ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2013年4月20日に公開された『クレヨンしんちゃん』劇場映画シリーズ第21作目。
正式なタイトルは、『クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』


解説

荒唐無稽なアクションやぶっ飛んだ設定が多く、感動やメッセージ性を強く押し出すことの多いクレしん映画シリーズの中では珍しくギャグに振り切った作品。
同様にギャグに振り切った作品としてヤキニクロードが有名だが、野原一家に焦点を当てたギャグ作品であるヤキニクロードとは違い、本作ではかすかべ防衛隊に焦点を当てたギャグとなっている。

ギャグ作品として見た場合、ブラックでシュールな要素を強く押し出すことの多かったヤキニクロードとは違い、キャラクターの奇抜さを押し出した一発ギャグ的な要素が強いのも特徴。

もちろん、映画としてのテーマ性やメッセージもギャグ展開の中でしっかり描かれている。
本作は一貫して「食のあり方」をテーマにしており、高級志向なA級グルメと庶民的なB級グルメとの対立が描かれており、対立していく中で「どちらが良くて正しいのか?」という問いを視聴者に考えさせるものとなっている。
また、中盤にカスカベ防衛隊が遭難して食糧難に陥った際、空腹のストレスで喧嘩になり一時険悪状態になる場面は、食べ物が無い恐ろしさを醸し出している。
他にも、カスカベ防衛隊が『キャビアから高級食材であるキャビアを振る舞われるが、子供であるが故、口に合わず「不味い」と評価し、しんのすけがマヨネーズをかける場面』や『ひろしやみさえといった大人達が食事の正しいマナーを無理矢理やらされる場面』など、食事に関わる事柄や一面が数多く描写されている。
そして最終的にはA級もB級もどちらも肯定も否定もしない形で決着がつき、その象徴であるグルメッポーイが涙を流しながら焼きそばを絶賛する姿は、彼の過去も相まって、共感と感動があるだろう。


あらすじ

春日部で行われるB級グルメのイベントに向かうカスカベ防衛隊。その道中になぞの女性からソースを預かる。
そのソースはA級グルメ機構の魔の手からB級グルメを救える最後の希望であった。
カスカベ防衛隊は庶民の味方であるB級グルメを守る事が出来るのか?

ゲストキャラクター


関連タグ

オラと宇宙のプリンセス←前作 次作→逆襲のロボとーちゃん

関連記事

親記事

クレしん映画 くれしんえいが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「B級グルメサバイバル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88691

コメント