ピクシブ百科事典

ヒュース

ひゅーす

ヒュースとは、漫画『ワールドトリガー』の登場人物。
目次[非表示]

「貴様を始末して すべてはこの目で確かめる!」


プロフィール

身長171cm
年齢16歳
トリガー蝶の盾(ランビリス)
出身アフトクラトル
好きなもの任務を遂行すること、忠義を果たすこと、絵を描くこと、犬
誕生日6月12日(※こちらの世界における暦)
星座うさぎ座
CV島﨑信長


概要

近界最大の軍事大国である神の国アフトクラトル、玄界(ミデン)遠征部隊に所属する軍人。
「角付き」としては最も若い世代で、安定性・トリオン拡張性共に過去最高である。

ヴィザと共に金の雛鳥・雨取千佳を捕獲するべく、三雲修達の前に現れる。

人物像

堅苦しい口調通りの生真面目な性格。
元はアフトクラトルの平民の出であるが、才器を見込まれてベルティストン家配下「エリン家」に引き取られ家族同然に育てられた。それ故、主であるエリン家当主には犬っころと揶揄されるほど強い忠誠を誓っている。

目上の者(ヴィザ陽太郎)に対しては敬意を払うが、格下と見た相手(エネドラ小南)には尊大な態度を取る。
普段はクールぶっているが、年齢相応に単純な面があり、褒められればドヤ顔になり、烏丸の嘘に騙されると愕然とした表情を浮かべるなど、結構表情豊かである。

冷静であれば、物事を客観的に見られる観察力があり、三雲隊やボーダーに対する戦力分析も的確。
ただ、自国への忠誠心からか、口にする際にはトゲのある言い方をする。

日常生活では、困ったことが起きても自分から助けを求めようとせずに誰かが助け舟を出してくれるまで黙って待っていることが多いという困った一面があり、小南からは「甘えんボーイ」と称されている。
作中では、壊れた電子レンジの横で平然と立ち尽くしていたり、日本語が読めないことを細井が気づくまで黙っていたり。

活躍

千佳達を狙って襲撃し、応援に駆けつけていた玉狛第一と交戦。
ヴィザとの連携でレイジを撃破したが、途中で現れた遊真によってヴィザと分断され、と交戦する。
この時点で、にマーカーを埋め込み居場所を知らせるという次善策を打っており、大局的には時間稼ぎだけでも十分だったはずなのだが、迅の言葉と未来視のサイドエフェクトに翻弄され、焦って攻撃した事で逆に大きく足止めされてしまう。
そうこうしているうちにレプリカの活躍で部隊は強制撤退する事になるのだが、彼は回収されずにこちらの世界に置いて行かれてしまう。
そして戦闘終了後は、相手をしていた迅の勧めで捕虜としてボーダーに捕まる。

その後は玉狛支部の監視下に置かれ、B級ランク戦ROUND3からは支部のモニターで三雲隊の対戦を観戦している。
1度は本部に招集され、エネドラが仲間に殺された事も知らされたが、アフトクラトル本国の情報に関しては頑なに黙秘を貫いている。
というのも、彼は隊長のハイレインよりも直属の主君である「エリン家の当主」に忠誠を誓っているため。しかし、ハイレインはその人物をマザートリガーへの生贄である神候補にしようとしており、事前に抵抗戦力を排除するために彼をこちらの世界に置いて行ったのである。
彼自身がこうした企みをどこまで知っているのかは不明だが、一刻も早くアフトクラトルへ帰国したいと考えており、そのために近界の地図などの脱出道具をアクセサリに偽装させて隠し持っている。

そして、ガロプラの襲撃に対する対策で見張りが寝落ちした陽太郎だけになった隙に脱走し、隊員のレギンデッツへ接触する。
しかし、ガロプラには捕虜の抹殺命令が下されており、同行しての帰国が叶わない事を知ったため、B級ランク戦ROUND4の際にと交わした賭けの権利を使い、彼の提案に乗って三雲隊へ参加する事でボーダーの遠征部隊に加わりアフトクラトルへの帰国を目指す。
なお角については、角のない姿のトリオン体に変え、日本人離れした外見はカナダ人という事にしてごまかしている。

もっとも、あくまで自国への忠誠が最優先のため、情報提供は他国に限定するとしており、さらにからの指示も妥当性が感じられなければ無視すると明言している。
とはいえ、B級ランク戦ROUND6と同日に入隊した後は、5人制バトルロイヤルでの4連勝+個人戦でC級3馬鹿を蹴散らして即日B級昇格決定というボーダー史上初の快挙を成し、さらにB級攻撃手相手に連勝を重ね、生駒達人とほぼ互角、太刀川慶にも1本は取る、と実力の高さは示している。

その後は、来るB級ランク戦ROUND7での秘密兵器となるべく支部内で修練を積んでいる。
ボーダー内では近界民である事を隠す為、玉狛のエンジニアで同じく近界民のミカエル・クローニンの親戚ヒュース・クローニンを名乗っている。
またクローニン姓を名乗っているのは、林道支部長から本部に所属している隊員の中でも、近界へ遠征に行った事のある隊員へのヒュースが近界人であると言う隠れたメッセージであり、近界へ遠征に行った事のあるは修へ後にこのメッセージの事を教えた。

デビュー戦のB級ランク戦ROUND7では、点を効率よく稼ぐために遊真との合流を優先。遊真と合流した後は戦場となるショッピングモールの電気系統をコントロールするために、1人浮いていた太一を強襲し倒した後は、遊真と共に戦闘していた影浦隊鈴鳴第一ら元へ行くと自分がランク戦のデビューである為、自身の手の内を他の部隊が知らない事を利用し、バイパーの弾道変化を終始使わず、アステロイドの様に使ったり、自身のトリオン量の多さによってエスクードの欠点を気にする事なくエスクードを自在に使用し、遊真との息のあった連携で影浦ゾエさん村上らを倒した。最後は東によって倒されるも、直前に放ったバイパーによる射撃で東の脚にダメージを与え、その後千佳にメテオラでの爆撃を指示する事で生存点を獲得に成功した。試合後にバイパーの弾道変化を使わなかった理由を修から聞かれると、自身の予定では本来ならROUND7で影浦隊から大きくリードを取る予定だったのが、影浦が鈴鳴の得点になった事や、様々な要素で決定的な差をつけられないと判断し、次戦に備えて温存したと修に話した。

しかしROUND7で実力者相手に大暴れしたことで本部の人間に不信感を与えたらしく、試合直後にC級隊員の間で彼の正体は近界民であるという噂が流布した。
そこでメディア対策室長の根付と東が「ヒュースは玉狛エンジニアのミカエル・クローニンの親戚であり、迅が抜けた後の玉狛第一に編入するつもりで玉狛で秘密裏に訓練を受けていたが、迅がS級隊員ではなくなったために第二にスライド編入することになった」というウソの噂を流すことで凌いだ。
また、千佳は本当は人を撃てるのでは?という疑問を兼ねてから持っており、ROUND7から数日後その疑問を彼女にぶつけた。その時は彼女が青ざめて震えだしたので一旦追及をやめたが、このことは千佳が人を撃つ決意をする切っ掛けとなった。

ROUND8では二宮隊生駒隊弓場隊と対戦。
今回は仲間とかなり引き離された場所に転送されてしまい、犬飼・生駒・水上南沢弓場帯島の7人に袋叩きにされる羽目になる。しかし宇佐美の的確な支援もあり解説の王子に「なんであれで死なないんだろうね……」と絶賛されるほどの粘りを見せ、倒される間際に放った隠し玉のバイパーで生駒を倒した。またギリギリまでバイパーの弾道変化を使わなかった事と自身が強引に包囲を脱出し二宮へ強引に動く行動によって、自身のバイパーを二宮に対する切り札だと印象付ける事で、修が密かに用意したもう一つの切り札への意識を逸らした。

その後の遠征選抜試験では若村麓郎率いる若村11番隊に第3プール1位指名を受ける。

戦闘能力

蝶の楯(ランビリス)

ワートリ絵まとめ:ヒュース
WTログ4【腐】


アフトクラトルでも最新鋭と言われるトリガーで、磁石のような引力・斥力を放つ多数の三角形の結晶体を操る。
結晶体は一欠片単位で操作可能で、結集させる事で様々な形状を取れるのが特徴。
作中では、「弾丸を反射する盾」「球状の防御陣」「銃」「レール型の加速装置とその補助を行う羽」「スパイク付きの車輪」「近距離戦用のブレード」等が確認されている。
結晶体は相手に直接埋め込む事も可能で、埋め込まれた相手が結晶体の作る磁場に入ると身動きが取れなくなり、さらには発信機の役割も果たす。

補助・援護能力に特に優れているが、のエスクードを破壊し、レギンデッツを瞬殺するなど攻撃性も十分であり、状況を選ばない万能型のトリガーと言える。
もっとも、それだけに扱いが難しく、実際このトリガーをコピーした改造体ラービットは機能を持て余している。
それを自在に操る事が可能な点も彼の実力の高さと言えるだろう。

パラメーター(角トリガー装備時)

トリオン攻撃防御・援護機動技術射程指揮特殊戦術トータル
181224139461096


ボーダーのトリガー

玉狛ヒュース
ヒュース・いろいろ


当然ながら「蝶の楯」はレギュレーション外で使えないため、遊真と同様にボーダー所属後はこちらを使用。
C級時は弧月を使用。剣術はヴィザから習ったもので、オプショントリガー無しの条件付きとは言え攻撃手6位の生駒と渡り合うだけの腕を持つ。

B級昇格に伴いバイパーとエスクードを追加したが、エスクードは三雲隊に足りない要素を補うためらしい。実際ROUND7にてエスクードを利用した戦術を多々披露し、得点に大きく貢献している。エスクードに関しては本人が迅からは教わりたく無いと言う理由から、同じ玉狛支部の烏丸から教わっている。

バイパーは制御の難易度が高いためすぐには扱いきれていなかったが、この時点でも遊真相手に8-12と接戦になる程の実力を示した。バイパーの操作に慣れて以降は元々「蝶の盾」も繊細な制御を必要とするトリガーであった事もあり、烏丸から「那須さん程では無いが毎回キッチリと弾道を操作出来る」と言われるなどボーダーで3人目の「リアルタイムでバイパーの弾道を引ける隊員」となっている。

ROUND7では隠し球として使用した時には一度の射撃で生駒にしっかりと命中させて彼を倒し、更に自身を狙って来た南沢を弾道を操作して自身の方法へ戻ってくる様設定をし一度の射撃で2人まとめて倒そうとした。

トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
弧月バイパー
旋空エスクード
シールドシールド
FREE TRIGGERバッグワーム

※ROUND7ではメテオラも装備。

フロムカナダ【玉狛ヒュース】
迅に挟まれたのを根に持っている角つきカナダ人。自分がやられて嫌なことを他人にやっていく勝負師の鑑。軟禁時は小南や陽太郎・烏丸とボンバーマンで遊んでいたが、角なしトリオン体を作ってもらって以降は行動範囲が広くなり、陽太郎と一緒に外で買い食いしたりしている。おまえ本当に捕虜か?今興味があるのは、うな重とお好み焼き。

(JC20巻 カバー裏より)

関連イラスト

軍服ヒュース
ワートリ ヒュース


たい焼き
【C93新刊】タマコマガールズとホリョ1号【新刊サンプル】


真面目なものも、ネタ的なものも、色々アフトクラトル
ヒュ・玉狛・他


関連タグ

ワールドトリガー 近界民
アフトクラトル 
ハイレイン ミラ ランバネイン エネドラ ヴィザ
玉狛支部
三雲隊 三雲修 空閑遊真 雨取千佳 宇佐美栞
迅悠一 林藤陽太郎 ミカエル・クローニン
木崎レイジ 小南桐絵 烏丸京介

磁力

関連記事

親記事

アフトクラトル あふとくらとる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒュース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10432308

コメント