ピクシブ百科事典

勇者(ゴブリンスレイヤー)

ごぶりんすれいやーのゆうしゃ

こちらでは、小説『ゴブリンスレイヤー』に登場する勇者に関して解説を行う。
目次[非表示]

『さあ、毎度お馴染みのクライマックス・フェイズだ。いくぞ!────────勇者、推参ッ!!!』

概要

CV:島袋美由利

ゴブリンスレイヤーの物語において、各巻の幕間に登場し活躍している『勇者』の称号を持った只人(ヒューマ)の少女。勇者の証とされる聖剣を所有している。
聖剣によって勇者に選ばれ魔神王を倒した功績によって、冒険者としては歴史上において10人目となっている最高位『白金等級』の地位を持っており、自身と同じく階級の高い女性の冒険者である剣聖、賢者の二人とパーティーを組んで活躍している。

天真爛漫で怖いもの知らずな性格で、どの様な危険な戦いでも嬉々として挑む精神力の持ち主でもある。
両親を失った天涯孤独の身であり、冒険者になる前は孤児院で暮らしていた。

本来の主人公であるゴブリンスレイヤーが、各ストーリーでゴブリンをぶっ殺しまくっている傍ら、彼女はもっぱら剣聖や賢者と共に裏で暗躍する黒幕などと戦っている。
勇者である彼女の率いる一派は、冒険者達の間では有名な存在となっており、彼等の会話の中で様々な武勇伝が語られている模様。
しかし、その活躍はゴブリンスレイヤー達がゴブリン狩りを行っている場所の割と近くで行われている為、結果的にゴブリンスレイヤー達がどんな活躍をしていても、勇者達の活躍の方が優先的に広まってしまう事になっており、つまりはゴブリンスレイヤー達の活躍は吟遊詩人に広められもしない限りそれ程知れ渡ってはいない事に繋がっている。

第3巻でゴブリンスレイヤーと直接会っている(この時はお互い殆ど無関心であったため、少し言葉を交わした程度に留まっている)他、上述の通りゴブリンの裏に潜む巨悪と戦う関係上、何かと彼とはニアミスが多い。ゴブリンスレイヤーの繰り出した奇策が、思わぬ形で勇者一行の援護となった事もある。
数多くの勝利を収め輝かしい功績を叩き出し続けている彼女だが、これでもまだ15歳のうら若き乙女である。

なおやる夫スレにおける彼女のAAはユウキ(以前は涼宮ハルヒ安心院なじみ)である。
AA版では駆け出しの頃に『超勇者』と名乗った事が黒歴史になっている事から、原作者やAA版を知るファンからは『超勇者ちゃん』と度々呼ばれる。
アニメではハルヒに寄ったビジュアルになっている。

勇者としての実力と功績

「勇者」と呼ばれているだけあってその実力は非常に高い。
…というか、もはや規格外そのものとしか言いようがなく、作者直々にシステムが違うと太鼓判を押されるほどの域に達しており、どんな敵が相手でも大抵は一撃で倒してしまう為、そもそも戦いにすらならない。

他者よりも並外れた才能と、恐るべき強運の持ち主で、冒険者になったばかりの時期より魔法を連射できると言う有り得ない能力を持っており、ちょっとした危機に陥っても自力であっさりと回避したり、奇跡的な出来事によって救われたりしている。
適当に目星をつけた所が、見事悪党の本拠地だったりする事も茶飯事である他、ゴブリンスレイヤーとの会話時、彼が仕掛けていた罠に乗ってしまったにも関わらず、それが発動しなかったりもしている。

勇者に選ばれたのも、ゴブリン退治のつもりで乗り出した初めての冒険で、偶然遭遇した魔王の幹部をゴブリンの親玉と勘違いして挑み、ちょっと危機に陥った所で、これまた偶然にも鎮座されていた聖剣に選ばれ、幹部を倒したのが切っ掛けと言う、現実的に考えても有り得ない経緯からである。

ゴブリンスレイヤーの世界観では、例えどんな強者であろうが「生物」としてのレベルアップが起きる事は無く、ゴブリンのような弱者からの不意打ちでも致命傷を負う危険性が消える事はないのだが、勇者である彼女に限ってはそのルールも全く適用されない。
更には作者によると半身ずらして突撃すると敵が死ぬ仕様であり、連射パッド装備で、HPの他にLPを持っており、HPがゼロになると覚醒して復活するとの事である。
ただし、作中ではそもそもHPがゼロになるどころかダメージを受ける事すら滅多にないので実際に覚醒した事はなく、あくまで裏設定(?)に留まっている。
なお聖剣についても「初期特技の自動取得か、ハンドアウトテンプレートによるもの」とのこと。

まさにこれでもかと言わんばかりに神の寵愛と恩恵に恵まれている彼女は、悲惨な過去を経験し血反吐を吐く様な想いをしても未だ中堅止まりなゴブリンスレイヤーとは、良くも悪くも対照的となっており、何度も命を落としかけながらゴブリン達や強力な魔物を倒して生還してきた彼一行の活躍を見事なまでに霞ませてしまう程のチートぶりを見せている。
作者によれば「ゴブリンスレイヤーがバットマン、勇者ちゃんはスーパーマンとのことで、辺境を舞台に身近な人を救うべく戦うゴブリンスレイヤーと、四方世界そのものを救うべく戦う勇者とのことで、まさに対局の存在として位置づけられている。

その能力においても、大前提として「システムが違う」というだけで、勇者もまた他の多くの冒険者同様、サイコロを振って冒険に挑んでいる人物である。つまり正しい意味においてチートではない
勇者の敵対する相手も四方世界を滅ぼさんとする魔神王邪神を召喚せんと目論む邪教団現世に顕現せんとする神代の百手巨人星の世界より飛来した異形のものなど、その能力に見合った恐るべき敵ばかり。
もちろんゴブリンスレイヤー他の冒険者では歯が立たないであろう世界の危機であり、端的に言えば「ひどいレベルでバランスが取れている」のだ。

神々が振る骰子は、宿命と偶然を象徴するものであり、また神々とてその出目を操作することはできない。
そして神も、骰子も、決して冒険者たちの自由意志に関与することがない。
つまりたとえ能力があろうが、サイコロの出目が良かろうが、自らの意志で世界を救うことを選ばない限り、彼女が世界を救うことはできないのである。
そういった意味で、彼女は正しく勇気ある者、勇者だといえよう。

外伝「イヤーワン」にて

ゴブリンスレイヤーの冒険者としての駆け出し時代が描かれる外伝作品「イヤーワン」(本編の5年前)では、幼少時代の勇者と思しき少女が登場。
ゴブリン退治の依頼を受ける形で自身の暮らす孤児院のある村にやってきたゴブリンスレイヤーに対し、変な格好と思いつつも興味を示しており、会話を交わしている。

その後、彼女は聖剣を手にする奇妙な夢を見たと描写されている。
現在、この少女が後の勇者とは明確に語られてはいないものの、現在の勇者に通じる外見ややんちゃさを持ち合わせている事から、同一人物であるとの見方が強い。

もしそうだとすれば、ゴブリンスレイヤーとの出会いや僅かな交流が、彼女が冒険者になる道を選ぶきっかけとなった可能性もあり、つまりはゴブリンスレイヤーの活動がゴブリンに殺されるかもしれなかった一人の少女の運命を変え、未来の勇者を生み出した事で間接的に世界を救う事になるという推測も出来なくもない。

余談

かつては白金等級はそもそも存在しなかったので、最初の白金等級相当の冒険者が出現したときはギルドも気に留めなかったものの、何かやばい奴がいることに気づき、完全にやらかした奴が出てきたせいで制定された経緯がある。

ちなみに彼女以前に存在した白金等級たちは、


……と、どいつもこいつもヤバイ級の化け物揃いである

関連タグ

ゴブリンスレイヤー 小鬼を殺す者 勇者 
ウルトラマンキング同じくチートレベルの強さを持ちながら基本的には主人公達に干渉しない存在

pixivに投稿された作品 pixivで「勇者(ゴブリンスレイヤー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10081

コメント