ピクシブ百科事典

重戦士(ゴブリンスレイヤー)

ごぶりんすれいやーのじゅうせんし

重戦士(ゴブリンスレイヤー)とは、ライトノベル及び漫画『ゴブリンスレイヤー』の登場人物である。 メイン画像左側。
目次[非表示]

『っしゃあ!いい加減、雑魚相手も嫌になってたとこだ!“大物喰らい”が俺の本職だからな!!』

概要

CV:濱野大輝

辺境の街を活動拠点とする冒険者の男性。階級は第三位『銀等級』。

両手持ちの大剣を振るい、戦いにおいては大物食いを本分とする重鎧の益荒男。女騎士や半森人、少年斥候や圃人の少女巫術師と一党を組み、“辺境最高”と呼ばれる一党の頭目として少年斥候や巫術師たちからは"兄ちゃん"と呼ばれ慕われている。女騎士からは密か(と思っているのは当の女騎士だけだが)に好意を向けられているが、色恋事が不得手なのか対応に困っている様子。

当初は大剣(グレートソード)を洞窟で使ったがために引っかかり大ピンチになったことがあるが、鍛え上げた現在の実力はギルドでもトップクラスであり、山賊や祈らぬ者達を相手に戦果を上げてきた。また、新人剣士など経験不足の冒険者を鍛えることもしている。
吟遊詩人に歌われるほどであるが、その内容は「黒い甲冑を着て暴れまわる呪われた戦士」と言うもので、聞いた女騎士が百面相した代物だが、当人としては悪くないと言った感じの模様。

冒険者になった経緯は「片思いしていた故郷の少女が親友と結婚してしまい、居たたまれなくなって逃げ出すように村を出た」という理由。その少女に対しては告白もできなかったようなので、やはり恋愛面に関しては奥手なのだと思われる。

初のゴブリン退治ではだんびらを引っ掻けるというミスを犯したものの、冒険前にポーションや解毒剤を準備し、少女巫術師に呪文を大物を相手する時のために節約するように言うなど、失敗しても仲間とフォローしあったため痛い目を見つつも一党全員生還する事ができた。
イヤーワンでも白磁でありながら臨時の頭目として冒険者達に指示を出し、少々の犠牲を出しつつも本隊と合流するまで耐えきってみせた。

銀等級らしからぬゴブリンスレイヤーを表向きは疎んじてはいるものの、その実、故郷を小鬼禍から守った人物として彼には感謝している。そのためか、女神官達を除けば冒険者の中では、最もゴブリンスレイヤーに気さくに声をかけている人物でもある。
また、戦略や冒険の志向がゴブリンスレイヤーと似ている部分があり、自身の能力を補強する為のマジックアイテムや薬品を器用に使い分けて戦闘を有利に導いたり、ゴブリンスレイヤーや槍使いと即席のパーティを組んだ際は、ゴブリンスレイヤーの突飛なアイデアに対して、難色を示す槍使いをよそに迷う事なく賛同している。

蛮族と蔑まれた男が己の腕一本で偉大な王にまで登りつめる英雄譚に憧れている節があり、自身を野蛮人と罵る相手に対し偉大な(グレート)が抜けているぜ」と返す事がある。

HFO達の一党

重戦士の一党の女騎士を始め女性陣が軒並み行動不能となったことで手が空いた銀等級の男3人で結成された臨時のパーティー。党名は筆者の仮称。
只人の戦士3人という普通に考えれば失笑ものな編成ではあるが、タンク(盾)役の重戦士、辺境最強の一党ゆえに攻撃力は申し分のない槍使い、そして器用貧乏ながら慎重かつ手数がやたらと多いゴブリンスレイヤーが斥候役に回ることでなんだかんだでバランスが取れた一党となっている。なお頭目は最初に依頼を受けてメンバーを集めた重戦士が担当する。
因みに槍使いは呪文を使え、ゴブリンスレイヤーは斥候や野伏技能に手を出しているので、純粋なHFO(だと思われるの)は重戦士だけである。

回復役がいないことと銀等級の男3人ということからゴブリンスレイヤーの和マンチな意見も取り入れた(女性にはやらせられないような)力業を駆使したやり方が特徴な一党である。
とにかくパワーとタフさを前面に出す重戦士のプレイングは一見脳筋に見えるが、自身や一党の能力を鑑みると合理的な選択をしていることからただの蛮族(バーバリアン)ではないのは明らか。
事実、当初は突飛な提案に面を食らっていた槍使いもすぐさま順応して軽口を叩き合いながら息の合った連係プレイをするようになる。
このトリオ、ノリノリである。

その後12巻で再結成(重戦士が依頼を受け、槍使いがそれに乗り、ゴブリンスレイヤーが引きずり込まれた)。変わらず軽口を叩きながらノリと息の合った連係プレイと力業で障害を突破して行く。

それ以外でも三人で飲みに行ったり、迷宮探検競技の調整の為にゴブリンスレイヤーの卓上演習に付き合ったりと、冒険を離れてもなんだかんだ言って親睦を深めている模様。

なお、ゴブリンスレイヤー曰く「少なくとも俺ともうひとりは脳筋では無い」と言う事だが、多分他のふたりも同じことを考えている。

余談

やる夫AAではベルセルクガッツ(ベルセルク)が配役されているが、孤独だった初期のガッツよりも仲間の増えた現在のガッツのほうが立ち位置が近い。

関連タグ

重戦士 大剣 リーダー

関連記事

親記事

ゴブリンスレイヤーの登場人物一覧 ごぶりんすれいやーのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「重戦士(ゴブリンスレイヤー)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「重戦士(ゴブリンスレイヤー)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18467

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました