ピクシブ百科事典

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン

にんじゃすれいやーふろむあにめいしよん

小説「ニンジャスレイヤー」を原作とするアニメ作品。タグとしてはアニメ中の描写やアニメ版のキャラデザでのイラストに付与されることが多い。
目次[非表示]

概要

2015年4月から同年10月にかけて、ニコニコ動画などネット配信でオンエアされた(全26話)。2016年春よりTOKYOMXBS11他でスペシャルエディシヨンが放送。
(スペシャルエディシヨンでは、2話分を30分尺に合わせて仕様変更している。オープニング及びエンディングは統合されており、エンディングではAパートとBパートでクレジットが別々に表記されている個所もある)

制作はTRIGGER、シリーズディレクターおよびシリーズ構成は雨宮哲、脚本は佐藤裕。
キャラクターデザインはメインキャラクターを今石洋之、女性キャラクターやサブキャラクターを芳垣祐介、saitom、稲戸せれれ、信じろが担当する。

各話15分の作品で、OPテーマはヨーロッパを中心に活動する日本人バンド「BOOM BOOM SATELLITES(ブンブンサテライツ)」の「BACK IN BLACK」、EDは各話毎に異なるアーティストが手がける豪華仕様である。
各話のEDは、各曲のFullバージョンに加え劇中BGMを追加収録した「ニンジャスレイヤーフロムコンピレイシヨン」として「忍」「殺」の二枚が発売されている。

作風・評価

本作の最大の特徴は、その独特な演出方法にある。

一言で言えば「紙人形劇」なのだ。

即ち、登場キャラクターは解像度の低い2,3パターンほどの立ち絵で表現され、その立ち絵が手足を動かすことなく背景の中をスライド移動したり、回転したり、揺れたりするというもの(通称「FLASHパート」)であり、大いに物議を醸した(イメージとしてはTRIGGERが2012年に製作したWEBアニメ「インフェルノコップ」や、蛙男商会製作のFLASHアニメ「秘密結社鷹の爪」のそれに近い)。
しかし、原作の特異な雰囲気やストーリーの大筋は再現されており、そのシリアスな会話と画面とのギャップが初見の視聴者に大きな衝撃と笑撃を与えた。

またそれだけにとどまらず、時折それまでが嘘のように動き出すアニメーション(通称「アニメパート」)が入り、場面を盛り上げてくれるのも本作の特徴の一つである。
戦闘シーンにおける決めシーンなどはもちろん、その他のシーンで使用されることも多い。
他にもOPは90年代のアメリカ製アニメのOPを彷彿とさせる構成をとっているなど、スタッフの遊び心が垣間見える要素も多い。

更に映像のアスペクト比も昨今主流のワイド16:9ではなく、絵や音を凝縮するためにアナログ放送などで主流だったアスペクト比4:3が採用され、OPとEDを除いて音声はモノラルである。しかも16:9、ステレオで制作したものをわざわざ直しているというこだわり具合。ちなみに16:9のステレオ版はBD・DVDの特典映像として収録される。

以上のように、チープ感溢れる演出に加え、時折普通に戻るアニメーション、そしてそれに見事に溶け込んだ原作のエッセンスとの融合によって、本作は従来の日本アニメとは違った独特な魅力を作り出す事に成功している(※ちなみに「FLASHパート」はエピソードによって比率が逆転する事もままある)。

ただし一話完結の15分番組(無論OPやEDを除いた本編時間は更に短い)故に原作に存在した世界観、心理、風景、戦闘などの様々な描写や状況説明が大幅にカットされた上で必要最低限の要素に絞られて再構成されているため、原作をある程度知っていないと分かりづらいシーンも多い。
一方、一話ごとの尺が短い分気軽に視聴することができる上に原作よりも描写がややライトであり、原作の大まかな内容と雰囲気をカジュアルに味わえるため、そういった意味では初心者向けとも言える。

このような独特な手法から、ヘッズからも初見の人からも、評価は大きく分かれている。

余談

第1話の配信直後から賛否両論を巻き起こした本作であるが、メインの配信先であるニコニコ動画ではなんとその第1話が一週間と一日足らずでミリオン(百万回再生)を達成するという快挙を成し遂げた。これはアニメ第1話としては当時最速(後に「がっこうぐらし!」が記録を大幅に更新した)のミリオン達成であり、ヘッズを始めとした多くの人々に再度の衝撃を与えた。
実際複数回に渡って第1話を視聴した重篤ヘッズや新規ファンも多かったらしく、各話OP後には第1話冒頭におけるオフェンダーの「みぃーつけたぁ♪」というセリフをコメントに流すのが恒例になっている。

また、女性キャラクター(主にナンシー=サンなど)のサービスカット描写に対しては原作以上の拘りを見せることも多く、放映以降は女性キャラクターのファンアートが急激に増加した(特にセクシーさを強調したものが多い)。
女性キャラクターへの執念はこれだけに留まらず、原作第一部におけるヤモトユカノの登場エピソードは物理書籍限定エピソードを含めその殆ど全てがアニメ化されている(18話時点でユカノの登場する「バック・イン・ブラック」のみアニメ化されていないが、シーン自体はOP映像として使用されている)。
それ故、進歩的革命闘争連帯こと「イッキ・ウチコワシ」に所属するアムニジアの登場エピソードも全話がアニメ化されており、ウチコワシのあからさまにアカめいた過激革命思想や運動への批判、考察コメントなども見られた。ただし「ニンジャスレイヤー」は元々実況タグに政治思想などのコメントを持ち込む事が公式に禁止されている作品であるため、当該エピソードに限らずアニメ本編にそのようなコメントを投稿する事もなるだけ控えることが推奨される。備えよう。

また本作は他のTRIGGER作品の例に漏れずアニメ、特撮を始め数々の作品のオマージュやパロディが散りばめられているほか、背景にはプロダクトプレイスメントの一環として「ボーダーブレイク」や「強力わかもと」といった実在する商品や企業の看板が登場している(ちなみに前者はアニメ放送に先駆け公式コラボレーションイベントを実施、後者は忍殺にも多大な影響を与えたサイバーパンク映画の金字塔「ブレードランナー」に登場した事で知られている)。

一部ニンジャのデザインにネジや関節パーツなどおもちゃのような意匠が組み込まれているのも本作の特徴であり、ヘッズの間では「FLASHパートはおもちゃ同士を戦わせて遊ぶ(=ブンドド)のを意識した演出では」「逆にFLASHパートがブンドドめいているのを意識しておもちゃのようなデザインにしたのでは」との説が囁かれているという。

放映リスト

話数エピソードED
第1話ボーン・イン・レッドブラックBORIS 「キルミスター」
第2話マシン・オブ・ヴェンジェンスMelt-Banana「Halo Of Sorrow」
第3話ラスト・ガール・スタンディング PART1THE PINBALLS「劇場支配人のテーマ」
第4話ラスト・ガール・スタンディング PART28otto「SRKEEN」
第5話レイジ・アゲンスト・トーフ6EYES「RADIO」
第6話サプライズド・ドージョーELECTRIC EEL SHOCK「Ninja Slayer」
第7話ペイン・オブ・サーペント / ザゼン・アンド・ニンジャShinichi Osawa「Ninja Prayer」
第8話アポカリプス・インサイド・テインティッド・ソイル taffy「Suicidal Bunny」
第9話ワンミニット・ビフォア・ザ・タヌキ PART180KIDZ「Hide」
第10話ワンミニット・ビフォア・ザ・タヌキ PART2Sawagi「Jag Jag」
第11話メナス・オブ・ダークニンジャBoris「Aurashi no Ken」
第12話デイ・オブ・ザ・ロブスター / コンスピラーシィ・アポン・ザ・ブロークン・ブレイド / デイ・オブ・ザ・ロブスター2skillkills「NEO CYBER MADNESS」
第13話スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ PART1Drop's 「Purple My Ghost」
第14話スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ PART2赤い公園 「もんだな(NINJA MIX)」
第15話スシ・ナイト・アット・ザ・バリケードTK from 凛として時雨 「Fantastic Magic」
第16話アット・ザ・トリーズナーズヴィルGEEKS 「NINJA SOUL」
第17話トレジャー・エヴリー・ミーティングMINE「TEAR OF THE PIERROT」
第18話エヴァー・フェルト・チーティドtaffy「Dr.K」
第19話ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション PART1SCAM CIRCLE「Alone」
第20話ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション PART2人間椅子「泥の雨」
第21話ネオサイタマ・イン・フレイム PART1 ライク・ア ブラッドアロー・ストレイトMOJA「High Speed」
第22話ネオサイタマ・イン・フレイム PART2 ダークニンジャ・リターンズmemento森「sick hack -忍殺 ver.-」
第23話ネオサイタマ・イン・フレイム PART3 アンド・ユー・ウィル・ノウ・ヒム・バイ・ザ・トレイル・オブ・ニンジャLillies and Remains「Body」
第24話ネオサイタマ・イン・フレイム PART4 ダークダスク・ダーカードーン part1sawagi「KHAKKHARA」
第25話ニンジャスレイヤー傑作選ギターウルフ「JETT REASON」
第26話ネオサイタマ・イン・フレイム PART5 ダークダスク・ダーカードーン part2BORIS「キルミスター」


関連タグ

ニンジャスレイヤー TRIGGER

外部リンク

公式サイト
Twitter公式アカウント

pixivに投稿された作品 pixivで「ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5396368

コメント