ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:稲田徹スーツアクター日下秀昭
宇宙警察地球署の署長を勤めるアヌビス星人で、デカレンジャーの面々からは「ボス」と呼ばれている。現役時代は「地獄の番犬」と呼ばれ、多くの犯罪者達から恐れられた伝説のスペシャルポリスでもある。宇宙警察内でも広くその名は知られており、宇宙警察最高司令官からも信頼されている。

今では第一線を退いて久しく、厳しくも温かい目で若き刑事達を育てている。
ボクデン星に伝わる「銀河一刀流」という剣術の免許皆伝であり、かつて師範の息子であるビスケスとは兄弟子の関係にあった。この為、地球署でも最強格の警察官であり、頼れる指揮官である事は間違いないのだが、特に強い信頼で結ばれているスワンが絡むと、普段の冷静さが崩れて感情的になったり、人質を取られると劣勢になる事もあった。
変身前での武装は、基本的にはデカレンジャー達と同様にSPシューターとなっているが、稀に変身前でもDソード・ベガで戦う事もある

vシネマ『10years_after』の時点では、何者かによって宇宙マフィアへの情報の横流しと目撃者の殺害というありもしない罪をでっち上げられた挙句、負傷して意識不明になってしまう。おまけに点滴には毒液が仕込まれており、回復もままならないという有様であった。事件の真相はドギーに自分の正体に勘付かれた、宇宙警察銀河系管区警察局局長カイト・レイドリッヒが仕組んだ捏造であり、後にドギーは無実だった事が証明された。

ちなみに「30大スーパー戦隊超全集」の付録DVDではニンジャストームからミスティックフォースまでのパワーレンジャーシリーズの解説を行なっていた。

デカマスター

地獄の番犬


そんな彼も有事の際には変身手帳マスターライセンスを使って、デカマスターに緊急変身する。
しかし既に現役は引退しており、今はあえてデカレンジャー達の成長の為に、基本的には余程の強敵が現れるか緊急時か、もしくは個人的に因縁のある相手でも登場しない限り変身はしない。
詳細はデカマスターを参照。

デカレンジャー以外でのボス

声優が呼べれば簡単に出演できるフットワークの軽さから、その後の作品でも定期的に登場している(要は戦隊版のイマジンズに近い)。更に年長者故に現行作品の登場人物の成長を促がす事もできる為に、基本的に出演すれば見せ場がある。

スーパー戦隊VSシリーズ

VSアバレでは整体師に背骨を直してもらい、マジVSではウルザードと対決した。
また恐竜やの常連だったらしく、その縁で杉下竜之介小津深雪とはお知り合い。

海賊戦隊ゴーカイジャー

第5話でデカレンジャーの大いなる力をゴーカイジャー達に託した。最終回では同じく警察であるシグナルマンと共にゴーカイジャーを見送っている。

パワーレンジャー・S.P.D.

もふもふクルーガー


B-スクワッドの隊長。かつて母星であるシリウス星を守るためにトゥルービアン軍と戦ったが敗北し、妻子と母星を失った過去を持つ。後々の後日談ではS.P.D.最高司令官に就任した。
後に妻は生存が確認された。

宇宙戦隊キュウレンジャーSpace.18

並行宇宙にいるキュウレンジャーたちが通ってきたワームホールについて伝えるため、センちゃんウメコに事情聴取を受けていたショウ・ロンポーガルハミィと対面。
ガルとは外見が似ているためハミィには「ガルのお兄さん!?」と言われ、ガルには「兄貴~!会いたかったガルー!……って何やらすんじゃオイ!」とノリツッコミされ、ショウには「弟さんには、いつも助けられています」とそのノリで頭を下げられ、自分も「いやいや。これからも、弟をよろしく……って俺にまでやらせるな!」と言うなどノリツッコミのオンパレードなコントのような状況になってしまい、センちゃんには「(この流れに)乗ったのボスの方でしょ!」と言われてしまった。
その後、キュウレンジャーの帰還を見届けた際に「並行宇宙にもスーパー戦隊が存在していたとはな」と語った。
その後ウメコが「オッキュー!」と返事をしたのを見て、「『オッキュー』は論外だろ」と言った。

スーパー戦隊最強バトル!!

デカレンジャーからは唯一の参戦となり、剣豪チームに振り分けられ、シンケンレッドとタッグを組み、射手チームのブルードルフィンイエローターボ組を圧倒する。
BATTLE3では「ゴーカイジャー」「キュウレンジャー」での出来事が言及されマーベラスとは既に顔馴染みであり、セイザブラスターを見てスティンガーがキュウレンジャーの一員であることにも気づいた。
また、スティンガーと同じく潜入捜査をしており、真実を突き止めるのに協力。途中、倒れていたマーベラスを助けた後、カグラと対戦。ガイソーグを出現させるために自身がわざと負けるという作戦(この際、カグラから「私が負けた方が」と言われたが、潜入捜査のために参加した自分に対し、大きな願いを掲げてきた彼女を優先させた)をたて、対戦後に書物の通訳をしたマスターライセンスとディーワッパーを彼女に託す。
獣人型宇宙人だがスティンガーと異なり大和からは然程興味を示されていなかった。

スーパーヒーロー戦記


容姿

魚のヒレのような耳と青い毛並みのドーベルマン獣人然とした姿が特徴。
パワーレンジャーでは、本家よりマッシブでコーンロウとしたたてがみと魚のような目と鱗が特徴。これはあちらでは宇宙人っぽくないかららしい。日本とアメリカにおける宇宙人へのイメージの違いが垣間見える。

その他

  • その人徳などから「抱かれたい犬No1」「上司にしたい犬No1」などのネタがたまに使われる。
  • 演じた稲田氏は役へ深い愛情を注ぐ事でも有名であり、ドギーについてはその格好良さや作中での活躍ぶり、さらにドギーは特に特撮での彼の役にしては珍しく、完全な味方キャラなのもあって思い入れが強いらしく、番組のロゴ入り帽子を用意したり放送終了を泣いて惜しんだりしたとの事。また狛村左陣等ドギー以降に演じた一部の獣人キャラは、彼のオマージュとも言われている。
  • 彼の本当の強さは戦闘能力よりもむしろ、自分でもう死んだと思っても生き存えてしまうしぶとさである。
  • デカレンジャーのキャラクターとしては最初にデザインされており、彼のイメージカラーは新造人間キャシャーンに登場する犬型ロボット『フレンダー』を意識しているらしい(※)。


※参考文献:特捜戦隊デカレンジャーコンプリート・ブック(用田邦憲・著/双葉社)


関連タグ

特捜戦隊デカレンジャー 理想の上司 犬のおまわりさん

白鳥スワン 戸増宝児 江成仙一 礼紋茉莉花 胡堂小梅 赤座伴番 姶良鉄幹
アリエナイザー

賢神トリン ショウ・ロンポー:同じく獣人の司令官
ガチレウス:中の人が同じだが、ドギーが理想の上司の人物像なのに対し、こちらは絶対上司にはしたくない敵幹部

歴代番外戦士
黒騎士ブルブラック/黒騎士ヒュウガ→ドギー・クルーガー/白鳥スワン小津深雪/小津勇

外部リンク

特捜戦隊デカレンジャー マスターライセンス| プレミアムバンダイ

関連記事

親記事

地球署 ちきゅうしょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドギー・クルーガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1108247

コメント