ピクシブ百科事典

柿崎国治

かきざきくにはる

柿崎国治とは、『ワールドトリガー』の登場人物。ボーダー本部所属B級13位柿崎隊隊長。
目次[非表示]

(この部隊は、こんなとこにいるべき部隊じゃねえんだ……!)

プロフィール

ポジションオールラウンダー
年齢19歳
身長177㎝
誕生日11月25日
星座くじら座
血液型A型
職業大学生
好きなもの牛丼、スイカ、スポーツ全般
家族父、母、犬
CV田中大文

概要

ボーダー本部所属B級13位柿崎隊の隊長。
体格の良い短髪の青年で、あだ名は「柿崎(ザキ)さん」。嵐山隊の初期メンバーであり、現ボーダーが設立された4年前に入隊した。2年ほど前に嵐山隊が広報部隊になることが決まったのを機に脱退し、自分の隊を立ち上げた。

初登場は7巻。アフトクラトルによる大規模侵攻で防衛任務にあたる部隊の1つとして登場していた。

人物像

気さくな性格で面倒見がよく、かつてのチームメイトである時枝をはじめ多くの友人や後輩から慕われており(嵐山隊を抜ける際、佐鳥が泣いて残念がったほど)、素行の悪い影浦からも(あだ名とはいえ)「さん」付けで呼ばれていることからもその人柄の良さが窺える。部下の照屋も柿崎を慕って柿崎隊に入った。
しかしその面倒見の良さと生真面目さから、どうしても慎重になりすぎる傾向があり、B級ランク戦では上位に届かず、そのことに責任を感じている。
また振り回され体質でもあるようで、影浦と加古が本部の廊下で遊真の取り合いを始めてしまった時は事態を収めようと四苦八苦していた。

好きなものに「スポーツ全般」とあるようにオフの日には歌川熊谷らとバスケなどに興じるスポーツマンで、雨の日には作戦室に持ち込んだルームランナーで走り込みをしている。

活躍

初登場となる大規模侵攻では、東隊荒船隊と共に南部方面の防衛を担当。
人型近界民の出現後はの指揮下に入り、ランバネインと戦う米屋達を援護した。

B級ランク戦では第3試合で荒船隊に負けたことで一度下位に落ちてしまうが、第4試合に勝利して中位に復帰。
5日目夜の部にて玉狛第2(三雲隊)・香取隊と対戦。マップは工業地区を選択する。
試合は終始玉狛第2のペースで進み、後半で遊真に巴を落とされ、自分も左手を失うが、千佳を落とすために照屋を向かわせた後、自分を落としに来た遊真の動きを封じてゼロ距離射撃を浴びせる。相討ちには一歩届かず自分だけベイルアウトとなったが、遊真にもベイルアウト寸前の大ダメージを与えることに成功した。
その後、試合は照屋が有言実行して千佳を落としたものの、最終的に遊真が生き残ったため2点目獲得はならず、チームも大敗を喫する。試合終了後、自分の対応の遅さをチームメイトに詫びるが、責められるどころか逆に励まされ、次の試合に向けて新しい作戦を練る三人を見て吹っ切れたような表情を浮かべていた。

最終戦round8では、玉狛の試合を隊の仲間と一緒に観戦している。

遠征選抜試験編では11人の臨時隊長に指名される。オペレーターには藤丸が指定され、隊員として別役影浦犬飼の3人を指名する。

閉鎖環境試験前に玉狛支部にきて宇井と虎太郎と同じ部隊になった修と遊真に挨拶しに来ているなど、隊員に慕われるだけの事はあると言えよう。

戦闘スタイル

ポジションはオールラウンダーで、突撃銃型の銃と弧月を主に使用する。
責任感が強い性格のため作戦が慎重になりすぎてランク戦では後手に回りがちでチームの順位は伸び悩んでいるが、大規模侵攻ではそれが功を奏し、B級の部隊では唯一脱落者を出さずに戦い抜くことが出来た。
戦闘・指揮能力については自己評価の低い面が目立つが、彼の脱退後木虎の入隊まで嵐山隊の戦績が低迷したことや、遊真を相打ち寸前まで追い詰めたことなどから、少なくとも個人の戦闘力についてはそれなりに高いことがうかがえる。

トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
アステロイド:突撃銃弧月
メテオラ:突撃銃旋空
シールドシールド
FREE TRIGGERバッグワーム


パラメーター

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術TOTAL
7777746247


関連タグ

ワールドトリガー
柿崎隊照屋文香 巴虎太郎 宇井真登華
嵐山隊嵐山准 時枝充 佐鳥賢 綾辻遥
空閑遊真 加古望 
柿崎3番隊 藤丸のの 別役太一 影浦雅人 犬飼澄晴

関連記事

親記事

柿崎隊 かきざきたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「柿崎国治」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「柿崎国治」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1140150

コメント