ピクシブ百科事典

Ys

いーす

ゲームメーカーの日本ファルコムが手掛けている日本製アクションロールプレイングゲーム (ARPG) 。このタグがつけられている場合は、1987年の第1作(無印)を指す場合もあるが、以後発売されているシリーズの総称を指すことが多い。20年以上に渡って続くファルコムの看板作品である。
目次[非表示]

概要

赤髪の冒険家アドル=クリスティンが、古代文明の謎を解き明かしていくARPG。日本のARPGの代表作の一つでもある。現代を舞台とした同社の関連作のAVG『アステカ』、『アステカⅡ 太陽の神殿』の陸地のずっと未来、1987年の第1作『イース』から始まり、2009年9月現在までに7つの本編と、1以前に当たる物語でアドルが主人公でない番外編となる『イース・オリジン』の計8本のシナリオがゲーム化されている。またライセンス提供によって本作の世界観を利用した派生作品も他社から発売されている。

『Ⅰ』、『』、『ワンダラーズフロムイース(Ⅲ)』はPC-8801、『』はスーパーファミコン (SFC) とPCエンジン (PCE) SUPER CD-ROM2 、『』は SFC 、『Ⅵ』、『イースオリジン』は Microsoft Windows (Win) をオリジナルプラットフォームとしており、『Ⅶ』はプレイステーション・ポータブル (PSP) での発売。また、1998年の『イース・エターナル』を皮切りに、初期三作はファルコムの手によってWin向けのリメイク版が開発されている。

原則としてオリジナルとパソコンへの移植はファルコムが開発・販売を手掛けているが、『Ⅳ』だけはファルコムが作成した原案を元にSFC版をトンキンハウスが、PCエンジン SUPER CD-ROM2版をハドソンが、それぞれ独自に開発・販売しており、オリジナルが他社製でしかも2種あるという特殊な状態となっている。が、両者とも諸々の事情から評価は芳しくなく、ファンの間ではファルコムが開発した真のオリジナルを求める声が根強い。…とか言ってたら2012年秋、ようやくファルコム自社制作で「セルセタの樹海」が発売された。

『Ⅶ』『セルセタ~』を除く全ての作品が、何らかの形で他のプラットフォームへと移植されており、特に初期の作品は非常に多くのプラットフォームで発売されている。ただし、ファルコム自ら手掛けているのは原則としてパソコンへの移植のみであり、携帯電話や家庭用ゲーム機への移植のほとんどはライセンス提供を受けた他社が行っている。PS2版は『VII』以外の全ナンバリングが発売されているが、ライセンス提供を受けたメーカーが真面目に作らなかったためか軒並み評価が低い。

ゲームにおけるメディアミックスの初期の成功例ともいわれ、OVA化、小説化、ゲームブック化、漫画化、などもなされている。

なお正規のナンバリングが為されている作品は、すべて本作の主人公アドルが後に記した回想録(百冊以上)を元にしたもの、というメタフィクション的な設定がなされている。
また、アドルには回想録を完結させた直後に新たな冒険に出て行方不明になった、という設定も存在する。

Ancient Ys Vanished

ゲーム第一作について

登場キャラクター

アドル=クリスティン
嵐の決壊に覆われ、封鎖状態になっていたエステリアに漂着した冒険者の若者。赤毛というか茶髪

フィーナ
神殿にとらわれていた記憶喪失の少女。アドルによって助け出され、ゼピック村のジェバのもとに預けられるが…
リメイク版ではあることをすると身体データ(身長:158cm、スリーサイズ:83/54/84)を知ることが出来る。

レア
フィーナにそっくりの謎の詩人。愛用のハーモニカを無くし困っている。
フィーナとは「前髪が垂れているか分かれているか」で判別できる(垂れているのがレア、分かれているのがフィーナ)。

サラ・トバ
ミネアの街の占い師。アドルの旅のアドヴァイスをする。
メディアによって殺されたり殺されなかったり実は生きてたりと扱いに違いがある。

ジェバ・トバ
ゼピック村に住む老婆。サラにかわるアドバイザーとして、イースの本などについていろいろ教えてくれる。

ドギ
ゴーバンのもとにいる盗賊。後の作品でも登場しアドルとつるむことになる。

ゴーバン・トバ
ダームの塔の近所に本拠地を置く盗賊の頭。

ルタ・ジェンマ
ゼピック村に住む男。古代王国イースの神官ジェンマの子孫。

ダルク・ファクト
魔物を統率するダームの塔の支配者。古代王国イースの神官ファクトの子孫。
弱点である銀製品を(律儀に)買い占めたりして集めていた。
いわゆる美形悪役だが、機種によっては影武者がいたり、フィーナレアを「はしため」にしようとしていたりする。
無数の火の球を降らし、アドルの足場を消滅させる強敵。

フェニス・トバ(ジェノクレス)
フードをかぶった人間のような姿をした魔物。神殿内部の入り口を守っている。
火炎弾を発射する、ファイヤーの魔法を司る「トバ」の名の通り、
周囲に展開した無数の石像から火炎を放つ能力を持つ。

セムス・ハダル(ニグティルガー)
巨大なセンチピード状の魔物。神殿の奥に住み着いている。
瞬間移動を行う、リターンの魔法を司る「ハダル」の名の通り(?)、
侵入者が現れると神殿の壁から実体化できる。

ガルバ・ダビー(ヴァジュリオン)
巨大な羽をもった悪魔の姿をしている。ラスティン廃坑の奥に潜む。
暗闇を照らす、ライトの魔法を司る「ダビー」…とは関係なさそうだが、
無数の小さな蝙蝠に分離合体する能力を持つ強敵。

マナル・メサ(ピクティモス)
鎌を投擲してくる、巨大な蟷螂型の魔物。ダームの塔でアドルを迎え撃った。
時空停止を行う、タイムストップの魔法を司る「メサ」の名の通り(?)、
投げつけた腕の鎌を瞬時に付け直し、連続で攻撃する。

グラック・ジェンマ(コンスクラード)
ダームの塔に潜む、巨大な岩をまとった魔物。中心核が弱点。
魔物との意思疎通を可能とする、テレパシーの魔法を司る「ジェンマ」…とは全く関係なく、
回転しながら攻撃と防御を同時に行う。

アミューダ・ファクト&ファド・ファクト(ヨグレクス&オルムガン)
巨大な顔だけの悪魔の二人組。めまぐるしく動き回る強敵。
防御壁を展開する、シールドの魔法を司る「ファクト」の名の通り、
結界を張っている側に対しての攻撃は無効化される。

イース 失われた古代王国 (飛火野耀)

小説版。ゲーム第一作にあたるストーリーにIIのエンディングの流れを組み合わせている。
キャラクターの設定についてはかなり独自の物になっている。

登場キャラクター

アドル=クリスティーン
二年前祖父の死をみとって冒険者になった一八歳の若者。実際に女たらしである。

フィーナ
倒れていたアドルを助けた村の少女。もちろん正体は…なのだが、
そのビジュアルはX68000版の「洋ゲーみたいで恐い」を通り越して「太いオバチャン」であり、余りに衝撃的。
カラー絵(別人の手による)に騙されてはいけない。

レア
詩人の守り神とされている。もちろんフィーナの片割れなのだが、
すでに精神体としてしか残っていおらず出番が少ない上、同名の男キャラがいるという不幸な役回り。

ボッシュ
フィーナの祖父で、アドルをかくまってくれている老人。ロダの友人でもある。

ケヴィン
フィーナの幼馴染にして婚約者。乱暴な性格でアドルにきつくあたり、当初ライバルっぽかったのだがフェードアウト。
最後には天空の自らの分身と融合し上品な性格になり、女王となったフィーナと結婚した。

クルト=レア
吟遊詩人の、髭の青年。女神のレアとなぜか同じ名前である。

ゴーヴァン=ダビー
泥棒の親分。ちなみにドギはいない。エステリア入りする前のアドルと面識があり、
滅多に人を信用してはいけないという戒めを教えつつ金貨を盗んだ。サラの酒場でアドルと再会する。

サラ=トバ
酒場の娘。レア(男のほう)の恋人。アドルに対しては協力的。

ジェバ=ハダル
街一番の占い婆さん。途中でサラのかわりに(?)殺されてしまう。

ロダ=メサ
老木と融合している老人。アドルにイースの古代文字や昔話を教える。

ルタ・ジェンマ
すでに殺されているので登場なし。

ダルク・ファクト
風采の上がらない」「頭のはげかかったずんぐりした中年男」。
ルタ=ジェンマになりすましアドルを罠にかける。レーザーガンのようなものを使う。

謎の若い女
アドルに命を救われた礼に体を差し出すが、正体はアドルの命を狙う老婆だった。からくも倒した物の
その後アドルは干からびた姿でよりによってフィーナにより発見、救助される事に。

関連イラスト

最強のヒロイン



関連動画




関連タグ

イース リリア ドギ レア フィーナ
ロダの樹 クレリア
イースエターナル イース完全版
都築和彦 古代裕三 古代彩乃 羽衣翔 岩崎美奈子
falcom セガファルコム 電波新聞社 ビクター
PC-88 PC-98 MSX2 FM-77AV FM-TOWNS
X68000 PCエンジン セガマーク3 セガサターン


イースオリジン→本作→イース2

pixivに投稿された作品 pixivで「Ys」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1476432

コメント