「千倍パワーで宇宙まで吹っ飛びな!!」
CV:日下秀昭

概要

ナルシストが多いとされているザムザ星人のアリエナイザー

嘘をつくことが重罪とされているザムザ星人でありながら、平気で約束を破り信頼を裏切ることに何の疑問も抱かない卑劣漢で、犯罪に使われることを承知のうえで爆弾を制作し、他のアリエナイザー達に売りさばいていた。
宇宙警察に捕まり監獄惑星プリズロンに収監されていたが、エージェント・アブレラの力を借りてプリズロンを爆破して脱獄。多くの監守や囚人を虐殺すると、自分が作った爆弾の性能を強化する薬品を手に入れる為、薬品を預けた元恋人のザムザ星人マイラのいる地球にやってきた。

マイラの居場所を突き止め彼女の前に現れたが、事前に張り込んでいたデカレンジャーに発見されたため怪重機「シノビシャドー」で逃走。
改めてマイラと連絡を取り合い、目的の薬品を手に入れようとしたがバンの行動で失敗。

シノビシャドーに乗り込みデカレンジャーロボと戦い強化した爆弾で苦しめたが、「監獄惑星プリズロン爆破の主犯として宇宙騒乱罪及び大量虐殺の罪」でデリート判決を受け、発射した爆弾を撃ち返されシノビシャドーが爆散。

自身は脱出したが、ディーバズーカでデリートされた。

スペシャルポリスの情報によると、ザムザ星人の男性はライオンのような赤い髪と四本の角を持つが、女性は人間に似ている。
古くは狩猟民族として男性が超人的に強く、恐るべき怪力と目から電撃を発する能力が現代でも残っているとされる。
また嘘をつくことを一番の罪としており、人の心を裏切る行為にはほかのどの宇宙人よりも厳しく、ザムザ星人の社会では「裏切り」という行為は考えられない。

関連タグ

アリエナイザー

コメント