ピクシブ百科事典

界境防衛組織「ボーダー」

かいきょうぼうえいそしきぼーだー

界境防衛組織「ボーダー」とは、週刊少年ジャンプで連載中の漫画『ワールドトリガー』に登場する架空の組織
目次[非表示]

概要

近界民の技術を独自に研究し、「こちら側(達が住む世界)」の世界を守るために設立された民間組織であり、侵攻してくる近界民と戦うことを仕事とする。現在の最高司令官は城戸正宗

運営資金を主にスポンサーから調達していることや人員を近隣の住民(主に学生)から募集しているのもあって、市民からのイメージを大切にしており、一般的な隊服のデザインを威圧感を与えないジャージスタイルにしたり、広報担当の隊や部門が存在していたりする。

存在自体は以前からあったが、公に活動するようになったのは4年半前の第一次大規模侵攻から。
現在の本部はその際、建設されたものである。
それ以前からボーダーに所属していたことが確認されているのは小南林藤忍田城戸空閑父など。
”公になる前のボーダー”は旧ボーダーと称する。(後述)

また、ボーダー内は一枚岩ではなく、大まかに3つの派閥に分かれている。

  • 城戸派 近界民は絶対許さないぞ主義の強硬排除派。最大派閥
主な隊員:太刀川隊風間隊冬島隊二宮隊天羽月彦など

  • 忍田派 街の平和が第一だよね主義の専守防衛派。隊員の3分の1はここに所属
主な隊員:嵐山隊諏訪隊柿崎隊東春秋など

  • 玉狛派 近界民にもいいヤツがいるからなかよくしようぜ主義の友好派。
主な隊員:玉狛第一玉狛第二迅悠一夏目出穂など

  • 派閥なし自由派
主な所属隊員:加古隊那須隊影浦隊など

なお、どの勢力も「三門市を近界民の侵略から守る」という目的は共通しているため、黒トリガー争奪戦のような特例を除けば、表立った派閥争いは行われていない。

また、本部以外にも、警戒区域の外縁上に6つの支部が存在している。
それぞれ玉狛支部鈴鳴支部、綿鮎支部、弓手町支部、早沼支部、久摩支部。
基本的には、週2回行われるランク戦に出られない、つまりA級を目指さない隊員たちが所属しており、仕事や学業などを優先できる。
玉狛支部以外は地域住民の窓口にもなっている模様。

活動内容

近界民撃退
一番わかりやすい基本業務。第一次大規模侵攻以来、散発的だがトリオン兵が送り込まれ続けているため、正隊員達がシフトを組んで交代で警戒区域内を巡回し、逐一撃退して回っている。

トリガーの研究開発
専属の研究チームが行っている業務。新しいトリガーを製造したり、隊員達が撃破・回収したトリオン兵の解析などを行う。

近界遠征
遠征艇に選抜試験で選ばれた隊員を乗せて近界の調査を行う。
これは機密情報なので、世間には公表されていなかった。

指揮系統

命令の重複を避けるために、直属の上官のみが部下に命令を与えられるようになっており、どんなに偉かろうが部署が違えば直接的な指揮権は無い。

所属者

本部上層部

CV:桐本琢也
本部司令。ボーダー最高責任者。
42歳独身。身長178㎝。9月1日生まれ。おおかみ座のO型。
近界民を憎み、ボーダーを大きくすることに心血を注ぐ。
「近界民は絶対許さないぞ主義」派閥トップ。

CV:塩屋浩三
ボーダー本部開発室長。
48歳バツイチ。身長161㎝。7月14日生まれ。つるぎ座のB型。
門誘導システム開発、本部基礎システムの構築、ノーマルトリガーの量産などをやり遂げた。

CV:島田敏
ボーダーメディア対策室長。
39歳独身。身長167㎝。6月2日生まれ。うさぎ座のA型。
あらゆるメディアに対応する敏腕スポークスマン。

CV:竹本英史
ボーダー外務・営業部長。
33歳独身。身長177㎝。5月17日生まれ。ねこ座のB型。
ボーダー資金調達・対外交渉すべてを1人で裁く凄腕。
この人が居ないとボーダーがとても困る。

CV:草尾毅
ボーダー本部長。防衛部隊指揮官。
33歳独身。身長181㎝。10月16日生まれ。みかづき座のA型。
A級1位部隊隊長太刀川慶の師匠であり、ボーダー本部においてノーマルトリガー最強の男。
「街の平和が第一だよね主義」忍田派閥のトップ。

CV:桑島法子
本部長補佐。元防衛隊員。
25歳。身長164㎝。7月22日生まれ。つるぎ座のA型。
B級と同期入隊。
忍田本部長に恋心を抱いているが、任務を優先するために隠している。

CV:藤原啓治
ボーダー玉狛支部支部長。
34歳。身長179㎝。11月2日生まれ。とけい座のAB型。
旧ボーダー創設メンバーの1人であり、城戸正宗空閑有吾(遊真の父)、最上宗一(の師匠)の後輩にあたり、本部長の忍田真史とは同輩。

隊員

主なメンバーはワールドトリガーA級隊員一覧ワールドトリガーB級隊員一覧ワールドトリガーC級隊員一覧を参照。

隊員

約600名の戦闘員を訓練生のC級隊員、一般隊員のB級隊員(約100人)、精鋭のA級隊員(約30人)、黒トリガー所持者のS級隊員に振り分けて運用している。
正隊員であるA級・B級隊員には撃破数に応じて給与が出る(A級隊員は基本給も加わる)他、侵攻などの事件後は功績により論功行賞(特級~二級)としてポイント+報奨金が与えられる。

入隊希望者はまず、基礎体力テスト・基礎学力テスト・面接を受けるが、実際は会場に仕掛けられた計測器で測ったトリオン能力で判定されており、トリオン量が少なかったり犯罪歴があったりしない限り落とされることはない。
受かった場合は仮入隊扱いとなり、個人の素質などからボーダーが適正と判断した訓練用トリガーが1種類支給される。
その後、1月・5月・9月の年3回設定されている「正式入隊日」にC級隊員として入隊し、ボーダー本部にてまず「入隊指導」を受ける。
なお、大規模侵攻後は入隊希望者が増大したため、入隊式は月に1度実施されるようになった。

正隊員(B級隊員)に上がるためには、自分の所持する戦闘用トリガーに設定されたポイントを「4000」まで上げる必要がある。
なお、ほとんどの隊員は「1000」スタートであるが、仮入隊時に高い素質を認められた隊員はその限りではない。

ポイントを上げる方法は「週2回の合同訓練でいい成績を残す」または、「ランク戦でポイントを奪い合う」の2つ。
合同訓練は「地形踏破」・「隠密訓練」・「探知追跡」・「戦闘」の4種あり、満点の場合各20点。
また、月に1度入隊式が行われるようになってからは、仮入隊期間が確保できなくなってしまったため、仮入隊期間での査定の代わりに「バトルロイヤル」が行われることとなった。
バトルロイヤルは、1グループ5人に分かれて仮想空間で戦闘を行い、1人倒すごとにポイントが+120点されるというもの。この訓練は4試合行われ、すべての試合で全員を倒した場合、合計1920点ものポイントが加点される。

そこからA級隊員に上がるためには、1~4人+オペレーターで隊を作り、B級ランク戦で勝ち抜く必要がある。

なお、隊員の多くが10代後半~20代前半だが、これはトリオン器官の成長限界が20歳前後のためである。そのため、学業との両立をスムーズにさせるべく、2つの高校(普通校と進学校)と提携している。ただし、進学の自由は認められているため、他の学校へ通う者もいる。

兵種

使用トリガーと戦闘距離により分類されており、合同訓練やランキング戦も同分類で分かれて行う。
役職は下記の通り。

兵種漢字表記内容
アタッカー攻撃手主に剣を使う近接戦闘ポジション。戦闘の花型であり、人気も高い
ガンナー銃手銃を使う中距離戦闘ポジション。リーチに優れる反面火力が低い
シューター射手銃を使わずにトリオン弾を直接操る中距離戦闘ポジション。銃手よりも射程や命中精度で劣るが、状況に合わせて弾丸の能力を調整出来る
スナイパー狙撃手狙撃銃を使う遠距離戦闘ポジション。近接戦は苦手なので、隠密戦闘が基本となる
オールラウンダー万能手攻撃手と銃手・射手を兼任するポジション。認定されるには、各トリガー6000点以上持つ事が条件となる
パーフェクトオールラウンダー完璧万能手通常の万能手に加えて狙撃手にも対応したポジション。荒船の定義では攻撃手、銃手、狙撃手で各8000ポイント以上持つことが条件らしい。該当する隊員は木崎レイジのみ。
トラッパー特殊工作兵罠を用いて戦闘を補助する特殊ポジション。現状かなり少数
スポッター観測手詳細不明。該当するのは、尼倉亜澄のみ
オペレーター -敵味方の位置や視覚情報の補助等のバックアップを行う。各隊に必ず1名必要

ランク戦

ボーダー内で行われている模擬戦。個人(ソロ)戦と団体(チーム)戦が存在する。
なお、団体戦は各チーム原則週2回行われる。

個人(ソロ)戦は互いの合意の元で1対1で対決し、所持トリガーの持ち点を奪い合う。
ネット対戦の「レート制」のようなシステムになっており、所持点が自分より高い相手に勝った場合多くの点が入るが、少ない相手に勝った場合は点の入りが少なくなる。
なお、C級隊員と正隊員の対戦は原則禁止となっており、それでも行う場合は双方が合意した上で持ち点のやり取りは無しという条件が付く。

B級ランク戦(団体戦)は、2月、6月、10月の年3回、3カ月かけて行われる。
順位に合わせて上位・中位・下位の3グループに分けられ、同じグループの3~4チームが一同に会して戦う。対戦カードは暫定順位に合わせて逐一組まれ、最終的に1~2位の隊には、A級への挑戦権が与えられる。

対戦の模様は、本部の専用会場で実況中継され、支部のモニターにも放送される。
実況は他の隊のオペレーターが行い、さらに解説として非番の隊員2名が呼ばれる。
ちなみに、この実況は武富桜子がその必要性を熱心にプレゼンした事で後から作られた制度であり、解説のキャスティングも彼女によるものとなっている。

基本ルールは以下の通り

  1. 敵の隊員を撃破した場合+1点。トリオン漏出過多で脱落した者については「もっとも多くダメージを与えた」と判定された隊に点が入る。
  2. 時間内に決着が着いた場合、生存者がいる隊に+2点。なお、点数は何人残っていても一律で、時間切れの場合はどの隊にも点が入らない。
  3. 任意の緊急脱出は「半径60m内に敵の隊員がいない場合」に限る。なお、その場合他の隊へ点は入らない。
  4. ステージ選択権は、対戦する中で最も順位の低い隊に与えられる。天候も自由に指定可能。
  5. 制限時間はステージの広さに合わせて45~60分の間に設定される。
  6. 戦闘開始時、各員の転送場所は全てランダム。ただし、一定距離以上の間隔は空けられている。

なお、個人戦・団体戦共に対戦の様子は全てムービーで録画されており、隊員は各自の端末(スマートフォンやパソコン)で自由に視聴可能である。

トリガー

ボーダーが近界民の侵攻に対抗するために不可欠な武装。
詳細はリンク先を参照。

旧ボーダー

元々は近界民との交流をしていた組織であり、現在の玉狛支部が旧ボーダーの本拠地であった。
メンバーは当時19名。玉狛支部が使用しているエンブレムが旧ボーダーのエンブレムであり、また、方針も旧ボーダーのものである。

3つの近界の国と同盟を結んでいたのだが、本編開始より5年前、同盟国の1つが敵国に襲われるという事態が発生。同盟を組んでいた旧ボーダーはこの戦線に加わった。
玄界に戦火が広がる前に何とか敵国は押し返したものの、この戦いにより10名が死亡。何名かが黒トリガーとなった。
因みに、玉狛が使用するエンブレムの上側に存在する3つの丸が、それぞれ同盟関係だった近界国家を表している。

城戸司令が怖い顔になって今のボーダーに繋がるような方針を進め始めたのはその頃からであったという。玉狛支部の面々の殆どは旧ボーダー出身。
詳しいことは162話ショックも参照。

関連タグ

ワールドトリガー
ワールドトリガーA級隊員一覧 ワールドトリガーB級隊員一覧 ワールドトリガーC級隊員一覧
トリガー(ワールドトリガー)

pixivに投稿された作品 pixivで「界境防衛組織「ボーダー」」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2034

コメント