ピクシブ百科事典

アドル

あどる

日本ファルコムのRPGシリーズ「Ys」の、シリーズ通しての主人公である赤毛の勇者。生涯100余りの冒険をこなしたとされる冒険家であり、Ysシリーズは晩年の彼自身による回顧録とされている。また、ゲームファンには「フラグ立ての名人」としても有名。
目次[非表示]

CV:草尾毅/梶裕貴

概要

本名アドル=クリスティン。
Ys」シリーズの主人公であり、作品世界における伝説的冒険家。
『イースI・II』における、17歳でのエステリア島における冒険を皮切りに、生涯にわたりエウロパ地方(現実世界におけるヨーロッパに相当)を中心に数多の冒険をこなし、60代での極地探検中に消息不明となる。

「Ys」は彼が50代に入ってから記した回想録を元にしたゲーム、という設定になっている為、シリーズは必ずしも時系列順というわけではない(具体的には2019年時点で発表されているシリーズでは(「オリジン」→)124/「セルセタの樹海」3/「フェルガナの誓い」→5→86SEVEN9の順)。
また作品毎に年齢が違う為(描き手が違うというだけではなく)微妙に体格や顔つきが違う。

特技は船が難破して漂流する事と、その後美少女に発見されて介抱される事

使用武器は剣で、作品によっては魔法や錬金術も使用する。剣の腕前はとても高く、特殊な素材を使った武器で無ければ倒せないと思われていた竜を初期武器のただの剣で倒してしまう程。コロセウムで無敗を誇った元剣闘士からも太鼓判を押された。

なお、数多の冒険を繰り返しているはずなのに作品が改まるたびにレベル1に戻り、装備もなくなっているのはシリーズにおける一つのナゾである。嘘か誠か「冒険をより楽しむ為に縛りプレイをしている」等という説も。

9の序盤の尋問官との会話シーンからすると、どうやら現地で得た武具に関しては、現地に置いてきている(手放してきている)ようである。

旅の先々で行ってきた冒険で、人知を超えた様々な現象や事件の当事者となり、長年にわたり各地に残されていた謎を解明した事から20代前半頃から徐々に名前が知れ渡り始め、『6』でそれなりの知名度を得る。さらに、『6』におけるカナン諸島での冒険で、有翼人文明に関する大発見をし、『7』におけるアルタゴ公国で竜を倒して公国滅亡の危機を救った事で、『9』の頃にはかなりの有名人となっている。

一方でロムン帝国からはかなり警戒されている。
『6』の冒険では、カナン諸島に向かったロムン海軍艦隊が突如消滅した事により、軍体制が大打撃を受ける。調査していく中でアドルの噂を聞いた上層部は、彼がこの一件に深く関わっていると睨み、『9』の時点では帝国から指名手配されている。

赤の王

2019.9.26!(2)イースlog


イース9にてアドルが変身した「怪人(モンストルム)」としての姿。
異能アクションは「クリムゾンライン-王者の道-」。

みんな集まれ!ファルコム学園』におけるアドル

いろんなアドルさん


異世界「ザナドゥ」の「理」の力によって美少女好きがさらにエスカレートした上に馬鹿になってしまっている。隙あらば教師となったダルク=ファクトをあらゆる手段を用いて抹殺しようとしたり、ピッカードの姿になったラッピィ校長を食べようとしたりしている。

一度、ダームの塔を占領してアドルの塔にしてしまった。

第8話ではアドルが何人も来たことがあり、その時には北米版メガドライブYsIIIのアドルも現れた(通称:北米版アドル)。彼は板であり、さらに顔つきがアドルと大きく異なっていてごつい(因みに第8話のラストにはOVA版のアドルも登場した)。

余談

共通点が多い某18禁ゲームシリーズ主人公と比較されることが有る。ただそちらの方は冒険する目的が美女と×××することであるため、毎回ヒロインとのフラグをぶち壊して次の冒険へと向かっていくアドルとはある意味真逆の存在である。その為、たまに汚いアドルと呼ばれてしまうことが有るらしい。

関連タグ

Ys/イース みんな集まれ!ファルコム学園 主人公
ファルコムちゃん - コンパイルハート「ネプテューヌ」シリーズの登場人物。名前の通りファルコムの擬人化で、アドルとエステルがキャラクターモデルになっている。

関連記事

親記事

イース1 いーすわん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アドル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 857926

コメント