ピクシブ百科事典

サラウンドシアター・イース

さらうんどしあたーいーす

「サラウンドシアター・イース」とは、「ファルコムスペシャルボックス'89」に収録されたイース2のドラマである。
目次[非表示]

僕は何のために戦うのか…。名誉、正義、それともフィーナのため…。わからない…。けれど、一つだけ確かなのは、今という瞬間に真っ向から立ち向かい、決して逃げてはいけないということだ。


概要

「サラウンドシアター・イース」とは、「ファルコムスペシャルボックス'89」に収録されたイースのボイスドラマである。

「ファルコムスペシャルボックス'89」は1988年12月5日に発売され、8cmCDが6枚入っているCD-BOX。大好評につき、1990年3月21日にシングルCDで再販された。
「サラウンドシアター・イース」はそのうちの1枚。

ボイスドラマの内容

収録時間の仕様上、最低限の登場人物でドラマが構成されている。登場人物はアドル、フィーナ、ダーム、ダレスのみ。

サルモン神殿での鐘撞堂のイベント~エンディングまでが描かれている。

本編で描かれきれなかったアドルとフィーナの関係、とりわけアドルのフィーナに対する想いについて切々と描かれているのが特徴。

戦いの中でアドルが「僕は何のために戦うのか…。名誉、正義、それともフィーナのため…。わからない…。けれど、一つだけ確かなのは、今という瞬間に真っ向から立ち向かい、決して逃げてはいけないということだ」と自問自答していたり、エンディングでアドルがフィーナに「もうすべて終わったんだ。普通の女の子に戻ったっていいじゃないか」と必死に言う等、本編では見ることのできなかったアドルのフィーナへの気持ちがドラマで再現されている。

また、別れの際のフィーナの名台詞「お別れです」はないものの、「私、あなたに会えて本当に良かった。さよなら…アドルさん…」等、フィーナのアドルに対する想いもドラマ独自の台詞で描かれている。

当時、表現しきれなかったゲーム中の2人の関係をドラマで見事に再現していることから、まさに声の力は偉大だと改めて認識させられた。


キャスト


余談

  • フィーナを演じた平野氏は、イースⅡのサントラ「ミュージックフロムイースII(Music from YsII)」ではイメージソング「TOO FULL WITH LOVE」のボーカルを担当している。
  • パッケージイラストはアドルとレアのイメージイラストになっているが、レアの登場はない。


関連タグ

Ys イース1 イース2 ファルコム falcom アドル フィーナ(Ys) アドフィー

外部リンク

サラウンドシアターイース | Falcom(公式サイト)

関連記事

親記事

イース2 いーすとぅー

兄弟記事

コメント