ピクシブ百科事典

水上敏志

みずかみさとし

水上敏志とは、「ワールドトリガー」の登場人物。ボーダー本部所属B級4位生駒隊隊員。
目次[非表示]

「ダメダメダメですよ 隠岐が雨取ちゃん押さえるまではこのまま行きます」
「やっとこさ 詰み やな」

プロフィール

ポジションシューター
年齢18歳
身長178㎝
誕生日12月5日
星座くじら座
血液型B型
職業高校生
好きなもの落語、将棋、うどん、春巻き
家族父、母、兄
CV竹田海渡

概要

ボーダー本部所属B級4位生駒隊の隊員。ポジションはシューター。
ボリュームのあるモサモサ頭に三白眼が特徴。戦闘中はゴーグルを首にかけている。
県外からスカウトされてボーダーに入った隊員で、出身は大阪府。他の隊員同様関西弁を喋る。

人物像・活躍

隊長の生駒が策を弄するタイプではないため、彼に代わってチームのまとめ役や司令塔の役目を担っており、また生駒のボケに対するツッコミ役でもある。
リアクションがややオーバーで、本人にボケているつもりはないのだろうがどこかコミカルな動きが多い。

中学の途中までは真剣にプロ棋士を目指していたため、将棋の腕前はボーダー最強。
趣味の落語で古典を20~30編は暗記しているなど記憶力も抜群で、学校の成績も優秀。

B級ランク戦ラウンド6にて玉狛第2(三雲隊)・王子隊と対戦。
序盤から生駒と合流して彼の援護に回り、王子隊や遊真と交戦。
終盤で遊真にグラスホッパーで飛ばした瓦礫をぶつけられてのけぞったところへ千佳の鉛弾を腹部に食らってしまい、直後に王子の奇襲を受けて撃破された。

最終戦となるラウンド8では二宮隊・三雲隊・弓場隊と対戦。
転送位置が良かったこともあって序盤で生駒たちと合流し、犬飼と共にヒュースが常に包囲されるよう立ち回りながら生駒と南沢を援護する。生駒はヒュースのバイパーで撃破されてしまうが、その直後に南沢をフォローしてヒュース撃破に繋げ、自身は犬飼と弓場の挟み撃ちにあって撃破された(ポイントは弓場が獲得した)。

遠征選抜試験編では11人の臨時隊長に指名される。オペレーターにはが指定され、隊員には第1プールでは4番手で荒船、第2プールでは5番手で樫尾、第3プールでは7番手で照屋を指名し、水上9番隊として選抜試験に臨む。
閉鎖環境試験では、生駒隊のノリで隠れていたシビアでドライな一面が顔を出し、開始早々から2次試験の長時間戦闘訓練を棄てているかのような発言で照屋との間に不穏な空気が流れ、彼女たちが施設内を調べている間にも隊長用のPCに入力されている情報の一部を意図的に削除し、他の隊員に渡す情報を制限している。これには「敢えて与える情報を制限することで他の隊員を動かしやすくなる」というメリットがあるのだが、A級隊員が見ている中で堂々と情報の操作をしたため、審査していた冬島隊を驚かせている。

戦闘能力

上述した通り生駒隊の実質的な司令塔。
シューターとしては味方との連携を重視するタイプであり、特に生駒とは漫才じみた掛け合いを交えつつ息の合った連携を見せる。
その指揮能力は実力者たちからも一目置かれるほどで、ヒュースからは「部隊で相手をした時の『厄介さ』」が、二宮からは「盤面を整えるうまさ」が高く評価されており、遠征選抜試験の事前アンケートでは、一緒に行きたい自隊以外の隊員に2人からそれぞれの理由で選ばれている。

弾を発射する際に声に出した弾と別の種類の弾を撃つという騙し討ち的な戦法を得意としている。劇中では「アステロイド!」と声に出しておきながら、実際にはハウンドやメテオラを発射して相手の意表を突いていた。これは地味に高等技術とのことで彼以外に使える人間は少ないが、ボーダー外の相手には意味がないのは悲しいところ。また、嘘を見抜くサイドエフェクトを持っている遊真に対してもやや効果が薄い。

トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
アステロイドアステロイド
メテオラハウンド
シールドシールド
FREE TRIGGERバッグワーム


関連タグ

ワールドトリガー
生駒隊 生駒達人 隠岐孝二 南沢海 細井真織
18歳組
水上9番隊 今結花 荒船哲次 樫尾由多嘉 照屋文香

関連記事

親記事

生駒隊 いこまたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「水上敏志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1670667

コメント