ピクシブ百科事典

お好み焼き

おこのみやき

鉄板焼き料理の一種。いわゆる「粉もの」の一つ。
目次[非表示]

概要

刻んだキャベツを、水・小麦粉・(山芋)で溶いた「タネ」に絡めて焼き上げる。
地方によって様々なバリエーションがあり、特にに大阪広島の二府県にとってはソウルフードというべき位置にいる。

起源についてはあいまいで、少なくとも現在のかたちとなったのは昭和時代とされている。
根っこを掘っていくと、千利休の愛した和式クレープ「麩の焼き」に行きつくという説もある。
大正時代には「一銭洋食」という“具を薄めた小麦粉の生地に乗せて焼く”ものが流行し、これはねぎ焼きイカ焼き、大阪・岸和田市の「かしみん焼き」などのかたちで現在も残っている。
東北では関東のどんどん焼きという、割り箸に巻いて持ち歩くスタイルが同時期かそれ以前に登場し、現在でも山形県のソウルフードとして生きている。

主に知られるのは種にキャベツを混ぜ合わせ、具材とともに焼く「大阪風お好み焼き」、クレープ状の薄い生地に千切りキャベツともやしを重ねて仕上げに中華を合わせる「広島風お好み焼き」、大阪風に広島風のように麺を合わせて焼く「モダン焼き」、特に東京で勢力を持つ水ほどに薄く出汁で希釈したタネを使ってミディアムレア状態で食べていく「もんじゃ焼き」がある。

味付けはソースマヨネーズ、トッピングに青海苔鰹節(削り節)がメジャーだろう。
ソースも地方で事情が変わり、関西では濃厚でスパイシー(オリバーソースの「どろソース」など)、広島では野菜やフルーツを使用した甘口(『オタフクソース』はこの典型)、関東では中濃ソースやそれをベースとした醤油仕立てである事が多い。
このほか、変化球としてポン酢や出汁醤油など、名前通り食べる人の「お好み」で味を付ける場合もある。

これに香川うどん福岡とんこつラーメンが加わる事によって西日本小麦(と水)の消費量が半端なくなる。

大阪風お好み焼き

特に「お好み焼き」して広く普及しているのが、キャベツを混ぜた生地をベースとする大阪風である。

焼き方は小麦粉・卵・(山芋)を水で溶き、やや薄めの生地を生成する。
これにキャベツを刻んで混ぜ込み、を引いた鉄板フライパン)の上で円形に成型しながら焼いていく。
キャベツ以外の具材は、混ぜ込む・先に焼いて生地の下に敷く・焼いてから載せる・生のまま載せるなど、店や家庭によってスタイルが変わってくる。
天かす天ぷらを上げた時に出る衣の破片)を混ぜる事も多い。
一般的なのは豚肉(豚のバラ肉)の薄切りを載せた「豚玉」イカをふんだんに使った「イカ玉」、イカ玉の海老版「海老玉」、豚・イカ・海老をすべて載せた「ミックス玉」など。
家庭でやる際には、干しエビやスルメで安価に済ます場合もある。

味付けは辛口ソースとマヨネーズ、青海苔と削り節をトッピングする。紅生姜を添える事もある。

お好み戦争

ちなみに広島においてのお好み焼きは「広島焼き」とも呼ばれるが、熱烈な広島風ファンの前では「広島風~」も含めてケンカの火種になるので禁句である。

そもそも双方のお好み焼きの起源自体、枝葉の感覚がが少し開いているためか、大阪風好きと広島風好きがお互いにお好み焼きについて語り出すと、喧嘩に発展するのが半ば形式美ともなっている。

関連イラスト

お好み焼き

お好み焼き
大阪名物 豚玉モダンの大盛り


オリジナル

コナモンの日
お好み焼き


版権

奇跡の価値は (お好み焼きver)
お好み焼きデート


がんばれ小傘さんVol.17 表紙イラスト
イカ玉



関連動画

大阪風

広島風

冷凍お好み焼きができるまで


関連タグ

料理 和食 日本食 食品 食物
粉もの 青のり 紅生姜 かつおぶし / 鰹節   キャベツ マヨネーズ ソース 小麦粉 鉄板
たこ焼き もみじまんじゅう もんじゃ焼き 焼きそば
お祭り 屋台 大阪 広島

関連キャラ

久遠寺右京 森井夏穂 日野あかねどれや
ベジータ様のお料理地獄
王様の耳はオコノミミ

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「お好み焼き」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1150350

コメント