ピクシブ百科事典

嵐を呼ぶジャングル

やせいのおばか

ハイライトシーンはケツだけ歩きの大行進
目次[非表示]

2000年4月22日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第8作目『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』20世紀最後の作品でもある。。

あらすじ

アクション仮面」の映画最新作『南海ミレニアムウォーズ』の船上上映会に参加した野原一家と、風間くんと風間くんのママ・ネネちゃんとネネちゃんのママ・マサオくんとマサオくんのママ・ボーちゃん
ところが試写会の途中で上映が突然ストップし、さらに突然現れた謎の猿の大群によってツアーに参加している全ての大人達とアクション仮面役の郷剛太郎が南の島へさらわれてしまう。
しんのすけ・風間くん・ネネちゃん・マサオくん・ボーちゃんの『かすかべ防衛隊』の5人は、大人達を助けに行こうと豪華客船に置いてあった水上オートバイを暴走させ、南の島へ向かう。さらにひまわりとシロも5人を追って船を飛び出す。
5人(とひまわりとシロ)が向かった島で一体何が待ち受けているのか?連れ去られた大人達とアクション仮面は一体何処に……?

ゲストキャラクター

ジャングルに被われ、多数のシロテテナガザルが棲んでいる南の無人島の支配者である謎のアフロヘアーの男。島の奥地にある座礁し廃船となった大型貨物船を改造し、自らの居城にしている。

  • 猿たち
試写会の途中に突然豪華客船中に現れたシロテテナガザルの大群。パラダイスキングによって手懐けられているようで、集団で襲いかかり、郷剛太郎やみさえひろしを含む豪華客船にいた大人達をさらい、道中でバナナを食べて休憩していたかすかべ防衛隊とひまわりとシロに襲いかかりしんのすけとひまわりを除くかすかべ防衛隊4人とシロをさらった(しんのすけとひまわりをさらおうとした際にひまわりが泣き出したのを見て二人をさらうのをやめている)。

余談 

  • 今回のアクション仮面は空が飛べない普通の人間であるが格闘術が使える。
  • 今作以降、原作者・臼井儀人氏のキャラクター原案はなく、デザイン担当など劇場版のスタッフを中心にオリジナルキャラが作られるようになった。「オカマキャラの登場が出演のサイン」とジョークとも取れる旨の解答をしていた臼井氏がいち視聴者に近い劇場版の関係者として距離を取ることや、今作が「オカマ(オネエ)キャラ・強くてきれいなお姉さん」という登場人物のお約束からも離れることも重なり、以降は作品の世界観に合わせた様々なタイプのキャラクターを生み出すこととなった。
  • 減少を続けていた興行収入が今作で回復したことから、以降オラと宇宙のプリンセスまでの作品のタイトルに「~を呼ぶ」が付くのが定番になる(例外は第17作目のみ)。


関連タグ

アクション仮面 パラダイスキング

温泉わくわく大決戦←前作 次作→オトナ帝国の逆襲

pixivに投稿された作品 pixivで「嵐を呼ぶジャングル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19936

コメント