ピクシブ百科事典

木崎レイジ

きざきれいじ

木崎レイジとは、週刊少年ジャンプで連載中の漫画『ワールドトリガー』の登場人物
目次[非表示]

「まだ玉狛は負けてない」

プロフィール

ポジションパーフェクトオールラウンダー
年齢21歳
誕生日7月2日
身長191㎝
血液型A型
星座つるぎ座
職業大学生
好きなもの自己鍛錬、料理
家族祖父、祖母、父、母
CV前野智昭


概要

ボーダー玉狛支部所属A級の木崎隊(玉狛第一)隊長のパーフェクトオールラウンダー。
宇佐美栞に「落ち着いた筋肉」と言われるガッシリとした肉体が特徴で、小南と同様、旧ボーダー時代から所属し続けている古株の隊員である。

狙撃手の経験者が玉狛内で彼だけだったため、雨取千佳の師匠になる。

人物像・活躍

基本的に冷静沈着で落ち着いた性格。
体格に似合わない器用さを持っており、得意料理「肉肉肉野菜炒め」をはじめとした料理をこなしたり陽太郎のかぶるヘルメットを作成したりと、日常でも遺憾なく発揮されている。

始めは小柄な千佳を甘く見ていたが、日がな一日撃ち続けるトリオン量と持久力を見て考えを改め、本来はB級昇格後に教えるようなスナイパーの動作まで教えた。

大規模侵攻の時は、ジープに烏丸小南を乗せて、避難を手伝っている千佳の援護に登場。
その後現れたヴィザヒュースと対峙し、一人で時間稼ぎに努めるもヴィザの黒トリガー「星の杖(オルガノン)」に切り裂かれ敗北。しかし、緊急脱出直前に加えた一撃と星の杖の能力を分析した事により、その後ヴィザの相手をした遊真を優位に立たせた。

93話にて、彼の父親について明かされた。
レイジの父親はレスキュー隊員であり、九年前に小さな子供を庇う形で胸に傷を受け死亡している(傷と状況から近界民によるものだとレイジは推測している)。
この事について彼は父に対し「尊敬はしているが同じ死に方は出来ない」と言っている。
レイジが体を鍛えるのは、父親の「誰かを助けるとき一番役に立つのは鍛え上げた自分の体」・「生きて帰れないのならレスキューとして失格」という教えがあるからである。

161話にて、同じく旧ボーダー時代からの隊員であり、隊員スカウトで県外に出張していた林藤ゆりが帰ってきたのだが、彼女の前ではかつてない程にそわそわしていた。
公式ガイドブックに「好きな女性の前でうまく格好つけることが苦手」とあり、小南曰く「いつものこと」らしいので、まあそういうことなのだろう。

戦闘能力

様々な武装を使いこなし、接近戦と中距離戦だけでなく狙撃手もこなすことが出来るボーダー唯一の完璧万能手
既存のトリガーホルダーでは彼のポテンシャルが最大限発揮できないという理由から、チップの搭載数を14まで増やした特注品を使用している。
それゆえに非常に多彩な武器を扱っているのだが、素手(正確には刃のないレイガスト&スラスターで加速したブースト筋肉パンチ)でラービットやヒュースを殴り飛ばした姿の方が印象的だという人が多いだろう。
殴られたヒュースも驚いているので、作中基準でも普通ではないようだ。

パラメーター

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
119107978566


トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
レイガストレイガスト
スラスタースラスター
シールドシールド
メテオラアステロイド:突撃銃
アステロイド:機関砲ハウンド:突撃銃
バッグワームスパイダー
FREE TRIGGER※フルアームズ(試作)

ガロプラの本部襲撃時にはイーグレットを装備している。

全武装(フルアームズ)

レイジ専用のオプショントリガー。起動すると右肩にミサイルランチャー、左肩にキャノン砲、右手に機関砲、左手には突撃銃が装備され、更に背中から左右に伸びる二本のアームでレイガストを一つずつ装備した、まさに完全武装な姿となる。

大規模侵攻編ではヒュースヴィザを足止めする目的で持久戦を行っていたため未使用に終わったが、ガロプラの本部襲撃時に初披露した。
小南がガロプラ遠征部隊の隊長ガトリンのトリガー「処刑者(バシリッサ)」を見て「レイジさんの全武装みたい」と言っていたが色々載っけてみましたというところは似ている。

全武装については某機動戦士を思い出した者も居たらしい。

関連タグ

ワールドトリガー
玉狛第一 烏丸京介 小南桐絵 宇佐美栞
玉狛支部 迅悠一 雨取千佳 東春秋
21歳組 木崎族

レイチカ

pixivに投稿された作品 pixivで「木崎レイジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3853470

コメント