ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

影浦雅人

かげうらまさと

影浦雅人とは、ジャンプSQ.で連載中の漫画『ワールドトリガー』の登場人物
目次 [非表示]

「よぉチビ……遊ぼうぜ」


プロフィール

ポジションアタッカー
年齢18歳
誕生日6月4日
身長177㎝
血液型B型
星座うさぎ座
職業高校生
好きなもの寿司焼き鳥漫画、作戦室でダラダラ
家族父、母、兄
CV杉田智和

概要

ボーダー本部所属B級影浦隊の隊長。ポジションはアタッカー。

ボサボサの髪にギザギザの歯、そして獣のような鋭い眼光が特徴。普段は白いマスクを着けている。


初登場は第108話(13巻収録)。自身の陰口を叩いていたC級隊員二人に対していきなり攻撃して首をはねるという中々インパクトのある登場をした。(なお、トリオン体だったので、二人に怪我は無い)


人物像・活躍

見た目に違わず気が短く粗暴な性格で、度々暴力事件を起こしている問題児。

根付さんアッパー事件による隊務規程違反で部隊がB級に降格&個人ポイント8000pt剥奪の処置を受けている。

なお、上記のC級に対する攻撃によって、さらに追加で2000pt剥奪されたらしい。


後述する副作用(サイドエフェクト)の影響により、人間関係でかなり嫌な思いを重ねて来たらしく、彼の人格形成に大きく影響を与えているようである(そのためか、異性の好みも性格が良いに偏っている)。


しかし村上曰く、「根は単純で裏表がない」らしく、自分を見て怯えるC級隊員に向かって襲い掛かるようなポーズをとって驚かせるなどお茶目(?)な一面もある。

(「・ω・)「ガオー


影浦隊の面々をはじめ、同い年の村上荒船など親しい間柄の人物からは「カゲ(さん)」と呼ばれており、影浦自身も村上の事は「鋼」と呼んでいる。

近界への遠征には興味がなく、そのせいか他チームのランク戦の映像記録は滅多に見ない様子。ボーダー内では周知の事実となっていた千佳が人を撃てないという事実を知らないどころか、ランク戦で使うマップすら全種類把握していなかった。


実家はお好み焼き屋をやっており、荒船はそこの常連客でもある。またそれ以外にも多数のボーダー隊員が集う人気店。両親と兄が店を経営しており、以前は東三門寄りに店を構えていたが1年半前に警戒区域拡大に伴い梅見屋橋の辺りに移転した模様。


村上が仲介する形で遊真と顔合わせする事になるが、この時は個人戦は受けずに作戦室で映像記録を見に行っている。その姿を見たゾエさんが「やっとやる気になってくれた」と感激していた。


続くB級ランク戦第四戦「二宮隊vs影浦隊vs三雲隊vs東隊」では、遊真を優先的に狙いつつも、隙を見せた相手には容赦なく襲いかかり、2得点を上げた。

最終的に遊真との一騎打ちを二宮に潰されてしまい、狙撃手のも残っていた事から、三者睨み合いのまま時間切れで試合終了となった。


ROUND5では描写こそないものの東隊・弓場隊と対戦している。三雲隊と同じく夜の部であったため、数十分前に行われていたガロプラ戦には参加していない。


ROUND4以降遊真の事をかなり気に入ったらしく、後日個人戦を挑んだり、実家に招いてお好み焼きをご馳走したりしている。


B級ランク戦第7戦で鈴鳴第一・東隊とともに玉狛第2と再戦。試合前にユズルが千佳のために個人で遠征を目指す決意をしたことで、それまでとは変わって勝ち負けにこだわるような行動が見られるように。解説の犬飼からも変化を指摘された。転送してすぐに北添と合流して村上・来馬と闘う。鈴鳴第一の暗闇作戦に引っかかって村上の攻撃で重傷を負った。そのすぐ後にやって来たヒュースのエクスードで鈴鳴ともども分断され、遊真ヒュースと闘うもののヒュースの時間差射撃で脚に重傷を負う。しかし北添が緊急脱出間際に放っていたメテオラで階下に逃げる…途中で緊急脱出した。ただ、彼の緊急脱出の原因は村上に負わされた傷でトリオンが切れたことによるものだった。そのため、犬飼は順位が拮抗している玉狛に点をあげたくなかったのではと推測している。この試合の影浦隊の最終得点は2点で、6点獲った玉狛には敗北を喫することに。だが、最終解説のときにはユズルを不器用ながら叱咤激励していた。


その後の最終戦では東隊と王子隊と対戦。最終結果4対3対3で東隊に敗北している。具体的な試合描写は無いが、奥寺を取ったのちに東に撃ち取られたらしい。


遠征選抜試験では第1プールで柿崎に指名された。チームメイトは彼に加えて藤丸太一・犬飼。13巻カバー裏によると影浦は犬飼のことを一方的に嫌っているらしいと称されていた。

その関係性は審査側からも「(柿崎3番隊は)何が起こるか分からない」と不安材料のひとつとして懸念されていたが、案の定、特別課題の方針や太一の姿勢を巡って意見を対立させることとなった(ただし、犬飼曰く「(以前は会話すらままならなかったため、意見をぶつけあえるだけでも)過去イチで良好」とのこと)。

その後、彼なりに太一をフォローしたり、また彼自身も進歩の兆しをみせるなど、遠征選抜試験を通して変化がみられている。



戦闘能力

主な使用トリガーは「スコーピオン」。個人ポイントは4780ptで攻撃手ランキングには入っていないが、これはペナルティで-10000ptの罰則を食らっているためで、実質的なランクは攻撃手4位相当(村上の一つ上)であると考えられる。


トリガーセットから分かるように攻撃方法は「スコーピオン」のみと、搦め手は使わない純粋な近接型。


「スコーピオン」をムチのように細長く変形させて離れた相手を攻撃する蛇腹剣のような扱い方をするのが特徴。その正体はスコーピオンを2本つなげて使う荒技「マンティス」で、桜子によれば影浦自身が考案したとの事。この技により、攻撃手としては長いリーチを持つ。

他にも第七戦ではマンティスをフックショットのようにビルの縁に引っ掛けて空中移動する技も見せた。

マンティスはその特性上、使用中はフルアタックになるのでシールドが使えるなくなるという弱点を持つ。しかし、サイドエフェクトを用いた回避とマンティスというトリッキーな攻撃によりそれをカバーしている。


前述の通り、隊務規程違反のペナルティで大幅減点を受けているため順位こそ低いがボーダーでも屈指の実力を持つ攻撃手であり、攻撃手4位の村上が個人戦で勝ち越せていない四人の内の一人である(他の3人は太刀川風間小南)。


パラメーター

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
71257924551

トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
スコーピオンスコーピオン
FREE TRIGGERFREE TRIGGER
シールドシールド
FREE TRIGGERバッグワーム

副作用(サイドエフェクト)

「感情受信体質」

自分に向けられた他人の意識や感情を肌で感じ取ることが出来る。感覚としては「肌にチクチクと刺さるような感じがする」らしい。信頼や恐れなど感情ごとに刺さり方が異なり、負の感情ほど不快に感じるとのこと。

作者曰く「作中トップクラスにしんどいサイドエフェクト」。


日常生活では難儀なことこの上ないが、戦闘ではプラスの恩恵が強く、自分の方に意識が向いてさえいれば相手が死角や離れた場所に居ても攻撃を察知できるので、彼相手に不意打ちや狙撃を決めるのは難しい(加古曰く「乱戦では有利」)。

現に、上記の遊真との一騎打ちの最中には二宮が「両攻撃追尾弾」で乱入したが、いち早く察してシールドを展開し、被弾を防いでいる。


ただし、流石に相手の思考までは分からない上に、影浦本人が「クソ能力」「便利じゃない」と愚痴っていることから、本人の意思とは関係なく受信してしまうものと推測される。

一応敵意無く攻撃出来れば感知をすり抜ける事ができるが、そんな殺し屋のようなスキルを持ち合わせている者はそうそういない。現在のボーダーでは遊真くらいとの事で、これが遊真を気に入った理由でもある。


なお、普段マスクを着用しているのは、少しでも肌の露出を減らしてSEによって受ける感情を軽減しようとしているためである。


必ずしも影浦個人に向けられた感情だけを受信するわけではないらしく、感情を向けた範囲内に影浦が含まれていれば受信してしまうような描写がみられる(例:影浦個人に対してではなく、影浦隊全体に向けられた憐れみの感情が刺さる、など)。

なお、それが原因となり上記の根付さんアッパー事件を引き起こしている。


関連イラスト

カゲさん影浦せんぱい

言ってみろよ 俺がなにしたってんだ?


関連タグ

ワールドトリガー

影浦隊 絵馬ユズル 北添尋 仁礼光

村上鋼 荒船哲次 空閑遊真

柿崎3番隊 柿崎国治 藤丸のの 別役太一 犬飼澄晴

関連記事

親記事

影浦隊 かげうらたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10964574

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました