ピクシブ百科事典

目次[非表示]

声:真柴摩利

概要

本名は風間トオル同名の俳優が元)。ひまわり組のしんのすけの友達。
私立小学校のお受験を控えており、英語塾をはじめ、様々な習い事に通っている為、幼稚園児にしては異常なまでに、頭が良く、真面目で礼儀正しいが、短気且つ融通がきかない性分故に、少しでも自分のペースを乱されると取り乱し、冷静さを失いやすい。
また、エリート意識が高く、度々自分の博識ぶりをひけらかすなど少しキザな反面、自らの知識をもってもどうすることもできない状況に立たされると、マサオくん並かそれ以上にヘタレな一面を見せる。特に初期から中期にかけてはその傾向が顕著で、給食をこぼしてしまったり、後述のアニオタ趣味が露呈しただけで、後々の自身の進学や結婚にも影響する事を恐れるなど、最早被害妄想といえる程だった。
また、少々マザコンなところもある。
そうした一面を見たネネちゃんからたまに「ぶざま」なんて言われることもある。

初期の頃は、家が裕福なこともあってスネ夫のような自慢したがりな面や、しんのすけに対する意地悪な発言が目立つウザキャラだったが、いつしかそういう負の面は薄れ、真面目な優等生キャラになった。っとはいえ、今も偶に自身の博識な一面をさり気なく自慢しようとして、しんのすけやネネちゃんなどから指摘される場面がある。

しんのすけがふざけてトオルちゃんになる時もあるが、かすかべ防衛隊の中では公式でも何故か彼だけ苗字で呼ばれている。(まぁ、ボーちゃんの方がよっぽど謎だけど…)
父親は単身赴任のため殆ど作中に登場しない。
感じやすい。特に耳。

普段は大人ぶった振る舞いを見せ、「アクション仮面」、「カンタムロボ」といったアニメや特撮作品を「お子様向け」と軽蔑して観ていない事を公言しているものの、実際はばっちり観ているばかりか、「ふしぎ魔女っ子マリーちゃん」、「もえP」といった女児向け特撮、アニメに至っては熱狂的ともいえる程のファンで、その入れ込み具合は自室に関連グッズを大量にコレクションしている事はおろか、コスプレまでしてしまう程(ちなみにマリーちゃんに熱中していた頃は「僕はコスプレまでするつもりはない!」と否定していたが、もえPに入れ込むようになってからはそれさえも一線を画す事に…)。要するにオタクである。
流石にコスプレ(女装)趣味については自分で自分の事が心配になり母親に相談しようとしたが、彼女も似たような趣味(自ら男装して、役にのめり込む程のタカラヂカファン)であることを知り、愕然としながら納得していた。
そんなオタクっぷりは周囲に隠しているつもりだが結局バレてしまっている(本人は未だに隠し通せていると思い込んでいる)。

その性格上、かすかべ防衛隊(特にしんのすけ)のツッコミ役で、ノリツッコミがうまい。
性格的に正反対なしんのすけに対しては若干ツンデレ気味に振る舞い、(特に初期は)一方的に対抗意識を向けたり、衝突する事も多いものの、一方ではしんのすけから「お互いのホクロの数まで知り尽くした関係」(実際はしんのすけはホクロの数を知らない)と称される通り、防衛隊メンバーの中でも何かと接点が多く、時にしんのすけと関わったせいで、塾のクラスメイトのエリート仲間から疎外されたり、女友達に絶交されるなど酷い目に遭う事も少なくなく、その為、トオルもしんのすけと友達付き合いする事を辞めようかと考えた事も幾度となくあるものの、その反面、一度海外に引っ越す話が出た際にしんのすけから餞別の歌を歌ってもらい感涙したり、互いの家に泊まるなど、仲良くしている描写も多く、トオルもしんのすけの事を「心がエリート」と評するなど、親友として認め、信頼している節も見せる。

関連タグ

クレヨンしんちゃん 野原しんのすけ 桜田ネネ 佐藤マサオ ボーちゃん かすかべ防衛隊 

ツンデレ アニオタ マザコン 公式(?)
腐向け→しん風

関連キャラ

桐矢京介(気取り屋な反面、実はマザコンという点が共通している。また、初期の風間くんみたく鼻につく様な嫌味な物言いも似ている)

関連記事

親記事

かすかべ防衛隊 かすかべぼうえいたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「風間くん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 823915

コメント