2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2004年4月17日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ12作目『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ』

恐らく劇場版シリーズで最もギャグ色が薄くハードでシリアスな作品で、同じ水島努が監督した前作『ヤキニクロード』の作風とは正反対。
余談だが、OP曲として9年ぶりに「オラはにんきもの」が使用されている。

解説

映画のタイトルからも分かる通り、冒頭・終盤のシーン、そしてラストシーンのやり取りまで一貫して、今作は野原一家の「家族の団結」よりも「かすかべ防衛隊の「友情の団結」が強く描かれている。

また、本作の持つもう一つの特徴として、しんのすけの悲恋が描かれている。
悲恋ものと言う意味ではアッパレ!戦国大合戦簾姫井尻又兵衛と言う前例があるが、今作ではヒロインである14歳の少女のつばきに対してしんのすけは彼女に本気で恋をして、最終的に失恋してしまう。と言う、悲恋の当事者になるという点が違う。
普段は大人のお姉さんにしょっちゅう目移りする上に、対象年齢が女子大生以上と言うしんのすけだが、大原ななこを除いて彼が本気で恋に落ちたのは映画・テレビを通してつばきが初めてのことである。

更に本作の特徴として、暴力の描写が従来作以上に克明に描かれていると言う点が挙げられる。
銃撃戦や格闘戦など、戦闘の中での暴力は従来作品でも描かれることは多かったが、今作では黒幕であるジャスティス・ラブを初め、悪役たちが人々を奴隷扱いして鞭打ちする。ルール違反を起こした人物を馬で引きずり回す。戦意の無くなった風間くんを車で轢き殺そうとする。など、弱者に対して一方的に振るわれる「理不尽な暴力」が特に強く描かれている。点が従来作との相違点になっている。
また、ゲストキャラの扱いについても、基本的には映画内の一時のトラブルを解決するためのお助けキャラとして描かれていた従来作に比べ、本作では良くも悪くも生活に深く関わり、精神的に大きな影響を与えるキャラと言う、かなり特殊な扱いになっている。

ちなみにかすかべ防衛隊に協力した7人のガンマンは、『荒野の七人』のそっくりさん達であり、ちょっとしたパロディになっている。

あらすじ

高鬼の最中に、潰れた映画館「カスカベ座」を見つけたしんのすけ達5人。探検しているうちにみんなは姿を消し、一人だけ家に帰るしんのすけ。みんながまだ帰っていないと聞き、映画館へと向かう野原一家。そこでスクリーンに見入っていると、いつの間にか画面と同じ荒野にいた。そこは荒くれ者たちが闊歩する西部劇の世界。
映画の中に迷い込んだ野原一家は日常に戻れるのか?

ゲストキャラクター


NOPLAN(内村プロデュースにおいて結成された芸人ユニット。主題歌も担当)

余談

ゲストキャラについて

本作にゲスト出演した声優の多くがウルトラマンシリーズに出演しており、 その内2ラスボスを演じている。

関連タグ

カスカベボーイズ つばきちゃん 荒野の七人 ビューティフルジョー
魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー:同じく映画の世界に引き込まれるという展開がにている。

ヤキニクロード←前作 次作→3分ポッキリ

関連記事

親記事

クレしん映画 くれしんえいが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「夕陽のカスカベボーイズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「夕陽のカスカベボーイズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 375977

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました