ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

1948年5月20日生まれ、岡山県出身。81プロデュース所属。本名は横井光雄(よこいみつお)

逞しく威厳ある声で知られている。


ご存知、シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガー公認の吹き替え声優。

名前を知らない人にも「シュワちゃんの吹き替えの人」と言えばほぼ通じる。

2015年7月6日には東京都内で行われた映画『ターミネーター:新起動 ジェニシス』の東京での舞台あいさつで、シュワちゃんと念願の初体面を果たす。

他にもシルヴェスター・スタローンスティーブン・セガールのなどアクション俳優の吹き替えも担当している。

銀河万丈大塚明夫と並んでスタローン、シュワルツェネッガー、サミュエル・L・ジャクソンローレンス・フィッシュバーンの両者の吹き替えを経験している数少ない人物でもある。


低く落ち着いた声質から、筋肉モリモリマッチョマンや一軍を率いる指揮官などの役回りが多いが、

実は卑屈な三下やオカマ、抑揚のある声のハイテンションなおっさんなども数多く演じており、普段とはまた違った声色を出して見事に演じ分けている。

また、前述のシュワちゃんのパロディキャラクターも数多く演じている。

pixivでも、彼が演じたキャラクターの絵は数多く投稿されている。


また戸田恵子とは『それいけアンパンマン』や『シティーハンター』、『ターミーネーター』で共演経験を持ち一部のファンの間では『きかんしゃトーマス』でトーマスヒロとネタにされる等話題に。また酒井敬幸がヒロを担当した時は事務所の後輩がバトンタッチで話題に。


また過去には深見東州氏監修たちばな出版アニメ神頼みシリーズ人間悪霊を担当し、この時、田中真弓高山みなみ松井菜桜子松本保典川田妙子関俊彦中庸助小宮和枝深見梨加井上和彦篠原恵美納谷六朗等と共演してたがおしゃべり小太郎の父と白隠禅師はまるでアクション仮面特命戦隊ゴーバスターズゴリサキ・バナナような雰囲気であり、またミラクルサイキッカーSEIZANゲラン(悪霊)に関してはまるで『忍者戦隊カクレンジャー』の妖怪軍団ヌエスイートプリキュアハウリングスマイルプリキュアピエーロような雰囲気で、その後もたちばな出版やみすず学苑のCMでのナレーション担当で有名であり、またクソアニメポプテピピック』に出演した際はパロディ丸だしで、これぞ声優の本気声優の無駄遣いである。


人物編集

声優業を始めるにあたり『科学忍者隊ガッチャマン』の製作現場を見学したが、その際居眠りしてしまった。この時森功至と一緒だったが森氏は驚いた。

その話を聞いた山寺宏一は「ある意味凄い」と感嘆した。


宿敵(と書いて「とも」と読む)は加藤精三であり、共演作品ではたびたびライバル関係にあるとか。

ちなみに加藤氏もミラクルサイキッカーSEIZANで悪気の根源のラスボスを担当だがまるで恐竜戦隊ジュウレンジャー大サタンのような雰囲気である。


かつて野沢那智主宰の劇団薔薇座に入団しており(前述の戸田恵子も在籍していたため同門である)、バレエの経験者でもある。ピルエット(回転の動き)を得意とし、“ピルエットの玄田”の異名を持っていた。

映画『紅い眼鏡』には、本人の振り付けによるマンボを1曲分丸々踊る姿も登場する。その野沢那智から音響監督の斯波重治を紹介され、声優業も行うようになった。


「自動車運転免許を取得したばかりの頃に、ガソリンスタンドで『エンジンブレーキください』と言ったことがある」という声優業界で噂になったことがある。

本人いわく、免許取立ての頃にドライブに行った際、山道を下る際にエンジンブレーキを使わずフットブレーキを頻繁に使って減速していたことから、同行していた仲間に「玄田はエンジンブレーキの使い方を知らないんじゃないのか?」と言われ、この話が業界内に広まるうちに変化し「エンジンブレーキ下さい」という話になったのだという。


格闘技マニアと公言しており、2010年に放送されたアメリカの総合格闘技UFCのリアリティ番組でクイントン・ランペイジ・ジャクソン(映画版『特攻野郎Aチーム』でB.Aバラガス軍曹役をやっていた人)の吹き替えを担当。


野沢那智との関係編集

野沢那智という名前から女性かと思っていたら、サングラスかけた怪しいおっさんが出てきて驚いたと振り返っている。野沢は、劇団で発声と滑舌担当だったがその稽古は厳しく、稽古場だった烏森神社の境内で「フェンシングのフルーレを振るいながらレッスンし、怖かった。飛んできた灰皿やチョークを避けると『何で避けるんだっ!!』と怒鳴られた」と語っている。「リハーサル中に、劇場ロビーで玄田が倒れていた」という目撃情報まであるほど。


24歳の時に野沢から、「そろそろお前もやらないか?」と紹介され声優業を始める。

テレビアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』のアフレコ現場を見学(上述の通り、居眠りしてしまったという)。

同作で多数の端役を担当し、以降、声優として様々な作品をこなすようになった。

その後、野沢と仕事場でたまに一緒になった際には、野沢の方が玄田を心配し過ぎてアガってしまい失敗することがあった。野沢から学んだ大切なこととして「言葉の大切さ、言葉を前に出すということ」と答えている。

野沢が2010年に死去した際には、「薔薇座時代にはキツい思い出ばかりで楽しい思い出なんてひとつもなかったが、芝居に対する情熱が凄く、その環境に自分がいられたのは本当にありがたいことだと思う」との感謝の意と、「帰って来て下さい、早すぎます」とその早すぎる死を悔やんだ。


CMでは編集

スーパー戦隊シリーズ』のCMでは、毎年新商品の熱い宣伝をすることでも有名。

「続々登場」や「〇〇もよろしく」というフレーズに聞き覚えがあるという人も多いのではないのだろうか?


超新星フラッシュマン』(1986年)の頃から担当しているが、名前が王/オーで終わるロボは物凄い声量のシャウトで締める傾向にある(例:DX大連オオオオオオオォォォォ!)。大連王サイダイオーのようにエフェクトが付く事もあれば、アバレンオーエンジンオーのようにエフェクトなしのパターンの他(ちなみにガンバルオーはそこまでシャウトしておらず、キラーオーに至ってはテンションがかなり低いなど例外もある)、ゴセイグレートウォンタイガーなど名前に「オー」が入っていなくても母音が「o」や「ー」で終わっていれば叫ぶパターンも。こうした「玄田シャウト」に注目していくのも毎年の楽しみであると言える。


ヒーローを演じた俳優や声優本人が宣伝を行ったり(サムライマン、『機界戦隊ゼンカイジャー』)、歌のみで宣伝されるパターン(石原慎一氏が歌唱するデルタメガメガボイジャー/ブルタウラス以外の『星獣戦隊ギンガマン』登場ロボ/ゴローダーGTなど)、変身シリーズなどカテゴリによっては別の声優が担当しているパターン(『魔進戦隊キラメイジャー』など)など全てが玄田氏のナレーションというわけではない。変則例として玄田氏が参加しているが締めの商品名コールを担当していないパターン(大獣神ブルタウラスなど)もある。


メイプル超合金のネタにも使われているあの「手応えあり!」のフレーズも玄田哲章氏の担当である。


主な出演作編集

アニメ編集



イラスト無し編集


クレしん映画


ゲーム編集


イラスト無し編集


ドラマCD編集

トルネコCDシアタードラゴンクエストⅣ


吹き替え編集


*4 内海賢二の死去による代役。


イラストなし

テリーモンスターセサミストリート

ゴードン・ロビンソン(ロスコー・オーマン)@セサミストリート

ウルフ@セサミストリート


担当俳優編集


海外アニメ編集


特撮編集

1986年から現在までスーパー戦隊シリーズ関連商品のCMナレーションを担当している



ナレーション編集


その他編集


夢男(This_Man)@世にも奇妙な物語'17春の特別編

どーもくん@みんなDEどーもくん他*5


*5 どーもくんのアニメでは、山川静夫氏の声を使用。


関連タグ編集

声優 中の人 筋肉 男性声優 81プロデュース


外部リンク編集

関連記事

親記事

81プロデュース えいてぃわんぷろでゅーす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 792369

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました