ピクシブ百科事典

夕陽のカスカベボーイズ

ゆうひのかすかべぼーいず

クレしん映画第12作。
目次[非表示]

概要

2004年4月17日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ12作目『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ』
映画のタイトルや冒頭・終盤のシーンから、今作は野原一家の「家族の団結」よりも「かすかべ防衛隊の「友情の団結」が強く描かれている。
余談だが、OP曲として9年ぶりに「オラはにんきもの」が使用されている。

あらすじ

鬼ごっこの最中に、潰れた映画館「カスカベ座」を見つけたしんのすけ達5人。探検しているうちにみんなは姿を消し、一人だけに帰るしんのすけ。みんながまだ帰っていないと聞き、映画館へと向かう野原一家。そこでスクリーンに見入っていると、いつの間にか画面と同じ荒野にいた。そこは荒くれ者たちが闊歩する西部劇の世界。
映画の中に迷い込んだ野原一家は日常に戻れるのか?

ゲストキャラについて

今作のヒロインであるつばきは14歳の少女だが、しんのすけは彼女に本気で恋をする。(普段は大人のお姉さんにしょっちゅう目移りするしんのすけだが、大原ななこを除いて彼が本気で恋に落ちたのは初めてである。
そして悪役であるジャスティス・ラブは、これまでのどこか抜けてて憎めないクレしん映画の悪役とは異なり、人々を奴隷扱いして鞭打ちしたり馬で引きずり回す等、極悪に徹している。
ちなみにかすかべ防衛隊に協力した7人のガンマンは、『荒野の七人』のそっくりさん達。

関連タグ

カスカベボーイズ つばきちゃん 荒野の七人 ビューティフルジョー

ヤキニクロード←前作 次作→3分ポッキリ

pixivに投稿された作品 pixivで「夕陽のカスカベボーイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68101

コメント