ピクシブ百科事典

別役太一

べつやくたいち

別役太一とは、ジャンプSQ.で連載中の漫画『ワールドトリガー』の登場人物
目次[非表示]

「うしろはOKっす!」

プロフィール

ポジションスナイパー
年齢16歳
誕生日11月27日
身長168cm
血液型B型
星座くじら座
職業高校生
好きなものナポリタントマト系、ジオラマ作り
家族祖母、父、母
CV増尾興佑


概要

ボーダー所属、鈴鳴第一(来馬隊)のスナイパー。
6巻の大規模侵攻編で初登場。
常に耳当て付きの帽子をかぶっている少年。(この帽子は陽太郎のヘルメットを見た来馬が買い与えたもの)

人物像・活躍

元気で明るい性格だが、とにかく落ち着きがなくそそっかしい典型的なドジっ子であり、本人に悪気はなくとも結果として壊滅的な被害をもたらしてしまう、作者曰く「本物の悪」
日頃から何かしらのドジを踏んだり空気の読めない発言をしたりしてはオペレーターのに叱られている。作中ではカップラーメンを一度に二つ(アニメではカップ焼きそばも追加)も台無しにしたほか、様々な意図せぬ惨事を引き起こしている。

学業に関しては壊滅的であり、同級生たちの中でも一番成績が低い。

県外からのスカウトでボーダーに入隊した。

アフトクラトルの新型トリオン兵「ラービット」の足止めを村上に任せた後、来馬と共にが指揮するB級合同部隊に合流。
その際にランバネインと交戦するが、茶野隊がランバネインに瞬殺されて動揺したところを攻撃され、吹き飛ばされて戦線離脱となった。

B級ランク戦では、三日目昼の部(第三戦)にて、三雲隊那須隊と対戦。
不用意に攻撃して那須隊に狙撃位置を割り出されてしまうなど未熟な面が見られたが、来馬と合流後は彼と上手く連携して那須の猛攻を凌いだ。しかし、後半で僅かな弾速の違いから那須の攻撃がバイパーでないことを見抜き、手負いの来馬を庇って那須のトマホークの直撃を受け、ベイルアウトした。

ガロプラ襲撃時には狙撃部隊の一員として基地の屋上に配置され、ガロプラのトリオン兵団を迎撃した。
その最中、破壊された犬型トリオン兵「ドグ」の頭部が頭に噛みつくような恰好になり、当真に外してもらっていた。

その後のB級ランク戦第七戦では、なんと作戦立案を担当。
来馬から「太一にしか思いつかない」と言われたその内容は、屋内戦主体のステージ「市街地D」+時間夜に設定し、皆が主戦場であるショッピングモールに集まった所で電源を操作して混乱させるという中々に嫌らしいものである。(明かりの状態に合わせて暗視モードのON/OFFを切り替える必要があるため、一時的に視覚面で優位が取れる。また、暗闇に紛れさせるために村上の孤月も黒塗りにしている。€)
この策で影浦に決定打を負わせる事には成功したが、窮地を察して離脱しようとした所を遊真ヒュースに捕まり撃破された。
ちなみに、この戦いでは隠密のためか、アレのように地を這って移動していた。

戦闘能力

基本使用するトリガーはイーグレットだが、来馬と連携して射撃戦をする場合が多いため、ライトニングに持ち変えることも多い。

入隊してまだ一年程のため実戦経験が少なく、未熟な部分を見せるときもあるが、県外スカウト組というだけあり、那須のバイパーとトマホークの違いを初見で見抜くなどその才能の片鱗を感じさせている。

パラメーター

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
5645772238


トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
イーグレットバッグワーム
アイビスFREE TRIGGER
シールドシールド
ライトニングFREE TRIGGER

※B級ランク戦ROUND7ではエスクードを装備していた

作者のキャラ評

ぼうし はちのす したまつげ【太一】
東さんについていったらコナゴナになった不安な狙撃手。ドジっ子の天稟があり、良かれと思ってやったことで時に壊滅的な被害を及ぼす本物の悪。アクアリウムを勝手にいじって全熱帯魚を白ゆで状態にしたのに、血涙を流してゆるしてくれた来馬先輩を心の底から尊敬している。

(JC7巻 カバー裏より)

関連タグ

ワールドトリガー
来馬隊 来馬辰也 村上鋼 今結花

関連記事

親記事

来馬隊 くるまたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「別役太一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 395135

コメント