ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Ys

いーす

ゲームメーカーの日本ファルコムが手掛けている、日本製アクションロールプレイングゲーム (ARPG) 。
目次 [非表示]

概要

あるファンタジー世界において、赤髪の冒険家・アドル・クリスティン<アドルの長年にわたる冒険譚を描いたARPGシリーズ。

20年以上に渡って続くファルコムの看板作品の一つでもある。


現代を舞台とした同社の関連作のAVG『アステカⅠ・Ⅱ』のずっと未来、1987年の第1作『イース』から始まり、2021年現在までに9つの本編と、1以前に当たる物語でアドルが主人公でない番外編となる『イース・オリジン』の計8本のシナリオがゲーム化されている。

またライセンス提供によって本作の世界観を利用した派生作品も他社から発売されている。


このタグがつけられている場合は、1987年の第1作(無印)を指す場合もあるが、以後発売されているイースシリーズの総称を指すことが多い。


『Ⅰ』、『』、『ワンダラーズフロムイース(Ⅲ)』はPC-8801、『』はスーパーファミコン (SFC) とPCエンジン (PCE) SUPER CD-ROM2 、『』は SFC 、『Ⅵ』、『イースオリジン』は Microsoft Windows (Win) をオリジナルプラットフォームとしており、『Ⅶ』はプレイステーション・ポータブル (PSP) 、『Ⅷ』はプレイステーション・ヴィータ(PSVita)、『Ⅸ』はプレイステーション4(PS4)での発売。また、1998年の『イース・エターナル』を皮切りに、初期三作はファルコムの手によってWin向けのリメイク版が開発されている。


イースⅠ・Ⅱ』のように、PCE版やFC版等家庭用ゲーム機にも移植され、それがきっかけで、パソコンユーザーだけでなく、家庭用ゲーム機ユーザーにも広くその名を知らしめることになった。


また、ゲームにおけるメディアミックスの初期の成功例ともいわれ、OVA化、小説化、ゲームブック化、漫画化、などもなされている。


シリーズ一覧

本編にあたる作品は、すべて主人公アドルが晩年に記した回想録(百冊以上)を元にしたもの、というメタフィクション的な設定がなされている。その為、翻訳者(ゲームメーカー)によって全く違うイースを楽しめる。


各作品のナンバリングとシリーズとしての時系列は完全にバラバラで、公式の順序としては、

  • 1,2『失われし古代王国』序章・最終章(アドル17歳)
  • 10『北人の失楽園』(17歳)
  • 4『セルセタの樹海』(18歳)
  • 3『フェルガナ冒険記』(19歳)
  • 5『砂の都ケフィン』(20歳)
  • 8『ゲーテ海案内記』(21歳)
  • 6『翼の民を求めて』(23歳)
  • 7『アルタゴの五大竜』(23歳)
  • 9『バルドゥークの檻』(24歳)

となる。


イース Ancient Ys Vanished

イースエターナル

対応する回想録『失われし古代王国』序章
リメイクイースエターナル

エステリアでの冒険を描いたシリーズ第1作。リメイク版からイースのマスコット的存在であるピッカードが登場し、イース世界に定着する。


イースⅡ Ancient Ys Vanished The Final Chapter

Ys〜the adventure again2〜

対応する回想録『失われし古代王国』最終章
リメイクイースⅡエターナル

天空の地「イース」での冒険を描いたシリーズ第2作。


ワンダラーズフロムイース

フェルガナの誓い

対応する回想録『フェルガナ冒険記』
リメイクフェルガナの誓い

フェルガナ地方での冒険を描いたシリーズ第3作。リメイク版フェルガナの誓いの成功により固定客が定着し、イース人気復活のきっかけとなった。


イースⅣ

対応する回想録『セルセタの樹海』
リメイクセルセタの樹海

森林地帯セルセタでの冒険を描いたシリーズ第4作。最も翻訳者(ゲームメーカー)の解釈が多く4作品とも登場人物は半数以上同じにもかかわらず展開は全くの別物となっている。

現在(2019年時点)のイース史実は『セルセタの樹海』とされている。


イースⅤ 失われた砂の都ケフィン

失われた砂の都ケフィン

元となった回想録『砂の都ケフィン』

ケフィン砂漠での冒険を描いたシリーズ第5作。


イースⅥ ナピシュテムの匣

ナピシュテム

対応する回想録『翼の民を求めて』

カナン諸島での冒険を描いたシリーズ第6作。イース6からYsシリーズの設定を再構築して過去作品のリメイク版設定の統一に反映した。


イース・オリジン

YsO8周年。

対応する回想録『イースの書』

古代王国「イース」の700年前を描いたシリーズ番外編。『イースの書』はアドルが描いた書物ではない。3種の物語を楽しめる。


イースⅦ

Ys SEVEN

対応する回想録『アルタゴの五大竜』

アルタゴ公国での冒険を描いたシリーズ第7作。


イースⅧ -Lacrimosa of DANA-

LACRIMOSA OF DANA

対応する回想録『ゲーテ海案内記』

セイレン島での冒険を描いたシリーズ第8作。


イースⅨ -Monstrum NOX-

イースⅨ

対応する回想録『バルドゥークの檻』

監獄都市バルドゥークでの冒険を描いたシリーズ第9作。


イースⅩ -NORDICS-

対応する回想録『北人の失楽園』

大小無数の島々が存在する北の海「オベリア湾」の冒険を描いたシリーズ10作。


関連イラスト

次の冒険へ

イースの女性たちYS - Feena&Reah


関連タグ

falcom ファルコム 電波新聞社 ビクター ハドソン

PC-88 PC-98 MSX2 FM-77AV FM-TOWNS

X68000 PCエンジン セガマーク3 セガサターン

windows PS2 PS3 PS4 PSP

ニンテンドーDS ニンテンドースイッチ

関連記事

親記事

falcom ふぁるこむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3263534

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました